Personnage

Personnage

Galgalim Gemini

Porteur d'ombre

Atomos (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

力を振るえなかった、自分への(漆黒5.0メイン・Lv77帯 その1)【一部RP妄想注意】

Public
※中の人よりアテンション※
※本記事はRP日記となります。RP設定()に沿った独自表現・解釈があります※
本記事はRPによる妄想要素が一部含まれております
※本日記は、漆黒5.0メイン・Lv77帯ストーリーのネタバレを一部含みます※








クリスタリウムのペンダント居住館、冒険者に割り当てられた個室の机に、日記が置かれている。
(冒険者自身は、出発の支度を整えている途中のようだ)

全てではなく、また全文でもないが、その中の一部は、こう記されている。





========

記載:ペンダント居住館 自室にて


■個人としての自分への、憤り

レイクランドで勃発した罪喰いとの大規模な戦いは。
クリスタリウムの皆だけじゃなく、俺個人としても悔しさが残る結果となった。


分かってる。
「闇の戦士」として可能な限り行動した範囲では最善の結果だった事には、納得もしている。

でも。
俺個人としては、まだ救えた命があったはずだとも、思っている。


あの場で、ナイトの力を使う事が出来ていれば。
神聖魔法クレメンシーで、救える命があったかもしれない。

第一世界に渡ってからここに至るまでの間に、フェアリーを召喚できるか一度でも試みていれば。
軍学者としての癒しの力で、救える命があったかもしれない。




今となっては、どっちも「たられば」でしかない。
特に、後者に関しては、確認さえ行っていればだったから、悔しいと言うほかないよ。


■ナバスアレンへ



アム・アレーンの大罪喰いを見つけるためには、光の巫女の本当の力が最善手であるという結論が出た。
それを得るため、これからアム・アレーンの廃都ナバスアレンに向かう事となった。
一息ついたら、集合場所へと向かう予定だ。


ただ。
光の巫女の本当の力を得るという事は。
サンクレッドとミンフィリアの二人が抱えている問題に決着をつける必要がある事も示している。


この件については、俺は何も言う事が出来ない。
「当代の光の巫女の答え」を促す資格は、俺にはないんだ。


========
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles