Personnage

Personnage

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 2

アレキサンダー起動編4【3層:夕日の当たる公園で少年たちは夢を追う】

Public
久しぶりにメンバーが揃った気がします。

8人全員が揃うのに1時間ほど。
結構な時間ですね…。

世間はバージョンアップの話題で持ちきりだと言うのに、こうして集まっていただき本当に感謝しかありません。
有難う御座いました!



私は、FF14でPTの野良募集に手を出し始めた時から妄想していた事がありました。


夕日の当たる公園で1人の少年がサッカーの練習をしています。
始めは1人で練習をしています。
その内その姿を見つけた近所の友達が「もうすぐ帰る時間だけど、帰る時間まで一緒に練習しよう。」と参加します。
少年は勿論快諾し一緒に練習をします。
しばらくしたら塾帰りの別の友達が、少年らの姿を見つけて「俺も寄せて。」と参加します。
少年らは帰宅時間まで練習します。
少年は翌日も公園で1人練習をしています。
そしてまた別の友達がその姿を見て練習に加わります。
少年は公園で練習をしない日もたまにありましたが、少年が公園で練習する日には誰かしらの友達が一緒に練習をしてくれました。
少年と一緒に公園でサッカーの練習をすることで、サッカーがメキメキ上達する友達もいれば、ただの暇つぶしで来てくれる友達もいれば、純粋に楽しいからと参加する友達もいました。
少年自身は上達しているのかどうかよく分かりません。
ただ、サッカーが好きで、サッカーの練習が楽しくて、友達が集まってくれることが嬉しくて公園での練習を続けていました。
少年が公園で練習する時間は決まって夕日が公園に当たる時間に限られて、何故かそれ以外の時間帯で少年が練習をする事はありませんでした。
いずれ少年たちは別々の学校に進学したり、親の都合で引っ越ししたりで、夕日の当たる公園での練習にみんな来れなくなる事は全員分かっていましたが、少年が公園でサッカーの練習を始めると、何処からともなくポツポツと友達が集まってサッカーの練習を始めるのでした。


これは妄想です。
こんな世界に憧れるな~と言う妄想です。
FCやLSでメンバーを集うほどでもない緩すぎる集まりへの憧れです。

私はそういう緩い繋がりに憧れており、たまたま募集を見かけた方が「お、どれどれ。」と参加してくれる関係が何とも言えず好きなのです。
とは言っても、毎回PT募集に参加する事についても気兼ねする必要は全くなく、何なら毎回参加して頂いたらそれはそれで嬉しかったりします。
久しぶりの方でも、もちろん初めての方でも歓迎です。
緩い繋がりが好きな方ならそれだけで十分なのですが、一応妄想の中では少年なりにルールは考えています。

「帰宅時間が来たら解散」
「サッカーの練習で集まる」
「集まった友達の家族に迷惑をかけない」

抽象的なルールで、更に告示しているわけでもないですが、心の中でそう決めていたりします。


そうして少年は練習を続けるのです。



、、、ここまでアレキの話題が全く出ませんでしたが、アレキの話に戻るとアレキ下限は相変わらず抜群に面白いのですが、面白い事が少し普通になってきており、そこがアレキサンダーと言うコンテンツに申し訳なさを感じ始めています。

アレキ下限に限った話ではないのですが、私はロドストの日記で「下限は面白い。」と書き続けてきましたが、最近私は「全ての下限が面白い訳ではないのでは?」と考え始めています。
具体的には新生序盤のIDです。
しかし、この話題についてはまた別の話ですし、検証も始めたばかりですのでまた機会があればお話しできたらと思います。
では、何故ここでおもむろに新生下限の面白さの疑問の話題を始めたのかと言いますと、現時点までのアレキ下限に限っては、「下限の難しさってたぶんこんな感じなんだろうな~。」と想像する難易度そのままの難易度であるからなのです。(新生序盤下限IDは想像より簡単でした。)
想像する難易度の振り幅については各個人様々だと思いますが、アレキ下限は私にとっての想像通りの難易度になっており、その想像どおりの難易度が私にとっては丁度いい面白さ、つまり抜群の面白さにつながっている訳なんです。

そして、エオルゼアで遊ぶプレイヤーにとっての「面白い難易度」についてもアレキ下限の難易度とイコールで結びついたら良いのになーと思っていたりします。
まあそこについてはあくまで私の願望の範疇なんですけどね。


Commentaires (2)

Marie Stringer

Alexander (Gaia)

難し過ぎず、かといって簡単過ぎるわけでもない……自分にあった難易度のコンテンツが見つかると、より楽しくなりますな!

昔はゲームの難易度設定の存在意義がよくわからなかった私ですが、今では自分で難易度を選ぶということもまた、遊びの一つなんだなぁと実感する次第です!

私はコンテンツを問わず、CFやPT募集で行くことが多く、一期一会を楽しんでいるので、緩い繋がりの魅力については、分かるような気がしますわ!

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

マリィさん
コメントありがとうございます!
FC等の繋がりが楽しい事は重々承知なのですが、そこについてはFF11で十分経験してお腹いっぱい的な所もあるのです。
ですから現在はFF14での楽しみかたを色々と模索しているわけですね。
とは言ってもFF14はMMOです。
これからも様々な縁を大切にしていきたいと思っています!
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles