Personnage

Personnage

A'arc Okuy

Dragon écarlate

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

【ちょい読み!】私的世界観活用法【世界観の広げ方】

Public
ここまでこの記事を読んでくださっている貴方、変わり者と呼ばれたことはありませんか?
私はあります、同類かもしれませんね。


初めてこの記事に触れる貴方。
ようこそ、私の持つTRPGとFF14の世界は貴方を歓迎します。

こんな挨拶をする私が何者か気になった人も多いかもしれません。
何せ開口一言目が変わり者と同類というワードですからね。
ですがご安心ください、特に大きな特徴もないTRPGプレイヤーでありロールプレイヤーの一人です。

まあ、変態と呼ばれることは多々ありますがね。

さて、今回貴方がこの記事を読み終わる頃には世界観を広げるコツについて何かを得ていれば成功です。

では、早速ですが世界観って何?と気になった方も多いでしょうし話しを始めましょう。

世界観って?

世界観とは、その世界(物語)に存在する常識と言えば分かりやすいでしょう。
私達の生活する世界、例えば日本で言えは料理がうまい、日本刀が芸術品として注目されている、変態国家のイメージが強い。

この様に、私にもパッと出てくるだけでも強くイメージできる世界観が三つほどあります。
変態国家のイメージが強いかどうかはきっと別の誰かが調べてくれるのでここでは大きく触れませんが、日本と言えばこれだよねと言えるものがその人の世界観、つまり常識となります。

FF14で言えば公式設定と言われるものがいわゆる常識、世界観になるのです。

数ある世界観

しかしながら一つここで気をつけて置かなければならないことがあります。
リアルでもそうですが、自分の常識が常にどこでも通用するわけでもなく、触れる知識の解釈や生きている場所によってそれぞれの持つ世界観は多種多様な変化を見せます。

例を上げるのは少々難しいですが、例えばプレイヤーAとプレイヤーBがいたとしましょう。
プレイヤーAは世界観AをBとして解釈しました。
しかしプレイヤーBは世界観AをCとして解釈していたとします。
こうなるとそれぞれの世界観の違いから摩擦が生まれることはよくあることです。

大抵の場合そうなるとお互いの主義主張がぶつかりあって喧嘩になることもしばしばあります。
ですが、正直なところこういった事柄は出来得る限り避けたいと皆さんも思いますよね?
ここで役に立つのが世界観を広げるという行為です。

世界観を広げるコツ

一言で世界観を広げると言っても、ただ闇雲にこういう主張があるから受け入れようという話ではありません。
これは一種の発想の転換を利用した思考の柔軟性を高めるという方法です。

ここで少しTRPGの話しをしましょう。
TRPGは根幹となる設定はあるものの割と世界観に柔軟性、つまりプレイヤーの考えたオリジナルの知識を組み込めるようにあえてぼかしてある設定というものがあります。


このぼかしてある設定というのはだいぶ曖昧なもので、考え方によっては人の数だけ解釈があると言っても過言ではありません。

例えば先程もお話しましたが世界観Aという設定があるとします。
世界観Aの設定にぼかしが入っており、ここにプレイヤーは他の世界観A2との接点を見つけたとしましょう。
すると、世界観Aと他の世界観A2をぼかしを介して繋げることが出来ます。


これを私は世界観を広げる、設定を繋げると呼んでいます。
TRPGの世界ではよく行われる行為なのですが、公式設定のあるFF14ではじゃあどうするの?と思う方も多いでしょう。

ご安心ください、FF14の世界はわりとロールプレイヤーに優しい世界設定をしています。
公式があえてぼかしてくれてある知識が多く、主軸の物語はあれどそこにオリジナルの設定を取り入れられる要素はかなり多いのです。


あまり多くを語るとネタバレになりかねないので、私が把握している範囲でキーワードだけ上げるとするならば、パラレルワールド、多次元宇宙、星々の可能性。
などが使いやすいロールプレイ要素となるでしょう。



ここまで世界観を語ってきましたがいかがでしたでしょうか?
貴方の求めるロールプレイをこの世界、FF14で形にすることのできる知識とは巡り会えましたか?

もしそうであるならばおめでとうございます、貴方はFF14に生まれ落ちる新たなロールプレイヤーです。
そうでない貴方も可能性を手に入れました、どう扱うかはあなた次第です。


ここで一つ助言となりますが、知識とは道具です。
扱い方によって人それぞれの形を創り出します。
現実でもそうであるように、道具はそこにあるだけではただの道具でしかありません。
貴方が使おうと思った時、初めてそれは意味を得るのです。


では、貴方のロールプレイライフがより良いものであることを祈ります。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles