Personnage

Personnage

Shimon Beya

Porteuse d'ombre

Ridill (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【遠隔DPS編】

Public
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【前書き】


(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【タンク、ヒーラー編】


(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【近接DPS編】

↓今ココ!↓
(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【遠隔DPS編】



※そもそもこの記事をどんな奴が書いているのか、
どういう意図や視点で書いているか、などはこちらを参照ください!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


【所感】

遠隔物理(レンジ)
吟遊詩人
 ・難易度:★★★☆☆
 ・プレイフィール:★★★☆☆
 ・総合オススメ度:★★★☆☆
 ・所感

  歌で味方を鼓舞するバッファー兼アタッカー。
  …でしたが、踊り子の登場に伴い最近は声量が落ちてバッファー性能はだいぶ落ち、
  現在は気持ちあると嬉しいなくらいのバフをばらまきつつ戦うアタッカー、というポジションです。
  ただ、バッファー性能は下がったものの、状態異常回復アビリティや
  被回復量を上げるアビリティなど、他のレンジジョブが持っていない
  ユニークな補助スキルも依然所持しています。
  吟遊詩人は2種類のDoTと3種類の歌(バフアビリティ)を切らさないように
  維持しつつ、かつこの時発生するランダムなアビリティのproc
  (クールダウン中の攻撃アビリティが即時使用可能になるのですぐに使用、など)
  を捌いていくのが基本的な立ち回りとなっていますが、このprocに
  対処していくためにある程度のアドリブ力が求められるため、
  他のジョブにはない特殊なスキルが要求されます。
  一方で、アドリブが多いという事は裏を返せば細かいスキル回しを事前に
  練習して確認することが他のジョブと比べて少ない
、とも言い換えることができ、
  そういった面ではある意味とっつきやすいジョブではあるかもしれません。
  ※もちろん全体の大きな流れを把握する必要はあるので、木人殴りによる
   練習を怠っていいという意味ではありません。
  アドリブ以外の面ではDoTと歌のバフを切らさない、というのが慣れるまで大変では
  ありますが、そこを乗り越えられれば意外とどうにかなるんじゃないかなと思います。
  レンジジョブの中で唯一解放条件がなく気軽に触れるため、とりあえず
  やってみるか、くらいの気軽さで始めてみてもいいジョブかなと思います。


機工士
 ・難易度:★★☆☆☆
 ・プレイフィール:★★★★★
 ・総合オススメ度:★★★★★
 ・所感

  …先に断っておくと、筆者のメインジョブであるため、
  機工士の評価、および所感については他ジョブ以上に個人の感想が含まれる点ご容赦ください。

  他のレンジ職がなんらかのパーティーシナジーを保有する中、
  機工士はそういった要素はほとんどなく、レンジジョブの中での純アタッカー、
  と言えるポジションに収まっています。
  機工士の基本的な立ち回りは単純で、独自ゲージの「ヒートゲージ」を溜め、
  これを消費して8秒間オーバーヒート状態へ移行、オーバーヒート状態中のみ使用可能な
  「ヒートブラスト」(以下HB)で殴る、といったもの。
  このHBが機工士の楽しさのキモで、どう楽しいかというと
  リキャストタイム1.5秒固定のウェポンスキルなんです。
  これは、別記事で紹介しているモンクが
  疾風迅雷スタックを4付与している時を遥かに上回る早さです。
  さらにHB使用時の追加効果として、
  2種類ある攻撃アビリティのリキャストが30秒短縮されます。
  この攻撃アビリティは単体か範囲かが違うだけで威力やリキャストタイムは
  同じ性能なのですが、リキャストタイムは60秒。つまり、オーバーヒート中は
  HB→アビ1→HB→アビ2→HB→アビ1→…
  といったクッソシンプルなスキル回し
  (一つのウェポンスキル連打することをスキル回しと言っていいのか疑問なところはありますが)
  物凄い手数で殴りまくることが出来る、というお手軽ジョブになっています。
  これに加えてドリルやエアアンカーといった単発高火力ウェポンスキルも所有。
  極めつけは最終的にロボットを召喚してパイルバンカーを撃たせることもできます。
  管理しなければいけない項目は一見多いですが各種ゲージの溜まりがそれほど早くなく、
  かつゲージ消費時の消費量が多いためある程度余裕があること、何より
  アビリティの数が少ないため上記のオーバーヒート中以外の操作量は大して多くないことから
  操作はかなり簡単な部類に入ると思います。
  欠点を挙げるとするなら蒼天編に入らなければ習得できないジョブであること、
  現状何のために存在しているのかわからない死にスキルの火炎放射などがありますが、
  それを差し置いてもお手軽かつスタイリッシュに決して低くない一定以上の火力を出せることから、
  個人的には全ジョブ中最もおすすめしたいジョブです。

踊り子
 ・難易度:★★☆☆☆
 ・プレイフィール:★★★☆☆
 ・総合オススメ度:★★★★☆
 ・所感

  ダンスで味方のテンションを上げ、自身は
  プ〇デターのレイザー・ディスクみたいなの投げつけて戦うバッファー兼アタッカー。
  最大の特徴は何と言っても豊富なバフスキル。「クローズドポジション」で
  ペアになった味方と自分を強化するアビリティや、パーティ全体の火力を
  底上げするアビリティでPTの火力支援を行います。侍はズッ友。
  他の代表的なバッファージョブとして占星術師が挙げられますが、あちらと違い
  踊り子の操作はとても簡単。ランダムproc要素があるものの
  スキル回しは非常にシンプルかつ、忙しさもありません。
  また、「アン・アヴァン」という最大3チャージされる移動スキルを持ち、
  これのおかげで立ち位置が他ジョブと比べて自由なレンジジョブということもあり、
  破格の移動ユーティリティを保有しているといっていいでしょう。
  ただし、踊り子の要である攻撃兼バフスキルの「スタンダードフィニッシュ」は、
  自分を中心として攻撃判定が発生します。このため、踊り子はレンジジョブであはあるものの
  他のレンジジョブよりも敵に近い立ち位置で戦う必要があります。
  また、踊り子は自身の攻撃スキルがprocするかどうかで
  大きく火力が上下する
という無視できない欠点を持っています。
  同様にランダムprocを処理するジョブとして吟遊詩人が挙げられますが、
  あちらの比ではないレベルで火力がぶれます。
  この要素が自身のハンドスキルでどうにかできる範疇を超えているため、やりこみだすと
  物足りなさを感じてくるかもしれません。
  とは言え上述の通り操作はシンプルで簡単なこと、範囲火力がずば抜けて優秀で
  レベリングも苦ではないため、試しに触ってみるのもありかなと思います。

遠隔魔法(キャスター)
黒魔道士
※冒険録使用ジョブ

 ・難易度:★★★★★
 ・プレイフィール:★☆☆☆☆
 ・総合オススメ度:★★☆☆☆
 ・所感

  侍と同じくシナジー一切なしの純アタッカー。我らが吉田P/Dのメインジョブとしても有名です。
  よく難しいジョブのひとつとして挙げられており、また実際難しいジョブなのですが
  スキル回しのメカニズム自体は実はシンプル
  MPが空になるまでMP消費量が増加する代わり、
  使用することで火力が上がるスタンスになるファイア系の魔法を連打、
  MPが空になったらMP自然回復量が増加するスタンスになるブリザド系の魔法を使用、
  この間DoT攻撃であるサンダー系の魔法を挟みつつMPが回復したら
  またファイア系の魔法を連打…が基本のループとなっています。
  では何が難しいのかというと、何と言っても足回りの悪さ
  上記のスタンスはその切り換えと維持に基本的に攻撃魔法を使用するのですが、
  相手の範囲攻撃を避けて魔法の詠唱を中断、そのままズルズル殴れずじまいで
  スタンスが切れてあばばばばばばという事が慣れるまで頻発します
  さらに上記のスキル回しはほぼ固定されており、これは裏を返すと一度スキル回しが
  崩れた時のリカバリーが難しい
ことを意味しています。
  個人的に致命的だったのはレベリングが苦痛だったことで、印象に残っている範囲だと
  ・基本のスキル回しがレベル帯によって大きく異なる
  ・イメージに反してレベリング段階では範囲火力が貧弱
   (レベル68で習得する「アンブラルハート効果アップ」でここはかなり改善されます)
  ・初動で火力が出にくいため、火力が出る頃には雑魚処理が終わっていることがしばしば
  …などが挙げられます。
  高難度においても、敵の行動のタイムラインを把握し、それを元に適切な立ち位置で、
  適切なタイミングでアビリティを使用しなければいけないため
  各種行動の組み立てが他ジョブよりも大変です。
  以上のようにあまりおすすめできないジョブではあるものの、しっかりと相手の行動を
  把握して捌くことができればその火力はトップクラス。
  何か一つ人と違うものを極めたい、という人には向いているかもしれません。


召喚士
 ・難易度:★☆☆☆☆
 ・プレイフィール:★★☆☆☆
 ・総合オススメ度:★★★★☆
 ・所感

  ちっちゃい蛮神やバハムート、フェニックスを召喚し、
  これらを使役して戦ういわゆるペットジョブ。
  …まず最初に結論だけ書いておくと、召喚士は
  5.25パッチ現在全DPSジョブ中で最もお手軽簡単最強ジョブです。
  あまりの強さからついたあだ名は召王
  王とまで呼ばれるのにはいくつもの理由があり、
  ・キャスターでありながら詠唱を必要とするスキルが非常に少ない(=足回りの自由が利く)
  ・フェニックス召喚中のリジェネでわずかではあるものの
   ヒーラーの回復を補助できる(=ヒーラーが殴る余裕ができる)
  ・スキル回しが比較的単純かつ、ちょっと失敗しても立て直しが容易
  ・なのに高火力(現状は黒魔道士に比肩しているといっても過言ではないと思います)
  ・蘇生持ち
  ・シナジースキル持ち
  …と、逆に何ができないんですかと聞きたくなる性能をしています。  
  しかし、叩かれるのを承知で書きますが筆者は現状の召喚士があまり好きではありません
  ひとつは上記の高性能さゆえだと思うのですが、
  かなりいい加減なスキル回しでそれなりの火力が出せてしまいます。
  まぁ多分悪いことではないのですが、何と言うか光ってるボタンを
  ただポチポチ押してたら火力が出ましたという感じが強く、
  スキル回しをしている楽しさをあまり感じられません
  また、ペットへの攻撃命令のレスポンスがあまりよくありません
  攻撃スキルの中にはペットに攻撃を命令する「エギアサルト」があるのですが、
  これを使用して実際に攻撃するまでにラグがあったりなかったりせず地味にストレスです。
  以上の理由から使ってて楽しいか?と聞かれるとうーん…という感じなのですが、
  バハやフェニの攻撃は派手でなかなか見応えはありますし、簡単かつ雑に強いジョブであるため
  おススメできるかどうかと聞かれればオススメはできます
  ただ、ネトゲの常ではありますが往々にして出る杭は打たれるものです。
  今後弱体化が入ることも考えられますので、その点はご注意ください。

赤魔道士
 ・難易度:★★☆☆☆
 ・プレイフィール:★★★☆☆
 ・総合オススメ度:★★★★☆
 ・所感

  魔法職でありながらレイピアを手に戦うジョブ。DS版FF3ではお世話になりました。
  詠唱時間のある魔法を使用すると次に発動する魔法の詠唱をなくすことが出来る
  連続魔という独自のパッシブを持ち、これを利用して詠唱時間の短い攻撃魔法を使用後、
  詠唱時間の長い高威力の魔法を使用していきます。
  また、この魔法を使用するごとに蓄積されるブラックマナ、ホワイトマナが
  一定量まで溜まったら接近し、これらを消費し近接コンボを叩き込む、というのが
  赤魔道士のスキル回しの基本となります。
  上記のスキル回しはジョブ習得時のスタートレベルである50時点で完成しており
  そもそものスキル回し自体も単純なため、初心者でも簡単に一定以上の火力を出すことが出来ます
  また、連続魔の性質上詠唱で足を止める頻度も少ないため、
  キャスターでありながら足回りも比較的自由です。
  このようにカジュアルに触る分にはかなり優秀な赤魔道士なのですが、
  いざやりこもうとすると色々と欠点が見えてきます。
  まず、踊り子や詩人同様ランダムprocのスキルが存在するため、
  これに火力を少なからず左右されます。
  また、「エンボルデン」という優秀なシナジースキルを保有していますが、高難度等で
  開幕のスキル回しにこれを組み込もうとした場合、味方の最大火力を出すタイミングで
  これを使用しようとすると自分自身のバーストと嚙み合わず、もやもやすることになります。
  さらに、攻撃兼移動アビリティの「デプラスマン」を使用するとものすっごい勢いで後退するため、
  ステージ範囲が決まっているコンテンツであればそのまま場外退場したり、
  着地先に発生していたAoEを踏み死亡、なんてことがよくあります。
  一応デプラスマンとリキャストを共有し、後退せず攻撃だけを行う「アンガジェマン」が
  ありますが、若干アンガジェマンのほうが威力が低いため、やりこもうとすると
  どうしてもデプラスマンを使わなければいけません。
  まとめると、70点くらい出すのは簡単だし楽なんだけど
  それ以上詰めようとすると途端に難しくなる、赤魔道士はそんなジョブです。
  とは言え軽く触る分にはお手軽なので、オススメはしやすいかなと思います。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【前書き】


(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【タンク、ヒーラー編】


(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【近接DPS編】

↓今ココ!↓
(冒険録の力借りたけど)全ジョブカンストしたから各ジョブの所感書いてみた【遠隔DPS編】
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles