Personnage

Personnage

Pione Muscat

Ixion (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

出会ってしまった

Public
漆黒に入ってからも竜騎士でメインクエを進めている。

現在Lv77。特にレベル上げはせずにほぼメインクエのみをやって来たが、それでもメインストーリーを進めるのに経験値は足りるようだ。

だから、クエストを進めているとわらわらと湧いて来るサブクエは、ガンブレ・学者・召喚のどれか気が向いたものでやっている。

サブクエのレベルアジャストシステムっていうのもいいね。

これのお蔭で、メインストーリーのレベルは上がっても、サブクエの経験値を他のレベルが低いジョブに割り振れる。
とは言え、漆黒クエはレベル70以上に限定されているので、
漆黒に入ってすぐにガンブレと学・召も70にしてジョブクエまで済ませておいた。

サブジョブの70までのレベル上げについては、サブクエと蛮族クエ、デイリ-モブの他には、学・召は主にアラルレ、ガンブレはレベルレ。




ガンブレがレベル69になったとき、さっさと70にしてしまいたかったのでレベルレに行くことにした。

レベルは69だけど、サブジョブなので装備はあちこちちぐはぐ。
武器だけはしっかり更新していたものの、他は最良とは言えない状態だったので、お願いだからカストルムアバニアだけは当たらないで・・・と思っていたら、ドマ城に当たった。

アバニアの1つ前のレベル67で行けるようになるIDだ。

アバニアじゃなくて良かった・・と思ったが、
それでも敵の攻撃が結構痛い!!

ああ~ん!ヒラさんごめんなさい~~
確かこのヒラさんドマ城未クリみたいだったよね??

心の中で謝りながら1グループずつ戦っていく。



ところが・・・


ここで出会ってしまったのよ、よく聞く「先釣りDPS」に!


詩人さんがひとり先に行って追加を連れて来るのよ!


これね~~


タンクからすれば、連れて来られた雑魚をキャッチするのは何も難しい事では無いけれど、
さっきからごりごりHP削られてるタンクのもとに更に追加持ってくるとか、

大変なのはヒーラーじゃない??



私自身はおかげで日頃あまり使わない無敵スキルを使わせてもらう練習にはなったけど、
何か疲れたな~~と思ってしまった。



でもやっぱり、野良行くためには「まとめ」も練習するべき?


私はどうもこの「まとめ」が苦手。

まとめられるのは全然構わない。
範囲撃つのも楽しいもの。

でも、自分がまとめるのは本当に下手くそ。
だから私みたいな人が下手にまとめようとすると、1グループずつやった方が効率いいんじゃない?ってなるんだよねぇ。


野良タンクやることに敷居が高いと感じる理由の1つは、そんなことに頭を煩わせられる場面が多いから。
まあ、野良行かないって決めていればそんなことも考えなくていいんだろうけど、CFで野良やるのもそこそこ刺激があって決して嫌いな訳ではない。




ここは、まとめが下手な私の為に釣って来てくれてありがとう・・そう受け取るのが精神衛生上一番良さそうね。


昔々11やっていた頃は、詩人や赤魔で敵を釣ってタンクの所に持って行くのはごく普通の戦闘スタイルだったから、
そういうもんだと思うことにしようそうしよう。




結局まとめ練習する気はさらさら無いのでした(笑)





Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles