Personnage

Personnage

Moco's Kitten

Meilleure amie d'Ehll Tou

Fenrir (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

playtime137日目 ヴァリス帝と会談。やっぱりこうなるよね

Public
137日目。

そろそろムービーが長すぎて疲れてきた。


ガレマール帝国という組織に対しておそらく初めて深く切り込むストーリー。
帝国を知り、ゆえに分かり合えないと知る。
ファッションはてーこくへー風

◆ついにあの人が登場
Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
軍議でのサンクレッド昏倒、続いてウリエンジェ・ヤシュトラ昏倒と続き、
あまりに傷心のアリゼーは、黒渦団のガ・ブと面会した。

相変わらず一言もしゃべるそぶりを見せないガ・ブ。
テンパード化とずっと戦っているらしい。
そんなガ・ブの様子を見て、無理やり自分を奮い立たせるアリゼー。

行こう、みんなを取り戻すために… !

一方帝国ではついにあの人が登場する。


いつもながらAmazon EC2帝国。
ヴァリス帝に声をかけるのは、「ゼノスの顔を持つ男」。
皇帝陛下がゴーサインを出せば、アラミゴなどいつでも制圧できるという話。
実際に帝国軍は西方へ進軍しているという情報もある。アラミゴに攻め込まれる日も近いだろう。

わざわざ手間を掛けてまで「調停者」たる私が、
道化を演じているのだぞ?


ということで。
ゼノスさんの中の人は白き衣のアシエン・エリディプスのようです。

ヴァリス帝にだんまりを決め込まれ、機嫌悪そうに去っていくアシエン・エリディプス。
それを見届けひょっこり現れる、この人。


うおーキタ――(゚∀゚)――!!
エメトセルクさんじゃないですかー!


どうやら帝国はヴァリス帝が最高権力者と言えども、アシエンが裏で糸を引いているらしい。
蛇足ですがガレマール帝国の階級はアルファベット降順で高いです。
ゾス(z)>イェー(y)>・・・>ヴァン(v)>サス(s)>レム(r)・・・みたいな。


光と闇の均衡をとるにあたって、邪魔な因子は潰す。
どうやらそのための国がガレマール帝国だったらしい。


国父ソルは、アシエンだった!
偉大なるガレマール帝国は、そいつによって、
世に戦乱の種をまくため造られた国だったのだ!

「人の世を引っ掻き回(して最終的に霊災を起こ)すための国」らしい。
さすがはアシエン。

この仕事を、そこそこ長い間やってきたが……
ガレマール帝国は、それなりに上出来な部類だといえる。
アラグ帝国ほどではないにしても、な。

アラグさんはすごいことやらかしましたからね。なんとそちらももれなく「ワシが育てた」とのこと。


ワシが育てたで思い出したんですが、
ハラタリhardの2ボス前の訓練士さんが唐突にこんなこと喋るんですよね。

すいません・・・討伐しました・・・


◆賢人たちの調査
Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
「影の狩人」ガイウスに同行したアルフィノは、途中で全滅した反乱軍の拠点を発見。
戦闘の形跡はなく、ただただ全員が死んでいた。

かつてギラバニアで猛威を振るった毒ガス兵器、「黒薔薇」が使われたようだ。

毒ガスで全滅させるという非人道的な作戦に憤るガイウス。
ガイウス名義で破棄させたはずが、再度使われてしまった・・・。



一方、石の家の賢人たちは、昏倒した理由を探そうと必死になっていた。

クルル!
エウレカの調査はもういいの…?

そこのミコッテは早々に諦めたのよ
_(:3 」∠)_


唐突に挟まれる「シャーレアン魔法大学でのアルフィノの自己紹介」。

私には夢がある、それはこの世界を救済することだ!
平時なら「何言ってんだこいつ(AA略)」ですが、
今実際に「世界」を救済しようとしている彼にはぜひ、信念を貫いてほしいものです。

魂の状態を確認するクルルさん。
えっそこに部屋あったの

彼らの魂はどこか遠くに抜け落ちてしまったようになっているらしい。
ヤ・シュトラ、サンクレッド同様、「魂の行方」をたどればなんとかなるかもしれない。


というわけでマトーヤさんのお宅にお邪魔します。
久々に聞くとよいBGM・・・('ω')

「まるで葬式みたいな顔」と言いながらもなんだかんだとても気遣ってくれるマトーヤ。

例のクリスタルを使って、魂の行方を捜しますが・・・



……ダメ、わからない。
いったいどういうこと、何が起きているというの……。
感じ取れないんじゃないの……。
意思の痕跡が、プツリと消えてしまっていることが、
はっきりと認識できるのよ。


意思の痕跡が消えている。
焦るアリゼーに、「肉体が衰弱していないのであれば、どこかで魂も存在している」と声をかけるマトーヤ。
おばあちゃんやさしい。

そうこうしているうちに、アラミゴにマキシマさんたちが亡命してきたと知らせが入ります。

えっ(;゚Д゚) 大陸横断したのか

新たな知らせに、笑顔で送り出してくれるマトーヤ。

やることが決まったのなら、さっさと行きな。
若いうちは立ち止まっているヒマなんてないんだ。



その時、魔法仕掛けのホウキが・・・

・・・・着々と現れるエオルゼアの異変。

しかしまずは、マキシマさんとの合流を急ぎます。



◆古代の民の迷宮のアレ

MHWにミラボレアス戦が導入されたことで
図らずもオマージュみたいになってしまった青龍壁。

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher

亡命してきたマキシマさんたち。
帝国は新兵器を携えて西方に進軍しているらしい。


一抹の不安を抱きつつ、東方からの援軍を要請するため、一行はザ・バーンへ。

「青龍壁」と名付けられた防御フィールドを起動します。


展開完了すると消えるのすごい。かがくのちからってすげー


さて、そんな中帝国の飛空艇が飛んできました。


\イレテー/
ここすごくミラボレアス戦

古代の民のエンシェントフレア用バリアがちゃんと内側から出られる仕様になっててよかったね。

こうかは ばつぐんだ!
侵入を諦めた飛空艇から誰か降りてくる。

・・・ええ、分かってました、すみません(´・ω・`)

ガイウスに抱きかかえられたアルフィノは、他の賢人と同様漆黒入り昏倒していた。

帝国と一触即発の戦況の中、実質「暁」の外交担当もいなくなってしまった。
あとなんかこのカットのアルフィノかわいい。


原因もわからず、手の施しようがないのでな。
ドマへ送り返さんとしたところで、その国主と出会おうとは……。




ガイウスは祖国であるガレマール帝国からも離れ、「アシエンを狩る者」として旅を続けていた。

かつて新生編でアシエン・ラハブレアの甘言にのせられ、アルテマウェポンを起動したガイウス。
アシエンの放った究極魔法アルテマにより、魔導城は破壊しつくされ炎上、崩れ落ちた。

実はその後生きていた。魔導城と心中するつもりだったのだが・・・・

だが、我に忠義を尽くし、死んでいった者たちになんと詫びよう。
命惜しくなくとも、そのことが我を突き動かした。
この手で、アシエンどもを狩りつくしてやろう、とな……。


ガイウスサマめっちゃいい人じゃないですか(´;ω;`)


我が仇敵、ラハブレアは、うぬが斃し滅せられたそうだな。

うーん、正確に言うと滅したのはエスティニアンのような気もする。
というかどこまでラハブレアが存在してるのかわかんないけど、最初から最後までいたとしたら相当フルボッコにされてますよ。


教皇猊下が竜の眼で蛮神化した、「騎神トールダン」が
征竜将ハルドラスに埋め込まれた竜の眼から作った剣でラハブレアを倒して吸い込んで

トールダンごとMoco氏がぶっ倒した
眼がはりついちゃったエスティニアンが変化したニーズヘッグをもう一回倒して引きはがし
雲海に投げ捨てられ冷凍された眼を
ヤミセンがレイドで拾ってきて
アラミゴでイルベルドがそれを核に神龍を召喚
オリジナルゼノスが合体して操って
Moco氏(の旦那)にフルボッコにされてカスッカスになった
エスティニアンに眼を砕かれて完全消滅しました。

ものすごい因果ですね。

ガイウスからは、オリジナルのアシエンが3体いることを教えてもらいました。

2人とも帝国にずぶっずぶなやつじゃないですか。



世に混沌をもたらす存在を排除するという、共通の目的のためにしばし休戦ということになりました。
個人的にはすごくガイウスさんを応援したい。
魔導城プラエトリウムのカットシーンを見ても、完全にただの悪い人ではなくて、
暁とは別の正義のために動いている人って感じだった。



◆帝国の真実とヴァリス帝の狙い

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
ガイウスさんやマキシマさんのおかげで、対アラミゴ用の新兵器が「毒ガス」であることが判明。
であれば対策はできるというもの。

マスク増産するのかな


エオルゼア同盟軍+東方連合は、ヴァリス帝と会談の場を持つことができた。
双方ともに、可能であれば血を流さず解決したいというもの。


このカット。狙っているんだろうけどアイメリクさん映してあげてww

序盤は双方がただ主張し、互いを否定しあうだけだった。
「千年の禍根を断ち切って融和の道を歩み始めた」というイシュガルドの話も、
「竜の頭目」、つまり反勢力の頭を殺しただけではないか、と突っぱねられてしまう。


ヴァリス帝は「一つの思想・国家のもとに統一した組織であるのが最善だ」と説く。
ドマやアラミゴの民からすれば、統治下にはいったからといって思想まで統一されるはずがないのだ。

一度頭を冷やし、再度会談に臨むことに。


ストーリー上狙ってやっているとは思いますが、
そもそもエオルゼア諸国においてはガレマール帝国の情報が少なすぎるんです。
新生編では詳細が謎に包まれている、ただの侵略者のように描かれていた気がする。

まずは、ほとんど謎に包まれている帝国について知るところから始まった。


ガレアン族は、故郷を追われた民である。
先天的に魔法が使えぬ我らは、領土争いに敗れ、
北方の寒冷地に追いやられた歴史を持つ。

ガレアン族が故郷を取り戻すまでの数百年間で、
その土地に根付いた民にとってみれば、我らは所詮、侵略者。
相互理解などという、生ぬるいもので共存できようはずもない。


つまり新生編で描かれていた「第六星暦に北方から帝国が起こって瞬く間にあっちこっち侵攻して領土拡大いった」
のではなく、
もっと前、第五星暦の時代に、マハとアムダプールの魔法大国とニームが争っていた「魔大戦」の時代、
魔法が全く使えないガレアン族が故郷を追われ、
そこで青燐水を得て魔導技術で盛り返し、「かつての故郷」を取り戻していたようだった。


しかし、ヴァリス帝の狙いは侵略でも戦争でもない。



ヴァリス帝の狙いは「あるべき姿」に戻ること。

世界が原初世界と13の鏡像世界に分かたれたとき、人もまた「真なる人」から分かたれたそうだ。


だから、本当の平穏のために、分かたれた世界を統合して、
「真なる人になること」が狙いだという。

よいか……
本当の平穏のために目指すべきは、世界の統合。
それによって真なる人になることだ。
ひとつの完壁な生命となった、真なる人による国家を創る!
ガレマールという旗印のもとに!



これではまるでアシエンの理想そのものじゃないか。


イシュガルド同様、アシエンにそそのかされているのではないかと問うアイメリク。

ここで語られた帝国の真相。
ガレマール帝国はアシエンが作った国だった。
彼らの狙いは人の世を混乱させ、霊災を引き起こして世界を統合すること


しかしヴァリス帝はアシエンとは違い、世界を統合して人が真の姿になった時、
アシエンを討伐し人の国を作るつもりらしい。


それには、鏡像世界をすべて統合する必要がある。


全てを統合するためには、鏡像世界の犠牲もいとわないという。

アルバート・・・ヤミセンたち・・・


うっ涙が(´;ω;`)ウゥゥ
いや新生トレーラーのは確定情報でも何でもないんだけど!

とにかく、鏡像世界を、そこに生きる人々を犠牲にしてはいけない。
分かたれた不完全な人であっても、アシエンを討滅できるはずだ。現にラハブレア滅したし!

冒険者の発言をもって、帝国との停戦交渉は決裂。


やはり分かり合うことはできなかった。
正義の反対は、また別の正義か。



というわけで、かなりストーリーの根幹にかかわる部分に入ってきました。
実はこの辺のクエストでガンブレイカーもLv71になりました。
とりあえず上げとけって言われたんで各ロール最低1ジョブはLv71になりました。
ガンブレ・侍・詩人・学者・赤魔(カンスト)

漆黒楽しみですがその前にIDが待ってます。
それではまたあした!
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles