Personnage

Personnage

Van Barbariccia

Ixion (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

クラフター心に刺さった一言

Public
調理に引き続き、木工が80になり、鍛冶も70を超えてきました。
(*´ω`)

そんなこんなで、クラフターのクラスクエストも並行してやってる訳ですが、心に刺さったセリフがあったのでご紹介。

ギルドに来た常連客の一人が木工ギルドのギルマス(先生)について話すシーンで、
「先生が作ったものってさ、使ってみるとすぐわかるんだよ。これは僕のために作られた物なんだってね。あの人はいつも、誰かのために物を作っているのさ。」

(※一番左が先生です。)


んー(>_<)感動してちょっとブルッってなりました。
物作りの何たるかが凝縮されている感じ。

誰かのために、その誰かを思って物を作るってイイよね!

鍛冶のクラスクエストでも、初老の人に護身用の武器を作るエピソードがありましたが、根幹は同じことを伝えようとしているお話でした。

現実の自分を振り返り、「そんな物づくりは久しくしてないな・・・」と。
ちょっと何かをして見たくなるエピソードでした。




Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles