Personnage

Personnage

Scop Gal

Ridill (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 4

脳筋冒険者の雑記

Public
格闘カンストしたのも束の間、

ふと忍者がやりたくなったので双剣握りしめてひたすらFATEやってたここ最近。

フレに頼りまくってなんとかカンストさせることができた。超感謝。
フレにはいつも頭が上がらない。

最近自分の中で近接ブームが来ているらしい。

近接って範囲避けなきゃいけないし、避けたら戻るからなにかとロスが発生しがちだけれど
やっぱり楽しい。

もちろん遠隔が嫌いな訳じゃない。
遠隔DPSはパーティ支援能力が高いジョブが多いから動かすの楽しいし。

とまぁその話は置いておいて、忍者動かしてみての感想をつらつらと。

序盤は方向指定無いから脳死できたけど印三つになってからとても忙しくなった。
焦りすぎてウサギだすこともしばしば。
まだまだ下忍だなとつくづく思った。

WS意識しないで印に集中した方がいいなこりゃ。

活殺も使うタイミングがよくわかってないし。

水遁→だま→活殺→雷遁でいいのかな。
一応プランがあるのに指か動かない。
あろうことか活殺風遁繰り返す。これはひどい。

木人殴って練習しなければ。

でも忍術なに出すか考えたり、耐性やdot管理するのはとても楽しいジョブだと感じた。
味方のTP見れるようになったらもっと楽しいジョブになるのだろうか。

ということで現在実装されている戦闘職全てカンストさせることができた。

全ジョブやって思ったことは、達成感もそうだけれど、パーティプレイでの他者への理解力が少し増えたことだと勝手に思いこんでる。

例えばタンクやってるときは近接が方向取れるように位置を取ったり、詩人なら歌の判断…などなど。

昔は味方がなにやってるか全くわからなかったけれど、今は少し味方の様子をみる余裕があるし、みんなのやりたいことが何となく見えてくる…気がする。

タダの気のせいだろうけれど、なんとなく見当が付くだけ、戦闘を楽しむ余裕ができたのかなと。

なんにせよ視野が広がるのはいいことだと思う。

お次はギャザクラだけれど、調理師カンストさせて力尽きている自分にできるのだろうか。
一日ずつゆっくり地道にやろうと思う。


とりあえず今日はここまで。ログインしたら忍者で木人殴ろう。

Commentaires (4)

----

----

Ce personnage a été effacé.

みんなで死闘を繰り広げているそんなときこそ《うさぎちゃん》である!
他職の理解ができたいまこそ《うさg・・・》もういい?

ギャザクラをすべてギルドリーブ、納品でカンストさせたあたしがいまいえることは、
リーブ権を500に増やしてくれよ吉田?ということ

Scop Gal

Ridill (Gaia)

Cocoさん

コメントありです

ウサギは悲しくなるので減らしていきたいですね。

私も忍者でリーヴ全部吹き飛んだのでほぼ同じ意見です。

Nero Cladius

Pandaemonium (Mana)

タンクをしていて思ったこと

忍者さんが、目の前でウサギを出した時
もう…笑いが止まりませんねwwww

近接は楽しい!忍者頑張ってね!(*´∀`)

Scop Gal

Ridill (Gaia)

Neroさん

コメントありです。

ウサギ出すくらいなら手裏剣マンになろうかなと考えてますww

忍者面白いのでモノにしたいですね。
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles