Personnage

Personnage

Ray Walker

Tiamat [Gaia]

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

シルクス・ツイニング感想

Public
今すっごく無性にやりたいこと「釣り」

すげーいい景色だし、なんなら闇を取り戻した第一世界でゆっくり夜釣りがしてーーー。
でも本編終わらないままそんなことやってたら絶対終わらねぇーーーー。
クラフターの手帳うめもしたいんだが。手帳とか用意されたら狂ったようにうめたくなるんだよな。
なんなんだろうなあれ。



散々毎日駆け回ってるシルクスの塔だから見慣れた景色なんだが。資材があったりすんの新鮮だった。クリタワイコールサンドバッグを殴りに行く場所だったけど、水晶公たちにとっては重要な拠点だったんだなあ。
クリアした後も、テキスト漁ったり、感慨深くてうろうろ彷徨いてて楽しいID。
ボス戦でヒョイってよけたら壁のガラスが割れて、雑魚が出てきた時嘘だろって泣いたけど。


漆黒本編クリアしてから、暫くこの感動を噛み締めたいって理由で、本編そっちのけでフラフラと過去のコンテンツを漁り回っているんですが。
このIDの前にアレキサンダーを攻略してたときに、改めてビッグスを眺めていて、ラハの過去回想にでてくるやつと似てるなあーって思ってたんですよ。

まぁ種族一緒だったらそうなるか。って思ってたら、まさかの名前が判明。

子孫ならそりゃ似てるわ。
シドたちは生き延びたんだなあ。
孫みたいな目で見ちゃうじゃんこれ。
水晶公もこんな心境だったのかね。

しかも久々にテキストがあるやつだーってワクワクしながらよんだら、今までのヒカセンが倒したクリタワの敵や、蛮神や、オメガの記録全てを参考に、ついには時空を駆ける神を生み出したって書かれてたから天を仰いだ。

いや、単純にクリタワの機能だけじゃカバーしきれない離業だし、どうやったんだろうとはきにはなってたんだが。
アレかぁーーっていう。心あたりがありすぎる。
そしてアレキサンダーとオメガやってたほうがいいっていわれたの納得だわ。
シドえもんたち、今回漆黒ではあんまり関わらなかったなって思ってたら根幹部分でサポートしてくれてたんだな。人が思い描く夢は、必ず叶えられると言い切る人たちなだけはある。

しかしなんというか。正直過去改変ってかなりアウトよりだよなあと思っていて。
まずアシエンがやらかすことが反則的だから、こっちだって最強の決戦兵器復活させてやらぁ!!!!ってなったんだろうが。
水晶公の真相をきいたときに、手段を選ばない方法を選択させてしまったのかとかなり複雑な気持ちになったんですよね。
だからこそシドたちは技術を開発してはみたものの、使用するかどうかは子孫たちに委ねたとも思うんですが。
使い方を誤れば大変なものについては、シドはボズヤのトラウマもあるからあんまり乗り気ではないイメージがあったんで、時空転移の仕組みを構築したの意外だったんだよなあ。
ただ、倫理観がぶっ飛んだ代物を、作らずにはいられないくらい、彼らを突き動かすものがあったのだろうなと。材料がたまたま揃っていたってのもあったんだろうけど。
でもこれって偶然なのか?穿ち過ぎかもだけど。
時空神すら演算できないといわれていた未来に、こんな都合よくパーツが揃うものなんだろうか。   

ただまあ「お前が歩いてきて得たものに、何ひとつ無駄なものはないんだ」と漆黒のシナリオは丹念に語ってくれますが。
得たものをこぼれ落ちないように、懸命に拾い上げてくれた人たちがいるからこそ、ヒカセンはその価値を知ることができるんだよなあ。

いやー気が遠くなりそうな位ロングスパンのエールに、ただただ圧倒されて目眩がした。

ラスボスでアレキサンダーの曲が流れてきて、なんで???ってなったんだけども。
なんなら攻撃パターンの雰囲気も時空神に似てるし。

これだけたくさん戦闘あるんだし、まぁテーマソングの流用とかたまたまあったりするんかなって思って突っ込んでたから、演出のうまさにクリア後のたうちまわっちゃったよ。

音楽とかあんまり興味ない人間ですら気づくのって、曲の良さは勿論、それだけイベントの曲の使い方を心得てるからだと思うんですわ。
BGMのイントロクイズやってもほぼ当てる自信がない!!って断言できるくらいには疎いんだけど、このゲームの曲は結構印象に残ってるの多いんだよなぁ。

あとオメガで出てきた記録装置が出てくるのもおおおおおってなった。
アレキサンダーの状況説明のログが、メインシナリオに絡んできた時鳥肌が立ったんだけども。
システムとしての仕組みが話に活用されたり、こうやって小道具が大事に生かされてると、実際にゲームをプレイすることで触れて体験することの楽しさを教えてもらっているなぁとあらためて実感するなぁ。

何気なく散りばめられた要素が、振り返ったらかけがえのない思い出としてきらめくからこのゲームずるいんだよ。

ラストの晴れやかな祝福メッセージにずびずび泣いちまったんだけど、これメインクエで語らなくて良いのか???って思ってしまった。
水晶公といつか彼らのことを語る日がくるかねぇ。くるといい。
ゆっくり酒でも飲んで語らいたい。








Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles