Personnage

Personnage

Libre Vent

Entraîneur de la Septième Aube

Hades [Mana]

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

二律背反

Public
新式装備を作ったので久し振りに黒やったらスキル回しグッダグダでした。
激成魔とか三連魔とか諸々のアビリティの配置を忘れてるわAF・UBを切らすわ。
やっぱり普段から触ってないとダメですね~。黒は特に。
なのでヘイトが二位とかの黒さんみると尊敬に近い感覚になります。
(ヘイト=火力じゃないって聞いたことあるけどPS4なんでヘイト以外の指標もないし…)

残す新式はタンクと忍者。
なんか、アラルレ行って~トークン貯めて~貯まったら素材にして~伝説素材掘って~れっつらクラフト!
からの実践投入の流れが好きだったりします。
そんなのんびりやってるから黒のスキル回しがグッダグダになった一因でもありますが。

マテリジャは…カンストコンテンツ行くとしたら、最近はもうアライアンスレイドとノーマルレイドくらいになってるし、確定穴だけハメればいいか…みたいな。



あと6.2で実装された戦闘コンテンツ行った時に、詩人で行った時が一番周りを見れてたので、俺のメインジョブはやっぱり詩人かなぁ…なんて思ったり。
コンテンツに慣れたら他のDPSでも突入!

って考えるとDPSは一通り面白いけど、やっぱり詩人以外だとホットバーやジョブゲージ等を見る頻度が高いんだろうな~と自覚します。





話は変わってミラプリ。
サブキャラのエレメスで遊ぶ度に「んー🤔なんかちがう?」みたいな感覚になってしまうことが多々…。前回コーディネートした時は満足したはずなのに…。

なのでサブキャラでインした時はストーリーやレベル上げをほったらかして、ほぼミラプリに悩むようになってますw
いやサブキャラもとっとと6.0ストーリークエストくらいはクリアしておきたいんですが、気付くと時間が溶けてると言うね。



んでミラプリで一番悩むのが染色。
昔何かで反対色とのツートンカラーから始めた方が良いって記事を見た記憶があるんですが…
どれとどれが反対色なのよ!わからないわよ!これ?これがかわいいの?エレメスは可愛いよりもカッコいいとか綺麗系なのよ!
あとミニスカ装備多すぎよ!ちょっとは赤のLv80スキルモーション考慮しなさいよ!吉田ァ!

てか「こいついつも吉田に文句言ってんな」と思ったアナタ、正解よ。
だって以前PLL見てたら吉田P/Dが「僕が文句言われるのは良いんです。メンタル強いんで。ただスタッフ全員そうとは限らないので…」みたいなこと言ってたじゃないの。

だからアタシはFF14の「ここがいいね!」ってノリの時は「運営、開発の皆さんGJ!」と書いて、FF14の「ここが不満よ、なんでこうしたのかしら?」って時は「吉田ァ!」って書くようにしてるわ。






ん?あれ?いつからオネェ口調になっただ?
やだ恥ずかしい!
やばいわ抜けきらないわよ。
ま、そんな事があるのもたまには良いかしらね。

ほら朝令暮改ってやつよ。(きっとちがう




え?タイトルの二律背反って何かって?
対立する2つの説が同時に成り立つことよ。
言うなればパラドックスね。

この日記でも男の俺とオネェになったアタシが成立してるじゃない?
そういうことよ(きっとちがう
Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles