Personnage

Personnage

Mafty Naveyu-erin

Dragon céleste

Chocobo (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

第七霊災の真実

Public
ルナツーとダラガブを占拠したネオ・ジオンは、ルナツーに貯蔵されていた核兵器をダラガブに移送し、ダラガブの核パルスエンジンに点火しエオルゼアへの落下コースに乗せる。

シャアの真の意図は、ダラガブ落下と地表付近での核爆発により核の冬を引き起こし、地球連邦政府もろともエオルゼアを汚染し続けるアースノイドを根絶させようというものだった。また、エオルゼアを人間が住めない場所にすることでエオルゼアへの固執を排除し、人類全てを宇宙で生活させてジオン・ダイクンの提唱したニュータイプへと導こうとした。

しかし、アムロのνガンダムを筆頭とする光の戦士達の奮闘によって、多大な犠牲を払いながらもダラガブを護衛するネオ・ジオンの戦力を撃破し、ダラガブ落下はまさに大気圏に突入し始めたところで食い止められ、地球連邦軍の勝利に終わった。

この時ダラガブは、もはや阻止不可能と見えるほどにエオルゼアに接近しており、その巨大な影が地表から目視できるほどであった。しかしアムロは「νガンダム(超える力)は伊達じゃない。こんな石コロ一つ如き」と、これを押し戻そうという蛮勇を振るった。その上、命令が出たわけでもないにも関わらず、周辺空域を警戒していた連邦軍の艦隊が引きつけられるようにダラガブに集結する。多数の光の戦士達のみならず、ダラガブを落とすために戦っていたネオ・ジオン兵までが「ロンド・ベルだけにいい思いはさせない」「エオルゼアが駄目になるかどうかなんだ、やってみる価値はある」とアムロの行動に同調し、敵同士のはずの双方が死を覚悟しながらダラガブ落下阻止に尽力するという奇跡的な事態となった。さらに、突如としてサイコフレームから発せられた“虹色の光”が、ダラガブのみならずエオルゼア全体を覆うほどのオーロラへと拡大し、その超常的な力でダラガブはエオルゼアへの軌道を離れていった。アムロが起こしたこの奇跡とも呼べる現象は、後に「ダラガブ・ショック」と命名されている[2]。このとき観測・確認された“虹色の光”の正体はその後の調査でも判明せず、謎とされる。一説にはνガンダムのサイコフレームがアムロを依り代として地球圏に暮らす人々の「無意識の祈り」を増幅・具現化して未曾有のサイコ・フィールドを生み出した、もしくはサイコミュに共鳴したミノフスキー粒子の幕がミノフスキークラフトのような役割を果たしたと言われる。

シャアの目的の中には、一年戦争以来のライバルであるアムロとの因縁の決着を付けることもあったと言われる。ただし戦争終結と共にシャア、アムロ両名とも消息不明となっており、真偽は定かではない。ネオ・ジオンの残存艦隊は撤退し、サイド6宙域の資源衛星パラオに潜伏した。

この戦争の終結をもって地球圏は束の間の平穏を得た。だが、仮想敵が消滅することで発言力を失うことを恐れた連邦軍や軍事族議員は、ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の存在を敢えて見逃す。また、事実上の独裁体制となったことでマフティー・ナビーユ・エリンなどといった反政府勢力が出現し続け、連邦軍による掃討活動は長期にわたって継続された。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles