Personnage

Personnage

Kanagutu Tatata

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

「これがパワーレベリングだ!」 Tatata特派員の エウレカ違法レベリング行為 調査報告書

Public
『エウレカ』にてーー昼間1時間かけてチマチマレベル上げを行うTatataさん。
 死にそうな思いしながら(ていうか実際に何回か死にながら)ようやく1レベルだけ上がる。


「……これは何かやり方が間違っているのでは……?」
 あまりの効率の悪さに、そのような懸念を抱く。


 ーーそういや最近FCに、1週間くらいで『ヒュダトス』まで到達した人がいた。
 いや……明らかに進行速度おかしいでしょ……Tatataさん1週間でやっと『アネモス』だったのに。


 ーーこれは何か秘密がある……違法なレベリング行為が行われているに違いない……!(名推理)
 真相を究明するため、我々取材班は現地へと突入した!





「エウレカ警察だ! 違法レベリングの方法を教えろォ!」


「いいよ」(いい人かよ)


 ストレートに教えて欲しいと乞うたら、いいよと拍子抜けするほどの快諾。


_人人人人人人人_
> 優しい世界 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


 …………なお、どういう偶然だよって感じなんだが、
 この人、先日ダンスカーでご一緒した『スライムの戦士』である。
(……人との出会いは数奇な巡り合わせなもんだなぁ)


「とりあえず後ろに乗ってください。エーテライトまで安全に案内します!」


 ……え、エウレカって多人数乗りのマウントで移動できたのかよ!
 なんということだ……エーテライト開放めちゃくちゃラクじゃないか……。


 我々取材班は、早くも違法行為を目撃した!
 これはラクだ……ラクすぎる……いいぞもっとやれ(ぐへへ)





「さて、エーテライト開放できましたけど、どうしますかね」


 ……とか言っていたら、さらなる偶然が重なる。
 同じFCの人がレベリングしていたのである。……とりあえずPT申請して巻き込む(強引)。


 ……偶然にはさらに偶然が重なるものである。
「あれ? Tatataさんじゃん!」


 ーーそこには見慣れた戦闘狂の農民が。


 お前は……『ナマズオの戦士』! ナマズオの戦士じゃないか!
 …………そういやエウレカも好きとか言ってたっけか。


 参考:ナマズオの戦士との出会い。
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/27366416/blog/4430548/


「『PL』なら手伝うよ〜」
 ……PLが何のことかわからんが、とにかく手伝ってもらおう!(後先考えない)


 そんな感じでレベル35・レベル35・レベル34・レベル27のPT爆誕。
 ……ひとり足手まといがいますねぇ(いったい誰なんだ)。


 



「ここらへんかなぁ。Tatataさん、ここにボーッと立っててw」


 ?


 よくわからんが言われた通りにするTatataさん。
 いったい何が始まるんです?


 突如としてレベル33くらいの敵を10体くらいまとめ出すナマズオの戦士。
 まとめたと思ったら、PT全員(Tatata以外)でタコ殴りにして瞬殺。


 経験値取得6000
 経験値取得6000
 経験値取得6000
 経験値取得6000
 経験値取得6000ーー


 ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ! なんじゃこりゃあああああ!
 経験値が……経験値が流れ込んできおるゾォ!


「なんじゃこりゃあ!」


「これがPL ……『パワーレベリング』だ!」


「すげぇぇぇぇ! ズルじゃあああああん!w」


 すごい……すごすぎるぜ、一瞬で経験値メーターが1/4ほど埋まったぞ!
 これを4回するだけでもうレベルアップしてしまうではないか!


 これは けしからん違法行為じゃあ〜!
 究明のためにもっと調査しなければ〜(ぐへへ)


 



「『変異したロックボックス【氷】』でも狙いますかぁ」


「いいですねぇ〜!」


 何やらお宝を狙いつつレベリングするらしい。
 エウレカではそういうこともできるのか……。


 エウレカでは特定のモンスターを攻撃したときに、敵が突然変異で変わることがある。
 そのモンスターを倒すと『変異したロックボックス【氷】』がドロップされるらしい。


 ……中身には『エモート教本 寒がる』などが入っていることがあり、
 こいつが結構な高値で売れたりするので、金策にも使えるようだ。


「ここの敵はTatataさんも狩って大丈夫ですよ! 安全なやつです」


「っしゃーおらー!」


 嬉々としてTatataさんも狩りに参加。
 うおー狩猟本能が目覚めるゥー!


 



 途中からナマズオの戦士の知り合いも合流。
「困ったときは お互い様だっぺな!」
 …………さすが知り合いだけあって、ナマズオっぽいしゃべりをする人だな。


 ーーTatataさん、サクサクっとレベル35に到達!
 すごい、すごすぎるぞパワーレベリング!


 …………昼の1時間は何だったんだよマジで…………。


「だいたい自分のレベル+6レベルくらいの敵を狩ってもらうのが一番効率良いですよ」


「それかソロで狩るなら自分のレベル+2レベルくらいがオススメですねぇ〜」


 マジか……Tatataさん、自分のレベル−2レベルくらいの敵を安全に狩りまくってたわ。
 そらぁ効率に差が出るわけだわ……無知ってのは悲しいことだなぁ。





「『輝き』もだいぶ集まったでしょうし、良かったですね」


「…………『輝き』ってなんぞ?」


「…………あー、開放してなかったかぁ…………」



 …………俺、また何かやっちゃいましたぁ?(悪い意味で)
 たぶんあれやな。何かしら開放してなかったせいで、お得なアイテムをとり逃したんやろうね。


 いやいや……それでも十分すぎるほどに良いものが得られましたよ。
 素晴らしい体験をさせていただいた。


「次の『ピューロス編』では さらに効率的な狩りがありますから 楽しみにしててください!」


 なんやて……さらに効率的な狩りがあるやて……? ……これは要チェックや!
 くっ……! 次はいったいどんな違法行為が待っているんだ! これは調査しなければ(ぐへへ)


 Tatata特派員の調査は続くーー!
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles