Personnage

Personnage

Maya Ryuzaki

Ultima (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 2

第2話 光の副店長とオッサンダー

Public
FF11時代「オッサン」を名乗るタルタル(FF14で言う所のララフェル)の黒魔道士がフレンドにいた。

そのちっこい容姿とは裏腹に、オッサン臭い言動だったり、道端ですれ違う度に「/grin」をしてきたり、兎にも角にも破天荒なキャラだった。

そんな彼の必殺技は黒魔法「オッサンダー」。

サンダー以外の魔法で敵の体力を削り続け、あと一歩で倒せる時にサンダーを詠唱し

「第54回!オッサンダー!!」

と言い放ち、敵にとどめを刺していた。54回って事は放つ度にカウントしているんだろうな。破天荒かつマメである。

そんな一挙一動が気に入っていたフレンドがFF11黎明期にいたのでした。

彼は今はどこで何をしているのだろうか…。


---時は流れて---

【前回のあらすじ】
ナイトの超必殺技「ジャスティススラッシュ」をあろうことか仲間(光の店長)から封じられた伝説の勇者マヤ竜崎。


今回の舞台はタムタラの墓所

道中は順調に進み、ボスへと辿り着いた。
周囲のギミックもその場で指示し順調に対処してもらう。
そしてボスのHPのあと僅かになろうとしている時…

店長「いいか、ジャスティススラッシュって叫ぶなよ」

マヤ竜崎「わかりました

第2回!!正義の刃!!
ジャスティススラーーーッシュ!!!


絶対王ガルヴァンスは倒れた

イェエエエエエエ!!!!!!


パパパパパーパーパーパッパパー(ファンファーレ)

光の店長「…終わった?」

マヤ竜崎「ハイ、オワリマシタ」

どうやらミュートにしていたようだ。
さすが店長。とっさの危機管理能力である。

光の店長「使うなって言っただろうが」

マヤ竜崎「【第二回正義の刃ジャスティススラッシュ】は使うなと言われてません!」
子供の理屈である。

光の店長「チッ…」


しかしこのやり取りを光の副店長は余計気に入ったらしく

光の副店長「今回も決まりましたね!」

と絶賛してくれた。

マヤ竜崎(/grin)



かつてオッサンのオッサンダーに憧れ(?)た自分と
自分のジャスティススラッシュにハマってくれた副店長

もしかしたら将来、光の副店長も何かの必殺技を編み出し、それに憧れる人が現れるかもしれない。
想いと必殺技は受け継がれていく…。

----
光の店長からの説教タイム
Commentaires (2)

Meron Protonicos

Hades (Mana)

Mayaさんこんにちは!

必殺技の名前叫んじゃうの、いい意味で中二病こじらせ感があってステキですねぇ! ( * ´꒳`

自分もやってみたいぞ!ってなりまして、早くも技の名前を考え始めている始末!

ヤバいwww (*≧▽≦

Maya Ryuzaki

Ultima (Gaia)

>Meron Protonicos さん
ありがとうございます。必殺技を叫ぶのは古のマンガ・アニメから続いているのでDNAに刻まれているのかもしれませんね。
是非、自分に合った必殺技シャウトをホットバーに入れて繰り出して下さい。

早くも受け継がれている!!(感動)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles