Personnage

Personnage

Karen O'

Kujata (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

昨日の夜、楽しかった御用邸

Public
前置き(長いんですw)

召喚のLv50クエをやって、ステのインフレ率がパない
防具一式をゲットしようと思って。出先からディジョン
でグリダニアに戻った時、何気なく持ち物を覗くと、多
分ゼーメルでゲットしたアーリマンカードがあって。使
ってみたらもう持ってたので、日付が変わってたことも
あったし、GSに行ってMGPと交換することに。

ミニくじテンダーで「7,8,9」を引いて。『こりゃラッ
キー』と思ってるうちにジャンピングアスレチックが始
まったので、一も二もなく参加して。

久しぶりに壁に張り付くタイプで。それもやっぱり楽し
くて(ここら辺から当初の予定を忘れてるw)。取り残
しはあったかもだけど、金1個、銀2個取れたから『まあ、
いっか』と思って。最近知った、“時間内でもゴールポイ
ントで矢印を選択したら退出できる”機能を使って退出し
て。

『そう言えば、GSからウルダハへの飛空挺での移動は無
料だったよね?Lv50を越えたことだし、侍とか、赤魔と
か、なれるんじゃない!?』って思うが早いかウルダハへ。

無事、侍に。

ウェポンスキルをいちからフムフム言いながら読んで。
ムソウサイ(でしたっけ?)師匠がこちらの攻撃を受け
てくれたので、しこたまスキルを打ち込んで。でもその
あと、実戦ではどんな感じなのかを試したくなって。

いきなりフルスキルを使うのは、Lv50までのスキルだけ
とは言えちょっと不安だったので。Lv20〜30くらいの
IDを選択してポチッたら、御用邸に当たったのでした。


本題(輪をかけて長いんです!w)

最初に廊下のメイドさん。続けて部屋の中のメイドさん。
からの雑魚。全員での殲滅速度はそんなでもなかったけ
ど、そこまでは何の問題もなく進んでて。そしたら、ヒ
ーラーさんが固まって。

その間、自分は『居合って、結構キャストタイムある。
居合が竜さんのジャンプと同じ系統のスキルならガンガ
ン使えばよさそうだけど、これだけ時間がかかると、使
いどこ選ぶのかなぁ』なんて考えてて。

そしたら突然、ヒーラーさんが "I'm sorry.I give up"
って。聞けば、攻撃スキルをセットしてなくて、装備も
弱いから諦める、って。他のメンバーが声をかける間も
無くいなくなっちゃって。

さて、どうしよう?って。

ここで話をした時、自分以外みんな外人さんだったこと
が分かって。それでも、『日本語少し分かります』って
いう、リーダーで若葉の黒魔さんが、(多分)メンバー
追加の手続きをしてくれて。

でも、結構深い時間で、しかも、補充はヒーラーさん。
これはしばらく待つことになるのかな?と思ってたら、
『三人で行ってみる?』って話になって。

曲がり角の雑魚と戯れてると、巡回メイドさんにも絡
まれて。あえなく暗黒さん撃沈。続けて黒魔さん轟沈。
自分は、自分史上最高ILの装備のおかげもあったのか、
なんとか生き残り。

『これは暗黒さんがキツイ』と思った瞬間、黒魔さんが
抜けちゃって。『そりゃそうだよね。これで解散かな?』
と思ってたら赤魔さんがエントリーしてきて。

三人で会議(以下、一応英語)。

暗黒さんが "move or quit" 的なことを聞いてきたので、
『ここはこれ、優柔不断な「どちらでも」はダメなとこ』
と思ったので、 "I want to go" って。で、 "How about
~ and ~?"
って聞いたら、二人で "vote" がどうちゃら
話してて。その内なぜだか、『ボスとやってみよっか?』
みたいな話になって。

いざ、捨て身のボス戦に!
勝ちましたw

暗黒さんが凄い粘ってくれて。暗黒さんがいる間にボス
のHPを7割は削れてて。その間、暗黒さんにポーション
で回復したげたいと思ってタゲッてポーション使っても
自分が飲む始末…(きっとそういう仕様)。暗黒さんが
死んだ後は、タゲが赤魔さんに飛んで。赤魔さんが逃げ
回ってるうちに、自分がなんとか削り切りました。

あの時の三人は輝いてたなw

意気揚々と扉を開けて地下へ飛び降りて。でも、やっぱ
りそこでも暗黒さん、ボコられて死んじゃって。

それでもその暗黒さん、全然めげずに満面の笑み(←こ
れは自分の妄想的脚色w)で戻ってきてくれて。次の骨
でも暗黒さんは死んじゃって。赤魔さんと二人で暗黒さ
んを待ってると、なんとヒーラーさんがシャキッて、シ
ュビン!って効果音と共に "LIGHT PARTY" の文字!

嬉しかった〜。

暗黒さん、白さんのために三人がいる場所の座標を教え
てあげて(ダンジョン内でもできるんですね)。『暗黒
さんええ人やな〜』って思いながら三人で白さんを待って
ると、戦闘のBGMが流れてきて。

三人はそれでもしばらくポケ〜ッとしてて。『残してき
た雑魚に白さんが絡まれてる!』ってハタと気付いて、慌
ててスプリントで1階へ。階段の向かいの部屋でメイドさ
んに絡まれてた白さんと無事合流。

白さんが合流した後は、暗黒さん、『めっちゃ安定する』
って言いながら、絵文字で涙してたw(ヒーラーさんは
偉大だ)

そこからは、それまでが嘘のようにスイスイ進んで。ラ
スボスの部屋の前、暗黒さんが立ち止まって。しばらく
して一言。 "thank you everyone!"

『ありがとうはこっちだよ〜。楽しかったよ〜』って言
いたかったんだけど、そんな英語力あるわけなくて。

赤魔さんは一言 "np" って(多分、『なんくるないさ〜』
的な感じだと思う)。そして、自分がようやくひねりだ
したのは "my pleasure"

フツーかっ!真面目かっ!

気持ち的には、『楽しかったよ』ってことを伝えたくっ
て、 "pleasure" って単語を選んだんだけど、でもそれ
って、サンキューに対するテンプレ返しのひとつだから、
多分『どういたしまして』くらいだったんだろうな〜。

自分の英語力のなさが憎い。

それはともかく、楽しかったPTの、最後は華麗に、か
つ容赦なく、ボスにLBをお見舞いして締める!でもって、
『またつまらぬモノを斬ってしまった。フッ』ってやる
んだ〜、って思ったけど、ホットバーにLB入れるの忘れ
てて…
(いっつもこんな感じ)。

またいつか一緒になりたい、赤魔さんと、そして素敵な
暗黒さんとの、真夜中の御用邸の旅でした。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles