Personnage

Personnage

Miccolo Tarutaru

Asura (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

あたしのタンクは汗びっしょ

Public
白魔導師でデビューし、何となく回復疲れを感じてからはモンクでひたすら殴ってきました。

それからは、侍や赤魔導師にちょっかい出してみたり、楽器を引きたくて詩人になってみたり。
モンクのレベルが80になってからは、極討滅戦や零式に挑戦したり、踊って攻撃してきました。

ちょっとずつジョブを経験してきましたが、タンクだけは一切手を出してこなかったのです。
何だったら、手にいれた装備も、タンク用だったらほぼ内容を確認しないまま分解!

怖いんですよね……タンクというお仕事(ToT)

基本的にはタンクが先導してダンジョンを進めますし、パーティメンバーを守らないといけないし、自分の中では、一番責任が重い職業だと思っています。それだけに、今まで無責任に殴ってきただけのあたしには荷が重かったんです。

でも最近感じちゃったんです。タンクってカッコいい!
FCメンバーと零式行かせてもらったりしている中で、カッコよく立ち回っていらっさる!
惚れぼれしました。

そこで重い腰をあげ、剣術士ギルドに就職しました。レベル15までは何も問題ありません。お気楽なもんです。
初心者講習を受講し、いよいよIDでびゅ…むり、むりむりむりむり!
このまま引退しようかと思いましたが、FCメンバー3人にお付き合い頂き、何とか終えることができました。手のひら汗びっしょり…。

まだ簡単なIDだからいいようなものの、この先の敵つよダンジョンのことを考えると、引退がチラつきます。

どこかのダンジョンで手がびっしょりのタンクがいたら、優しくしてやってください。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles