Personnage

Personnage

Marca Egret

Alexander (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

【冒険日記】オーケストリオン譜「エオルゼアの守護者」について&デイリーとナイト45と侍65

Public
昨日まで「オーケストリオン譜の『エオルゼアの守護者』がないなー?」とか騒いでいた者です。
コメントにてテキストコマンド「/iSearch ○○」を教えていただいて、アイテムの所持状況を確認できるよ、というので試してみたが一切引っかからず。
そこで、よくよく思い返してみたのですが、確かコレ「アチーブメント報酬」だったなあと。……アチーブメント画面、しばらく開いてなくない?

……と、アチーブメント交換から無事入手しました。お騒がせをいたしました。
とはいうものの、オーケストリオンで試聴してみるとおうちかえって聞くアレかなあみたいな気になってしまい、結局のところうちのプレイリストはアジムステップ昼「地平線に沈め」のままなのでした。


以下、デイリーやらその他もろもろ。

【トレハン】 G5 これといったものなし


【蛮族クエ】 コウジン族×2、バヌバヌ(誓約) モーグリ(誓約)
バヌバヌ族とモーグリ族はそれぞれのマメットとマウントをもらっておしまい。23万×2で50万ギル近くかかったのはなかなかに厳しかった。
コウジン族のイベ、ケスティル族の少年かわいかったな……。それはそれとして、イベントNPCの「さわやかなドタール族」「気さくなブドゥガ族」にちょっと目をむいちゃったわよ。いや個人的にそういうキャラもいるだろうけども、ほんとにか? ってなっちゃった。豪快なオロニル族はまあせやろなって感じで。


【各種ルレ】
レベルレ:サスタシャN 白50→51
5.6.7  :サスタシャH 詩人50→51
討滅戦 :ツクヨミN 赤魔74 めちゃくちゃ死んだ
アラルレ:シルクスB 赤魔74
ノマルレ:律動編1 赤魔74


【その他】
ナイト45クエ
侍65クエ
フェイス:ホルミンスター サンクレッド・リーンLv75、学/召74

ナイトクエ、2段構えかー1段目もわりと殺意高くない? と思ってたらそういうことか。
ジェンリンス君は後でゆっくりヒカセンとお話しようね? お茶でも淹れるよ?
それはそれとして絶対領域ちらちらしてるの何なの???

侍クエは、あー、これは前回(Lv63)の「素性が知れないのは私もそうだろうに」のあれかなーと思ってたらまさにそれでファ!? ってなった。いやお前、それ……そ……マ? 戦闘自体はそこまで苦にならない感じ。しかし何というか、話のつなぎなんだろうなって思うとこの先が思いやられるぜ。






それはそれとして、久しぶりに忘れられたオアシスに寄ったから二人のティアの写真でも。


ウ・クバ・ティアとウ・チャカ・ティア。ここの二人は割と好きです。あとメ・ゼトもね。
うちのヒカセンがサンシーカー女子なので、そのうちティアに対する若い女子の一般的な対応とか聞いてみたいところだけどあいつ最近までの記憶がない(=生活史がそっくり抜けてて知識だけ)なので、いまいちかも。


あと、モーグリの蛮族クエを終えたらこんな朝焼けが。

タイミングのせいだろうけど、クエストとか進めるのはET夜中が多くて、暗くて周りの表情とかよく見えなかったりするのよね。明るいタイミングを心掛けたいなあ。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles