Personnage

Personnage

Salt Kunell

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

物欲まみれの極チャレンジ

Public

先日、FCにて「極ツクヨミ討滅戦」に行ってまいりました。無論制限解除ですわ。相変わらず、新月満月のギミックは復習したにも関わらず、やはり失敗して戦闘不能に陥っておりました。ノーマルも苦手ですが、極は即死になるのでもっと嫌ですね。(笑)それでもクリアフラグ欲しい、マウント欲しい、譜面や家具も欲しい。かと言って、野良の周回募集に乗るには練度が足りない。FCメンバーで行くから付いて行っているようなもので。惨憺たる動きで猛省しとります。そんなこんなで笛ゲット!(ヒャッハー!!!)


その後、同じくFCメンバーにて白虎と青龍と周りましてね。気付いたのですわ。

ーー今のILであれば、白虎と青龍は、ごり押しでクリア出来るぞ!!!(キシシシシシ)

結果、募集をチラ見しつつ鼻をひくひくさせ、見つければ即座に入り、白虎と青龍の笛ゲットと相成りました。

※個人的な意見です
Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
私の考える「周回」は、ギミック処理が出来る前提でおります。いきなり初見、ましてや未予習で「周回PT」に入るのはお門違いだと考えております。何故なら「周回」には「スムーズな進行」も含まれているからです。中にはミスしてしまうこともございます。それも「どこで間違えたか」が話せてこそと考えております。その為、自身が「周回PT」に参加する時は、ある程度のギミック認識をした上で無いと入りません。

募集PTに参加しておりますと「明らかにコイツ分かってないな…」と思われる方にぶち当たります。しかしそれは、私が募集したPTでも無いので黙っております。リスタートすることはあっても、大抵クリア出来ますしね。「周回PT」における、それぞれの考え方があることが伺えます。

「そこまで言うなら、自分で募集すればいいのに」と思われる方もいらっしゃるでしょうね。(笑)私、とんでもない効率厨なのですわ。しかも、自分棚上げと来たもんだ。相当質悪いですよ。それこそ「明らかにギミックを知らない動き」をされるとイラっとします。何なら火力が出ておらず、余計なフェーズを挟んだりすると「ッチ」と舌打ちし兼ねません。そしてその棘は、間違いなく私自身を刺します。誰かの募集であれば、その方の基準に則って行われます。例え「周回PT」に「初見未予習」「ギミックが分かっていない動き」をされたとしても、イラッとしたところで私がどうこう言うのはお門違いですからね。そういった意味合いでもコンテンツとの距離を考えると、私は募集しません。相手にウキーッとなるほど、自分の練度が上がってるとも思えませんしね。(笑)

尚、極チャレンジと申しましても、70迄ですわ。さすがに漆黒の極は対応出来そうにない(そこまで頑張れる自信がない)ですからね。


さて、ここに来て残るは朱雀となりました。スサノオ、ラクシュミ、神龍は、モグコレで済。物欲でしか極チャレンジしない私が九尾をゲット出来る???そもそも朱雀自体、ノーマルコンテンツでも当たると嫌な汗の出る征魂戦です。

私の極チャレンジの流れはこんな感じです。

1.動画でギミック確認
2.クロ手帳の募集に参加(一回だから)
3.ギミック処理が出来そうならば周回に切り替え。自信が無い時はクロ手帳募集か、初見◯の緩め募集に参加
4.ギミック処理に自信がついたら、周回に切り替え

\\しかし、笛は出ない!//

お恥ずかしい事に、動画を見ても、鳥ギミックがよく分からなくてですね。マーカーのついたDPSが一羽づつに範囲当てるアレですわ。何とか、ヒラ枠を見つけては入るを繰り返し、要領を得、次いでDPSにて入るを繰り返して、理解致しました。中々笛が出なかったこともありますが、ロット勝ち出来なかったことも幸い(?)でした。(笑)
もっとすごいのは、極にて四色床の爆発ギミックのからくりを知りました。ある意味、極チャレンジしてよかったなぁと思っとります。「あんたねぇええええ」とブチ切れられそうですが、ノーマルだと周りに付いて行ってれば何とかなってたんですもの。極でも被弾はしましたけども、ギミックを知ってるのと知らないのとでは全然違います。

そんなこんなで、九尾ゲット!よくやった私。偉いぞ私!!!(一人スタンディングオベーション)


次の目標は「極リオレウス」チャレンジ、題して「王と、頂きにて眠る」と洒落込みたいところですね。しかし、私自身がノーマルすら危うい状態にございまして…。鱗10個持ってたんで、5回は行ってんですよ。でも、さっぱり分かってない。ここに来て、リオレウスくんはランタゲで、範囲が表示されないことを知る体たらくですわ。それでも、一応5回は行ってr(笑)

先ずはノーマルにて自信をつけて、極も追々行ってみたいなぁということを、ここに残しておこうかと存じます。プーギーリオレウスホイッスルオーケストリオン譜:英雄の証も欲しい!そう言いつつも、あっさり見切りをつけ「あーやめやめ、やっぱ無理!はい、解ッ散!」も大いに考えられる事案にございます。また何かしらのご報告が出来ればと存じます。本日もお付き合い頂きまして、ありがとうございました。



**********
基本「楽してクリア」が大好きです!難易度とか達成感とか求めておらず、「アイテムほしい」で動いております。(笑)その為、分相応な範囲しか手を出したくありません。

参照タグ:プレイスタイル



Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles