Personnage

Personnage

Helenzur Halberd

Belias (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 1

ヒール基礎:ヒーラーとしての仕事

Public
ヒーラーの皆さんこんばんは、この記事はヒールの基礎で
最も大事なこと、

ヒーラーとしてのヒールの組み方、その考え方を考察します。



皆さん、ヒーラーというのは
「ダメージを受けたら回復をするロール」
という認識をもっていられますでしょうか?
その通り、なにも間違っていません。
「コンテンツにおいてクリアに導くために回復をする」
PTの状態を維持する大事なことです。




●基本的なダメージへの対応
次のようなケースを想像してみてください。

A:全体ダメージ(HP60%相当)
B:全体ダメージ(HP60%相当)


Aのダメージを放置すると、Bのダメージで死んでしまいますよね?

AB合計ダメージは、HPの120%相当となります。

この時、ヒーラーとしての仕事だとどうするべきなのでしょうか?

答えは、Aのあと
しっかりとヒールをしPTを万全にする

ちなみに(自然回復の話)
戦闘中の自然回復は徐々に行われますが、
基本的に8~9割程度までは戻す、そこからは追加で
バリヒラが、バリア+回復魔法を使用したりし、次に備える


もちろん!
ヒールをして手空きになる状態は必ずおとずれます!
しっかりとPTの維持をし、大丈夫!!っと思える状態ならば、
自分もモンスターへ攻撃し、コンテンツクリアに向けてやっつけましょう!
過剰な攻撃により、ヒールがおろそかになってしまっては元も子もありません!
相方ヒーラーがいる場合お互いをしっかりフォローしあっていきましょう!



いかがでしょう?
Aのダメージに対して、アビリティだけしておけば
別に死ぬことはない、問題はない、それよりも火力を出すべきだっという方もいらっしゃいますよね?

それはそれで構いません

いわゆる絶コンテンツや、零式初週攻略など、
ハイエンド、難解コンテンツ一筋縄ではいかないのは明白です。
そういったところではそういうプレイもしていかなければなりません。
同じ意識、しっかりとしたコミュニケーション、事前の打ち合わせ等
こうしたプレイ環境が整った状態であれば、それは素晴らしい成果を生むことでしょう。

ですが、



●HPが減った状態で待つタンク、DPS
ここで着目してほしいのは、ヒーラー以外のメンバーたちの気持ちです。
ABには30秒の猶予があります。
つまり、残ったメンバーはHPが半分近く消費した状態でしばらく放置されることになります。
そうなったときの
タンク「ん?回復されない?大変なのか?バフを消費するか」
DPS「ん?回復がこない・・自己回復しとくか一応・・」
っとなってしまわないでしょうか・・?(っというより自分がそう思うタイプ


ヒーラーはヒールスキルをどのタイミングで使うか、
どうせリキャストでアサイズが戻ってくるからそこで回復すれば間に合う
っというのはわかっているのは本人だけです。
周りからすれば、戻らないHPと、次の大ダメージに気が気でありません。
ダメージを受けたら、まず回復をし、PTを維持できたらそれから攻撃をしていく
「リキャストを待って回復で余裕、どうせ死なないから回復の必要はない」という考えだと
そのヒーラーさんの思考によって、周りのメンバーが振り回されてしまいます。


ヒーラーとして一番注意を払わなければならないのはこのケースであれば、
全体ダメージBの前にしっかりとPTを万全にする。
それまでにちょこちょこある
ギミックなどで万が一にDPSさんが欲張ってしまって被弾したりしたとしても
しっかりと余裕をもって安全ラインまで戻してあげられるかどうか
になります。


基本的にはこの考え方がヒーラーとしての全ての基本です。
コンテンツによって状況は変わってくるでしょうが、
・PTのステータスを万全に保つ
・それが満足いく状態であるならば攻撃していく
・PTメンバーの立ち位置
これらは大事なことです。




長くなってきました。
最後に繰り返しお伝えしますが、
回復はギリギリで火力を優先する
というのはコンテンツによっては必須になる場合もあり
臨機応変な対応をしなければならないということです。

ちなみに自分は零式4層まで終わりましたが、上記で解説した回復重視のスタイルです。
「火力を出すように!」っと明確に指示されたことはたしか
はっきりと覚えているのは1回、もう1回あったかな?ないかな?程度です。
火力が不足している場合はDPSさんに頑張っていただきましょう。
わずか1%が複数回続く・・っというのならシナジーを合わせて、
ヒラも火力を出していく臨機応変な対応をしていきましょう!



逆に「ヒール厚くて助かりました!」っとフレになっていただいたり
褒めていただけることは数多くありました。
こいうとき、とても良い気持ちですよね。
また次の機会も頑張ろう!っと励みになります。




最近のヒーラーに対するアレコレについて書きました。
皆さんはどう思いますか?




*この日記はパロディです
Commentaires (1)

Colo Sco

Belias (Mana)

タンクでもヒーラーでもDPSでも、それぞれが楽しく遊べていれば何でもOK派でっす。

ただ、予習等情報を入れすぎると「攻撃もしっかりしなきゃ!」と意識し過ぎて、
結果的に回復を怠ってしまうのは残念だなとは感じます。
そういう時って相方のヒーラーに負担が多く、「お前DPSかーい!」って突っ込みたくなりますねw

なにはともあれ、へたれタンクの私を落とさなければ全て許せます!
バコバコ被弾するけど許してクレメンシー!
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles