Personnages

Personnage

Tau Micrya

Ridill [Gaia]

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

Profil

Afficher les attributs

Race / Ethnie / Sexe

Miqo'te
Tribu de la Lune / ♀

Date de naissance

17e soleil de la 4e lune ombrale

Divinité

Azeyma, la Gardienne

Cité de départ

Ul'dah

Grande compagnie

Le Maelstrom / Capitaine

Compagnie libre

LaNea

Équipe JcJ

choucream

Caractéristiques

Force213
Dextérité411
Vitalité2574
Intelligence410
Esprit2734

Attributs offensifs

Critique2279
Détermination1722
Coups nets1024

Attributs défensifs

Défense1838
Défense magique3212

Attributs physiques

Attaque213
Vivacité400

Attributs magiques

Magie offensive2734
Magie curative2734
Célérité826

Rôle

Ténacité400
Piété481

Niveau 90

  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 70
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • 90
  • PV

    56221
  • PM

    10000

Présentation

こんにちは!たうです。

一応、メインジョブは白魔導士をしています。
少人数ですが、フリーカンパニー:FC LaNea のマスターなんて事もしています。
始めたばかりの不慣れな初心者さんを歓迎しますので、興味があったら連絡してね。

フリートライアルでこの地に降り立ったのは、2017年9月23日かな?当時は紅蓮時代。
RPGは剣を持たないとだろう、という事で、元はウルダハの剣使いで始めました。
剣術士から始めた都合上ウルダハスタートなのですが、私は海のあるリムサ・ロミンサに憧れてココに来ました。

ゲーム内で一番最初に出来たフレは、サスタシャ前で土下座エモートを繰り返して、初見攻略パーティを募っていた方でした。その方は多分、キーボードが付いていなかったんでしょうね。その時私もサスタシャ前で迷っていた一人でした。でもその時は、出来上がったパーティのロール構成ではサスタシャに入る事が出来なくてね、そして止むを得ず解散でした。

その後、私はまだフリートライアル中でしたので、自分からパーティを募集する事が出来ず、仕方なくそのままCF(コンテンツファインダ)から入ったのですよ。すると、目の前には説明画面が出てくるし、チャットログには「どうしたの?」「大丈夫?」と入ってくる。説明を読まなきゃいけないのに、返事もしなくちゃいけない、私はどう進めたらいいの?と、ろくに返事も返せずに、私はそこからパニックに陥りました。ジャンプして誘導してくれているようなので、とにかくそっちに行きましたが、道中でも新たなウィンドウが開くわけです。既に始まっている戦闘に参加する形で進めましたが、そんな状態でロールの役割なんて全う出来るはずもなく、初のダンジョンは良く分からないまま終わってしまい、出口前でポツンと独り取り残される、自分にとっては最悪の結末でした。

落ち込んだ私は、そこからはネタバレ覚悟で情報を検索したのですけど、当時は「予習しろ、ムービーは宿屋で見ろ。」という話が、ロドスト(LodeStone)の日記でも多かったですね。それを知り、私も予習をするようになりました。
(2018年1月30日パッチ4.2以降のノーマルコンテンツでは、ムービーを観る事や初見未予習に理解が示される様になりました。)

でも今思うとね、そうした落ち込みは、私が自分で勝手に抱いていた「うまくやれるはず」という妄想が、現実とは合わなかった、ただそれだけの事なんですよ。自分の勝手な思い込みなわけです。私はこのFF14が、こんなに情報収集と研究が必要なゲームだとは思っていなかったのですよ。でも、PCゲームとして考えれば、そんなもんなんですよね?やっぱり。

だからと言って、初見で上手く立ち回る事なんて誰も要求していない
サスタシャが本番なわけじゃない。必要な事を順に覚える為の、最初のダンジョンなだけなんですよね。
知らない、出来ない自分を受け入れて、やれる事だけやれば良かったのですよ。
そして、「聞いて、感じて、考えて」ですか。なるほどです。

(攻略:Lv1~30 初めてのFF14、進め方が分かりません。 👉FF14公式マニュアルがあります!)

そして、怖いと感じていたCFも、まぁ確かに良い人ばかりではないけれど、自己中心的な人は本当に極一部です。基本的には「前向きに頑張ろうとしてくれている人」には、優しい目で見てくれる人が多いのですよ。「ごめんなさい」よりも「ありがとう」ですね。ただ、どうしても短時間で素早く相手に伝えようとする為に、短文チャットで返すから、冷たく見えてしまうのです。

そんな事に気付くまで、私はかなり遠回りをしたと思うのですが、その甲斐もあって、今では初見未予習でしかあり得ない、導入直後のコンテンツを、どんな倒され方をするのだろうと、ワクワクしながらCF申請出来るようになりました。相変わらず覚えるのには時間がかかります。同じパーティになった方には感謝しています。

でも、私が最初に出会ったフレの事、私は今でも忘れていないです。残念ながら、3つのダンジョンをこなしたあたりくらいで、そのフレの名前はグレーアウトを続けたままになりました。この世界にはキーボードが付いていない人だって訪れています。難易度が高くなる程に、対話の必要性に迫られるので、いつかはキーボードも導入すべきだとは思います。しかし、せめてLv35くらいまでは、キーボードがない人もいる事を考慮して欲しいなぁと思うし、その後でも、チャットに不自由している人がいるという事を、もっとみんなに理解して欲しいなぁとは思ったりです。

さて、元は剣術士・ナイトで始めた私でしたが、途中でフレにナイトがやりたいって言われましてね。「じゃあ私は白魔導士をやるよ、途中で投げ出さないでよ?」なんて事を切っ掛けに、以降メインは白をしています。今になってみれば、回復も出来て攻撃も出来る、でもひとつ間違えばHPが消し飛ぶ、そんな白が一番好きなんですよねぇ。

PCでインしていますけど、スティックがないとゲームをしている気がしない人なので、ゲームコントローラを使っています。現在メインで使用しているコントローラはDS4(DUALSHOCK4)です。

一度には無理だろうけど、徐々に、ゲーム内で出来る事はとにかく何でもやってみたい。
アレもコレもゲームとして楽しめたらと思っています。
平日は20~24時くらい、休日は予定が無ければ入っていると思います。

私が居て、あなたが居る。そしてそれは、私がココに来る理由になります。

ではでは、よろしくです!


           たう みくりあ (@Tau_Ridill)








[ff14lca_tqs9dkei]

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles