Personnage

Personnage

Nesage Sagami

L'Azur et l'Oméga

Pandaemonium (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

モルボルチャレンジST所感

Public
約2ヶ月固定を組んでモルボルチャレンジを達成しました。
STを担当したので思ったことなどつらつら書いていきたいと思います。

■FF14のST
このゲームのSTはコンテンツによって出荷枠(糞簡単)と奴隷(糞面倒)の
両極端なことになることが多いです。最近のコンテンツではMTと仕事量折半だけど、
攻撃受ける回数自体は少ないからかなり楽な役割だと思います。
(共鳴零式1層とかいう違うゲームやるときもありますが)


■モルチャレのST
じゃあ青魔の高難易度STはどうかというと、出荷枠の部類だと思います。
責任も仕事量も圧倒的に少ないです。以下に理由を書きます。


・軽減の仕事がほぼない
通常ジョブのタンクは全体軽減やMT強攻撃への軽減を入れますが、
全体攻撃に対するデバフは青魔全員搭載されているので仕事量は均一で、
バフはヒラコピーの仕事なのでSTが特別なにかやらないといけないということはありません。
MTへの強攻撃は超硬化という実質インビンを使うのでSTが軽減投げるという概念が存在しません。
(AAや強攻撃が滅茶苦茶すぎる真成4とかは要所でカクトガード投げると仕事した気分になれます)

・火力をひねり出す必要がない
語弊があるかもしれませんが"火力を出す"必要はあります。薬も割りました。
ただ"ひねり出す"必要がないというのが私の考えです。
STは補助技を取り入れるために攻撃技を削りますし、場所によってはタンクコピーなので
青魔道士の最大火力を出すのは不可能です。
DPSコピーが火力をひねり出していれば、STは火力を出すだけで
モルチャレで必要なPTDPSは満たせるので詰める必要がありません。

・立て直しを考慮しなくていい
通常コンテンツのSTであればMTが落ちた時に体制を立て直すまでタゲを持ったりしますが、
モルチャレレベルのコンテンツでMTが落ちると、
マイティガード入れてフロッグレッグ入れた時点でPTが壊滅しています。


まとめると、
軽減はみんなで持ち回り、
火力は詰めるほど必要もなく、
MTが落ちたら全員見殺しでいい

という超楽チンロールです。



■STがすべきことは
この結論だとSTをやってた自分がいたたまれないのでモルチャレ中に気をつけていたことを書きます。

・PTメンバーの負担を軽くする
STで巻き取れる仕事はSTでやるほうがいいと思います。
具体例をいくつか挙げると、

>> くさい息の維持
MTがやりましょうという解説が多いですがMTは負担も責任も大きすぎるし息の消費MPが多く、
超硬化やホワイトウィンドが打てなくなることもあるのでSTで維持するのがいいと思います。

>> 真成4のアースシェイカーの戻し
ST自体が対象になることを考慮すると諸説ありますが、
コールして積極的に取りにいくのは悪くないと思います。
(本番では私がコールしないで行ったせいで無駄にDPSの方を転がしてしまったのですが・・・)
もしくはヒラがアースシェイカー処理してることも多いのでMTの回復を受け持つのもいいと思います。

>> 律動4の玉ヘヴィ
これもぶっちゃけ誰でもいいと思いますが、誰でもいいならSTがやっとけというのが持論です。
律動4の雑魚フェーズはHP調整が必要ですが、そこらへんはDPSが頑張っているので
STは息の維持くらいしかやることがありません。
であればリフラックス搭載してSTがやるのがいいと思います。


・自分がワイプの原因にならないようにする
これこのゲームやってれば誰もが当たり前に考えることだと思うのですが、
モルボルチャレンジレベルのコンテンツで一番負担が少ないやつが原因でワイプ
本人も重く感じてしまう(少なくとも私は)し、
周りの人も心の底でお前なにしとんねんってなりがちだと思います。

なので自分は練習日以外の予習復習のほか他コピーの役割や青魔道士自体の理解に努め
練習日での自分のミスを極力減らして、
MT超硬化や回復などの本番でしかできない部分の練習に充ててもらうことを意識して臨んでました。
これを痛感したのが天動4層のタイムゲートの部分で、ここの理解が浅いまま練習日を迎えたら、
幾度となくスマッシュの超硬化失敗でワイプさせました。ほんとうにすみません。

この失敗もあって律動は野良練習も含め事前の準備はかなり力を入れました。
いろいろな動画、記事、経験を合わせて自分もかなり動きを最適化できたし、
いい感じにアドバイスとかもできたんじゃないかと勝手に思ってます。



まとめると本番でやること少ない分、それ以外の部分に力を入れたり、
PT全体見て補助していけると自分にもPTにもいい
って感じです。
火力はある程度だしつつ、時に自己火力犠牲にMP回復したり
特定ギミック担当していた2.x詩人に近い役回りです。
あれが好きだった人は、現在の青魔STは向いてると思います。



長々と書きましたがSTの所感は以上です。
以下は駄文になります。


自分がFF14でここまで一つのコンテンツに打ち込んだのは初めてで、
固定加入の動機は決して人に誇れるようなことではないのですが、
いいメンバーと出会えて、身内の方に応援されて、無事5.4までにクリアすることができました。
本当に嬉しいです。

5.45でも青魔道士楽しみたいと思いますので、見かけた方いましたらよろしくおねがいします。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles