Personnage

Personnage

Flora Rosebay

Shinryu (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

チラ裏のどうでもよい事

Public
こんにちは花ちゃんです。

こんな時間になぜ日記を書けるかって?
そりゃ多分女子高生だからですよ。

シツギョウチュウデス

学校はどうしたって?
そりゃコロナでオンライン授業とか春休みとかだな!

1月カラ働イテイマセン

ま、あたしも授業サボれるような性格だったら、
もう少し人生も違ってたかもしれないけどね。

モウ50社クライ落トサレテマス。タスケテ!


それはともかく、
最近ちょっとくだらん事を考える機会がありまして。
以下、偏見に満ちた不愉快でうざい話なので、嫌な思いをしたくない人はブラウザの戻るをクリックで。


↓↓↓























【正義】って何ですか?

ぶっちゃけ日本人には、正義の概念が無いと思っております。
あるのはモラルの概念ね。
でも社会的規範(モラル)って今の日本では、

『ムカつく俺サマの最大公約数』

なんだよね残念ながら。

以前に電車の優先席で携帯電話を使っていた若い娘(それもどうかと思うが)が
おじいちゃんに怒鳴られていたよ。
「私はペースメーカーを入れてるんだ!殺す気か!」って。
大勢の前で殺人鬼呼ばわりされて怒鳴られて、
その子は泣きながら電車を降りて行ったよ。

でもその後でニッカポッカ履いた若い兄ちゃんが乗ってきて、
おじいちゃんの隣でケータイを使いだした。
じいちゃん、何にも言わねえでやんの(笑)
命にかかわるのなら離れりゃいいのに、それもしない。

それでわかっちゃった。ペースメーカー入れてるってウソだよね。
ケータイ使っている人間を見ると自分がムカつくから、弱そうな若い娘を餌食にしただけだよね。
Hワードを使って相手を悪役にして、一方的に他人を罵ってみたかっただけなんだよね。
そりゃ若くて強そうなお兄ちゃんには、ケンカ売ったりできないよね。

これが『社会的規範』
他宗教の信者がムカつくコンセンサスがある社会では、宗教虐殺も正当化されるってやつ。
この『ムカつく他人』のムカつきポイントに引っかからないよう、
他人の顔色をうかがいながら息をひそめて生きているのが日本人なんじゃないかな。
SNSに縛られる今の若い子なんか、本当に不憫だと思うよ。四六時中、他人のご機嫌を損ねないように気を配ってなきゃいけないなんてさ。

でもそれは、『正義』じゃあないよね?
そこを混同しているから、『正義を疑え』なんて話が出てくるんじゃないの?

プラトンやアリストテレスが何と言ったかはともかく、
私は正義とは、

『私が私らしく生きる権利』

だと思っています。

だからサンデルが言うような、五人のために一人を殺すか、というのを
あたしは正義とは認めない。
たとえ五人を救うために一人を殺したとしても、その一人の命を奪い、
その罪を背負って一生苦しまなくてはいけない人がいる時点で、
『私が私らしく生きる権利』を侵害しているので、設問自体が不正義なんだ。
『六人全員の命を救う』以外に、正義というものは存在しない。

だけどそもそも正義の存在しない国民に対して、正義についての議論が成立したのかな。
ずいぶん前に来日してどっかの大学で特別授業を行ってたみたいだけど。

この正義の概念自体は、強者が乱立する社会において成立する。
つまり『私が私らしく生きる権利』を踏みにじろうとする強者に対し、異議申し立てができる同等の強者が必要ということ。
だから強者に弱者が付き従って巨大帝国を形成しがちなアジア社会では、そもそも生まれるはずもないものだよね。
地域コミュニティのレベルで、「あいつの考えは気に食わねえ」「ムカつく」というのをお互いに正義呼ばわりしていたら、そりゃ『正義を疑え』って話にもなるわな。
ただ、去年ビールのCMで得意げに語っていた兄ちゃんなんかは、「あーはいはい、厨二病ね」と言いたくなるほどガキっぽかったが。大人エレベーター?冗談でしょ。

ということをつらつらと考えていたのは、
『強くてニューゲーム』で、新生エオルゼアからやり直しておってだな。
実装当時は気づかんかったが、
リムサがロミンサしたような国のチチがデカイ女ボスが

「生きるための正義」

ってセリフを言ってるんですよね。
いやー、ビックリしたわー。
『正義を疑え』『正義こそが悪、悪こそ正義』と言いがちな日本のサブカルチャーにおいて、正義がまともに語られるのって珍しいんじゃないの。まあそれでも『人それぞれに正義がある』と語られがちなシチュエーションから脱却できてるわけではないが。
そのうえで最近、コボルド族との謝罪と和解の道を模索し始めたルガ姐さんは、『コボルドがコボルドらしく生きる権利』に目を向けた時点で確かに正義には違いないよね。

がんばれよ、ルガ姐さん!

アタシモ頑張ラナキャヤバイ死ヌ・・・・・・

あ、別に意見とか求めているわけじゃないんで(笑)
反論とか要らないです。チラ裏なんで。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles