Personnage

Personnage

Sin Ebs

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

アム・アレーンの車窓から(窓無いけど)

Public
【第111話】 2021年2月26日(金)※ネタバレ注意!!


※物語の重大なネタバレあり。閲覧注意!

というか、これからずっと、「物語の重大なネタバレあり」になるような気がする。

「霊災」について語られる事は、全て「重大なネタバレ」だと思う・・・


『ラケティカ大森林』での冒険を終えてから、14日が経過していました。

しかし、メインクエストは、5日で終わりました。

残りの11日間は、サブクエストなど、色んな事をやっていました。


   メインクエストをこなす事だけが、『ファイナルファンタジーXIV』ではない。




前回のプレイ日記にも書きましたが、
「トリプルトライアド」での「カード集め」や、「オーシャンフィッシング」などを、やっていました。


「蛮族デイリークエスト」をやるついでに、道中で見つけたF.A.T.E.にも参加していました。
(サブジョブのレベル上げ&『F.A.T.E.達成度』コンプリートを目指して)

♢蛮族クエストに関わるキャラが、ちゃんと有言実行している事に、感動しました。
 例)『ファノヴの里』に薬を貰いに行って来ると出かけた人が、ちゃんと、その行動を取っていた。
 こういう細かな演出を省かないのが、FF14の好きなところですっ。
 (イベントをこなすだけの人は、絶対に見落とす演出)



「ミーン工芸館取引」や「お得意様取引」では、
いつもと同じように、各地へ行って採集作業&製作作業。

拘りで、納める品は、必ず「HQ品」にしているので、
素材集めには、少し時間が掛ります。


そして今回、ハプニング(で済んで良かった)があった「ロールクエスト」

「ロールクエスト(物理DPS)」は、すでに終わったので、
今回は、「ロールクエスト(遠隔DPS)」「ロールクエスト(ヒーラー)」を、やりました。

「ロールクエスト:遠隔DPS(LV76)」を始めて、ムービーを見ていた時に、
携帯電話が、突然、大きな音で鳴りだしました。

ヘッドホンを外して確認すると、「緊急地震速報」でした。

ゲームの進行を止め、コントローラーを手放し、身構えていると、
すぐに強い揺れが起こり、その揺れは、しばらく続きました。

幸いにも、物が倒れたり、停電するなどは、ありませんでした。

揺れが治まり、状況を確認してから、ゲームに戻ったのですが、
この後の物語の展開が、「地震により落石が発生し、洞窟内に閉じ込められる」という状況となり、
リアルとゲームがシンクロした事に、複雑な心境となりました。


あと、復興作業が完了した『蒼天街』へ足を運びました。

蒼天街に来たのは、
『パッチ5.3』でのイシュガルド復興(第三次復興事業計画)に参加した時以来だと思うので、
4か月ぶりでした。

復興作業に、ほとんど参加しませんでしたが、
蒼天街の人達から感謝されて、ばつが悪くなりました。
(第三次復興事業計画では、「園芸師」で1235位になっているので、
 一応、無関係ではないのですが・・・)

♢第四次復興事業計画に参加しなかったのは、「第一世界」にいたからという事にしましたw
 実際のところ、このイベントの事は、まったく頭にありませんでした。
 (開催に気付いたのは、イベント終了後)




メインクエストでは、『アム・アレーン』へ再び訪れる事になりました。

クエストの進行よりも、まずは、マップの開放&「風脈の泉」探しが、最優先。

しかし、途中、道が閉ざされていたので、全て回収することは出来ませんでした。

この地で目に付くのは、やはり長く続く”線路”でしょうか。

♢列車気分を味わおうと、サイズ的に丁度良いと感じたマウント「オオナマズ御輿」で、
 線路上を移動していました。
 「一人称視点」で移動してみると、某ゲームのような列車視点で、楽しめました。


物語前半の舞台は、もう使われていないと思われる「操車場」

しかし、そこには、人の気配が・・・

サンクレッドが拳骨で沈めたというのに、
「熟練の冒険者(って、ウリエンジェさんに言われた)」の私ときたら、武器を持ってのガチ応戦w

相手の正体を確認し、この操車場の状況も把握。

♢ウリエンジェさんが一番怪しい人物だと、この人達に思われていた事に、笑ってしまった。

「マップ開放&風脈の泉探し」の時に、進めなかった場所を通るには、
”ある物”が必要となるのだが   

♢この崩落って、「ロールクエスト:遠隔DPS(LV76)」の過去視と同じ場所?

”ある物”を手に入れるために、行動を開始する、私とサンクレッド。

ここからの物語の内容は、私にとって、感動で鳥肌が立つ事が多かったです。

♢出来過ぎた話だったけど、そこで見つけた探し物に・・・(鳥肌

♢「原初世界」でアルバート達のことを「闇の戦士」って呼んでいたけど、
 今思うと、それって・・・(鳥肌


(旧FF14で)幼い頃のミンフィリアに、「行く先々で女の人を口説いて回る流れ者」って、
サンクレッドが言われたようだけど、その通りだったじゃんw

♢ウルダハで、そんな出来事があったし、「石の家」では、修羅場だったし、
 「スリザーバウ」では、ミンフィリア(幼)が、ウリエンジェさんから、
 そんな話を聞かされていたしw



サンクレッドとミンフィリア(幼)、二人の関係には、
他者が容易に立ち入る事が出来ない事情が・・・

それは、お互いの気持ちの食い違いによるもの   

本当の気持ちを、素直に相手に伝えない、伝えられない事によるもの   

そんな二人を、特に、ミンフィリア(幼)を優しく見守るウリエンジェさんが、
とても印象深かったです。


閉ざされていた道が、開かれました。

しかし、その先で待ち受けていた者が!

ここで、インスタンスバトルとなったのですが、
「コンテンツアクション」の解釈を間違えて、一回床ペロしました・・・

今まで、「コンテンツアクション」は、1つしかなかったので、
そのつもりでいたら、理解するのに遅れて、気が付いた時には、限界を迎えてしまいました。
(使用できるコンテンツアクションの内容が変わっていた)

2戦目は、問題なくクリアできました。

この後のサンクレッドが、今回の冒険で、特に、印象深かったです。

♢「おかえり、がんばったな。」というサンクレッドの台詞と表情、
 そして、今までで一番優しい声に、これまで二人を見てきた者としては、
 この状況に感動してしまい、涙腺が緩みました。


そして、この時のミンフィリア(幼)は   

♢やっと『FFXIVマンチョコ開封動画』で受けたネタバレから、解放されました(笑)
 動画内で、「俺の娘」と言っていた意味を、ようやく知る事が出来ました。
 ここまで二人の物語を見てきたら、その発言は、すごく納得できました。
 
♢「原初世界」のミンフィリアって、サンクレッドから見たら、「妹」的存在なのか。
 サンクレッドの方が、「弟」ってイメージだったけど、
 これは『旧FF14』をやっていない私には、分からない事なんだろうなぁ。
 あっ!サンクレッドの方が、年上なのか。


それから、この時のウリエンジェさんの表情は、大注目ですっ。
(ウリエンジェさんのこんな表情、今まで見たことないw)


ヤ・シュトラ、アリゼー、アルフィノも合流し、いよいよ「大罪喰い」の討伐へ。

”フェイス(Trust System)”があるので、もう「野良参加」を、考えなくなってしまった。

今回のID攻略のメンバーは、やはり、ここまでの物語の流れから、
「サンクレッド(タンク)」「ミンフィリア?(DPS)」「ウリエンジェ(ヒーラー)」に、
しました。

しかし、この時、正直、悩みました。

ここ、『アム・アレーン』の「旅たちの宿」での出来事・・・

「テスリーン」の仇を取る為にも、アリゼーと一緒に挑むべきなのでは、と・・・

   でも、アリゼー、ごめんなさいっ

アリゼーの想いを胸に、メンバーを変えず、ID攻略に挑む事にしました。

言わずもがな、攻略情報は、見ません。

攻略情報の予習が無くても、メンバーの動きを追えば、ギミックの回避は出来るわけですが、
最初のボスで、床ペロしてしまいました。

このボスのギミックは、決して複雑ではなく、よく見ていれば、すぐに理解できます。

しかし、私の場合、よく見ていた事で、”ある事”が気になってしまいました。

「フレイルスマッシュ」という、中心からの距離減衰攻撃で、
エリアぎりぎりまで退避しているのが、私だけでした。

ヒーラーのウリエンジェさんですら、中心から、ちょっと離れたところで、その攻撃を受けていました。

「あれ?この攻撃って、そんなに離れなくても、大丈夫なの?」

そう思った私は、ウリエンジェさんと同じ位置で、その攻撃を耐え凌ごうとしたのですが・・・

ヒーラーなのに、ウリエンジェさん硬いよwww
(死んだの自分だけw)

私の装備だって、サブクエストを全てやって、現状で得られる、最高の防具&アクセサリーなのに。

床ペロ(プレイヤーが死んだので全滅)したのは、この一回だけでした。



最後のボスのギミック。

後半部分は、ほとんど理解できず、メンバーの動きを追う「カンニング行為」で、凌ぎましたw

道中、先へ進むと戻れなくなる事を知ったので、
その時々に、撮影しに戻ったりしましたが、残り時間32分で、踏破する事が出来ました。



大罪喰いを倒したことにより、『アム・アレーン』にも、夜が還ってきました。

♢初期の頃から感じていたけど、”この子”って、もしかしてラスボスなのか?
 もしくは、ラスボスに関係している?

♢夜を迎えた時、空に月が見えていたけど、『パッチ6.0』の概要を知っている今では、
 「いずれ、あそこに行くんだなぁ」という思いにふけてしまう。


残すは、『コルシア島』のみ。

♢ではなく、「風脈の泉」で、まだ開放されていない土地があるから、
 他にも、行く事になるんだろうなぁ(メタ発言)


一度、『クリスタリウム』に戻るのだが、そこで、ヤ・シュトラさんに、体の事を心配された。

♢「マトーヤお母さん・・・・」(笑)

「ペンダント居住館」の管理人さんにまで心配されるような状態・・・

さらに、宿屋では・・・・・・

♢この制服は、「ガーロンド・アイアンワークス社」か?
 場所は、イシュガルドっぽいけど・・・



宿屋で休息を取り、最後の決戦に向けて、「星見の間」に集まる一同。※ネタバレあり

そこには、エメトさんもいて、『霊災』について、さらに、新たな事実が語られる   

♢星を救うために、アシエン達が「ゾディアーク」を召喚したのか。
 アシエンって、実は、いい人達じゃん。

♢ゾディアークの強大な力を恐れた者達が、「ハイデリン」を召喚したらしいけど、
 その人達は、今、どこで、何をしているんだ?

♢白アシエンが、「ハイデリン」を召喚した人達なのか?

♢ハイデリンの一撃で、ゾディアークが分裂し不完全体となり封印された。
 それが13の鏡像世界。
 つまり、「原初世界」は、ハイデリンに乗っ取られたという事か?

♢第13世界は、「ヴォイド」を生み出しただけで、「霊災」の原因にはならなかったのか。
 (その後、そのまま消滅)

♢転生組のアシエンって、ハイデリンの一撃で、魂ごと14に分裂したって言ってたけど、
 ってことは、元は1人のアシエンだってって事?


そして、決戦の地、『ユールモア』へ   



《お・ま・け》
『蒼天街のスパ』
(サウナ風呂もあるよ)



《余談》
今回の冒険中、これまで気になっていた事に答えが出て、
その事実にも、感動して鳥肌が立ちました。
パッチ5.0に入ってから耳にするようになった”あるBGM(曲)”
ある時、そのBGMの出だしの部分(ピアノ)を聴いて、
別会社のあるゲーム作品のBGMに曲調というか雰囲気が似ているなぁと、思いました。
今回の冒険で言うと、
『水晶公とエメトさんが、「星見の間」にて、二人きりで話す』シーンで流れた曲です。
別会社のゲーム作品なのですが、
Co.ディレクターが、『FF4』などに深く関わっていらっしゃる方なので、
「もしかして」と思い、調べてみたところ、「似ている」ではなく、
作曲者さんが同じだったという事が分かりました。
♢このゲーム、2周して真のエンディングまでクリアすると、
 タイトル画面から、別バージョンのエンディング曲(歌詞が変わる)を聴けるのですが、
 これ、歌ってらっしゃるのは、声から察するに、Co.ディレクターさんでしょうか?
 ♪オレの~ カノジョは~♪


♢今回の件を調べるにあたり、参照したゲーム実況動画及び、
 そのゲーム実況者さん達に、この場を借りてお礼申し上げます。
 私が、『ニ〇動』を利用する切っ掛けとなった、その方達へ、深い感謝を   


Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles