Personnage

Personnage

Kalula Liessfeldt

Asura (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

【零式初心者支援】零式へ挑むためのアレコレ:白魔道士編 中級【三回】

Public
#初めに
おはよう御座います、こんにちは、こんばんは。どうも、Kalula(カルラ)です
零式に挑みたいけど、挑んだけど、いまいち良く分からない、と言うかた向けのものです
尚、主観や個人的な意見も含まれます
故に、全部が正解な訳でもありませんので、一個人の意見として取り入れて下さい

此方が初めての方は、
【零式初心者支援】零式へ挑むためのアレコレ:白魔道士編 初級【二回】
を先にお読み頂いてから、初級編二回を読んで頂いた方が宜しいかと思います
では、前置きが長くなりましたが、最後までお付き合い下さると嬉しいです!



#ヒールワークについて
慣れるまでは、行き当たりばったりでヒールをしていることが多いと思います
ですが、痛い箇所や、必ず確定で入れるヒール、と言うものはやっている内に出て来ると思います
決め打ちや固定で、必ず回すヒールをヒールワークと言います
全体には確定でインゲンを入れてラプチャーを入れる、とかそう言うことですね
臨機応変が練習中は多いですが、クリア間近になればある程度は固定化されると思います
そして、徐々に要らないヒールは省き、必要な分だけを回すことこそ、ヒールワークと言えるでしょう
最初は自分では組み立てられないとは思いますので、同じ白魔導士のメインのかたに聞いたり、動画を見たりの研究で学びましょう
私自身、自分で組めるようになるまでは、色々な方のヒールワークを見て、自分が回し易いものをチョイスしたり、思考錯誤したりしておりました
最初から誰しも出来はしないので、ヒールワーク自体は研究する事によって身に付くものだと思っております
なので、今は出来なくとも、その内出来る様になると思いますので、諦めずにやりましょう


#オーバーヒールについて
言葉通りのことですね
簡単に言えば、体力満タンなのに、メディカを入れたりとか、必要のないヒールのことになります
最初はオーバー気味でも良いのですが、上記に書いた通り、ヒールワークを組む上で必要になることになります
まぁ、必要のないヒールをして、MPを余分に使って、必要な時にヒールが出来ない、とか意味がありませんからね
相方との兼ね合いもあるので、全く無くせ、と言うものでは無く、見るからに要らないヒールは減らして行きましょう
慣れて来れば、これだけ入れれば、あとは自動回復する、や、この前までに戻せば大丈夫、と言うのも分かって来ると思います
まずは、要らないヒールを減らす事から心掛けて行きましょう


#デバフ関係
デバフには二種類あり、エスナで消せるものと、消せないものがあります
見分け方は、初心者の館にヒラで行けば教えてくれるとは思いますが、此処でもご説明致しますね
デバフアイコンの上に、青い横棒があるか無いか、の違いです
青い横棒がある場合はエスナで消えるデバフ、逆に青い横棒が無い場合は消せないものとなっております
なので、消せる消せないはそこで確認が出来ますので、焦らずに見ましょう
そして慣れて来たら、自分や味方のデバフ欄を見れる様にしましょう
デバフが付いている、と言う事は、余計にダメージを食らったりする可能性があります
その認識が出来て居れば、ヒールも早く出来ますし、対処も出来ると思います
パソコンのかたは、全てに言えるのですが、デバフやバフアイコンの上にマウスカーソルを乗せると説明が出て来ます
何と無く気になったら、マウスカーソルを乗せて説明を読んでみるのも良いでしょう
私自身、初めて見るデバフなどは説明を見る様にしております
出来れば、デバフのアイコンと、どう言う状態にされるのか、と言うのも覚えておくと良いですね
リジェネだけ入れておけば大丈夫、とか、ケアルラ連打しなきゃ駄目、とか、そう言う判断が出来ます
超痛い、ドットデバフは覚えておいて損はありません、極でも零式でも、見た目は一緒の事が多いです
徐々にで構いませんので、少しだけでも意識してみると変わると思います


#攻撃について
ヒールに慣れて来ると、暇だなぁ、って思う時が来ると思います
その時こそ、ヒラでも殴る時なのです
ヒラの攻撃も馬鹿にはなりません、初回攻略ではヒラでも火力を出さなければ駄目な場面も多々あります
出来れば、棒立ちはやめましょう
ヒールが要らない部分は殴る、キャラが棒立ちにならない様に動く様に回しましょう
ただし、攻撃に夢中になり過ぎて、味方を落とす、タンクを落とす、と言う事が無い範囲で、最初はゆっくりで構いません
それこそ、ヒールワークが組めるようになってくれば、自ずと、攻撃出来る場所が分かる筈です
攻撃のスキル回しも白魔導士は簡単な方ではあるので、先輩方に聞いてみても良いと思います
基本的に開幕はそれなりに殴って居られるので、開幕のスキル回しだけ教えて貰ったら良いと思います
あとは諸注意とかも聞いておいて損は無いと思いますよ


#木人討伐戦について
DPSをやっていないかたは開放して居ないかも知れませんが、一応開放しておきましょう
スキル回しの練習になりますし、自分がどれだけ出せるのか、と言うのは把握しておいて損はありませんしね
木人はジョブに寄って硬さが違うので、同じ白魔の人に、ILとどれくらいで壊れたか、と言うのを聞くのも良いと思います
あとは、昨今では装備に挿しているハイマテなどが違う場合があるので、其方も聞いてみると良いですね
ハイマテ自体は好みでもあるので、基本、ILの暴力で壊れることが多いです
同じILで、同じ回しをしても壊せない場合はハイマテの違い
同じILで、違う回しで壊せない場合はスキル回しが違う
と、色々と要因は考えられますので、良く知っていらっしゃるかたに実際に見て貰うと良いと思います





以上が中級編で御座います
各色々と話して長くなってはおりますが、ご了承下さいませ
次は上級編となります

此処まで読んで下さって有り難う御座いました!
ではでは~、Kalulaでした




.
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles

Politique d'utilisation des cookies

Ce site Internet utilise des cookies. Si vous ne désirez pas avoir des cookies sur votre appareil, n’utilisez pas le site Internet. Veuillez lire la politique d’utilisation des cookies de Square Enix pour plus d’informations. Votre utilisation du site Internet est aussi soumise aux conditions d’utilisation et à la politique de confidentialité de Square Enix ; en utilisant ce site Internet, vous acceptez ces conditions. Les conditions d’utilisation, la politique de confidentialité et la politique d’utilisation des cookies de Square Enix peuvent aussi être trouvées en cliquant sur les liens situés dans le menu au bas de la page.