Personnage

Personnage

Mii Itio

Hyperion (Primal)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

初心に帰ったお話

Public
今日CFでサスタシャ補充で入りました。
最近補充って言うと嫌なイメージしか無いのですが、ここでそんな無茶な事はないだろうと進みました。

このパーティーのタンクさんは剣術士でしたが、装備は何とか一領具足揃ったっていう感じだったので、多分ホントにID初めての方だと思います。
わたしは学者で入って、もしかしたらわたしの学者史上初サスタシャだったかも知れません。
まず使える魔法が、少なっ! ルインとバイオとフィジク、それと妖精さんの癒し...これは動けないヤツです。

でも、わたしのここでの使命は、このタンクさんに楽しい思い出を作ってもらう事!と心に誓い、とにかく光の癒しが皆さんに届く場所に居続ける事に専念しました。
幸い敵はそんなに強くないので問題は無さそうだなと。
DPSさん達がちょっと釣り気味に進んでしまいますが、まあ死にはしないでしょうと、わたしはタンクさんの歩調に合わせて進みます。
ヘイトが散るのは仕方がありません。
襲ってくる敵は本で殴り倒します。
みんなのHPが20%以上減らないようにフィジクを使いながら。
すると次第に最初は釣り気味だったDPSさん達も落ち着いて、気がつけばみんなでタンクさんを守るように進みます。
一つクリアする度に、Nice fight!などの言葉がかかります。
そして無事にボスを倒します。
へぇ〜と思ったのは、もう少しでボス倒れるというところで、DPSさん達は申しあわせたように攻撃をやめたかと思うと、タンクさんに向かって「攻撃に集中して!」みたいな声をかけ、フィニッシュはタンクさんに渡してました。
さすがアメリカはエンタの国だなぁと思いました。
ただ、倒した瞬間に大爆発のエモートは、何事かと思ってわたしもビックリしましたが....
あんなのあるんですね。

このタンクさん、まだお試し期間中だと思いますが、これからも楽しんでくれたらいいなぁと思います。

わたしも始めてもう少しで1年です。
自分の1回目のIDの記憶は正直全く残ってませんが、巴術士でヒューラン女の子の服のままだったと思います。(確かハイレベルの本買ってギルが無かった)
サスタシャの入り口で1人ずーっとシャきるの待ってた事、思い出しました。
MMO 自体初めてだったので、シャきった時は緊張でドキドキが止まらなかったなー。
最近じゃ眠くて意識飛びそうな状態でIDに入って、時々パーティーに迷惑かけたりとか...みなさんに迷惑掛けない様、最初の気持ちを忘れず、健康に気をつけてwwエオルゼアlife エンジョイしたいと思いました。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles