Personnage

Personnage

Woder Wonder

Hades (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 3

隠忍自重 NIN73-76 頭の体操……忍者は大変

Public
忍者Lv.72で覚える「命水」。
早速、水遁→命水→だまし討ち……と回していました。

「あれ、だまし討ち……入ってる?」

と言うわけで、水遁の術効果を勘違いしていたことに気がついたわけです。(Lv.75まで気がつかずに運用)

「水遁の術効果:隠れていなくても「かくれる」を発動条件とするアクションを1回だけ実行することができる。」

ちゃんとジョブガイドに「1回だけ」書いてあるわけですが……見落としました。

と言うわけで、水遁の出番が多くなりました。

・命水のリキャストが回っているとき
  水遁→命水(忍気50up)

・天地人:活殺自在が戻ってきているとき
  天地人(水遁)→だまし討ち→活殺自在→夢幻三段→終撃→雷遁→六道

・天地人は戻っていないが活殺自在が戻っているとき
  水遁→だまし討ち→ 活殺自在→夢幻三段→終撃→雷遁→六道

うーん。このほかにも出番を作らなくてはならないのかもしれませんが……しばらくは、これで行きます。

目まぐるしくあちこちチェックが必要……。

ぶひ〜!
Commentaires (3)

Libre Vent

Hades (Mana)

いつも拝見してます
忍者のスキル回しですが
天地人 と 名水 は共に120秒
だまし討ち と 活殺自在 と 無幻三段 と 影牙 の4つが共に60秒
ですので同じリキャスト同士をセットで覚えておくとやりやすいです

天地人で打てる忍術3つの合計は高いので、できればだまし中に天地人するのがおすすめです

なので基本的には
水遁→活殺→WS→だまし→無幻→影牙→終撃(→六道)→※雷遁→…

天地人が打てる時は
水遁→活殺→WS→だまし→無幻→影牙→終撃(→六道)→※雷遁→天地人→名水→雷遁orWS→六道→…

「…」以降はWSコンボ続けたり雷遁打ったり
※の付いてる雷遁はLv76以降は氷晶乱流の術になります(なので結ぶ印も少し変わります
(→六道)は忍気貯まっていればです

順番は
・活殺の後にだまし
・だましの後に無幻影牙と活殺効果の忍術
・打てる時はだまし中に天地人名水のセットも
の3つのポイントさえ押さえればあとは順番は適当(忘れがちですが活殺効果中は天地人不可なので忍術打って効果消す)

という感じで1分毎に忙しいですが、その忙しさもほぼ決まったルートなので忍者は楽しいジョブです!

Woder Wonder

Hades (Mana)

Libreさんコメントありがとうございます。

勉強になります!
いろいろ試してみます水遁の後、待ちきれずに「だまし討ち」を入れてしまいます。

タイミングが悪いと、AoE対応でグダグダになってしまい「あ〜〜」となってしまうことが多いのです。

ジョブガイドをさらに読み込んでみます。

修行に励みます!

Woder Wonder

Hades (Mana)

何とか、改造してみました。

嫌らしいのは「天地人」は、「活殺自在」中は唱えられないということ。

▼天地人
水遁→だまし討ち→【天地人(水遁)→命水】→影牙→ぶんどる→夢幻三段→終撃→六道

▼活殺自在
水遁→【活殺自在】→だまし討ち→影牙→ぶんどる→夢幻三段→終撃→【忍術】→六道

とりあえず……これをやってみます。
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles