Personnage

Personnage

Emil Sarasun

Héroïne solitaire

Asura (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

えみるんのほのぼの日記76

Public




どうもこんちゃっす。えみるんでっす!

しゅぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


遅くはなりましたが、明けましておめでとうございますw
特に忙しかったわけではないんだけどね('ω')ノ
今年も元気にやっていこうと思います。


雑談として最近のゲームについて少し語っていきましょうかね。
おそらく現代人で私はこのゲームしかやらない!て人は少ないと思うのよね。
私の場合だと現在ちゃんとやっているのは僅かだけど、まあそれなりにあるよねと。
最近おもしろいゲーム多いから困っちゃうのよね( *´艸`)
個人的に一番注目度が高いのはDead by Daylight
このゲームはね…素直に凄いですよ。
3年目に突入してもその人気度は落ちない、むしろ上がっていると言ってもいいかもしれん。
私は買ってないからプレイはしていないんだけど、動画はよく見ています。
自分で遊んだほうが当然より楽しいんですけども
動画見てても飽きない、完成度がマジで非常に高いオススメ作品。

それからノリで買ったTales of Vesperiaのリマスター版。
私のキャラネームの由来になっているテイルズ作品ですねw
当時はハードの都合上プレイ出来ていなくてね、地味に楽しみにしていたんよね('ω')
というのも、ファンの間では名作と呼ばれている作品の1つなんですよ。
まだクリアしてはいないんですけど、ストーリーが文句なしレベル…とのことらしい。
私はテイルズ作品好きなんでね、まったり進めていこうと思います。

あとは2019年早々に話題になったANTHEM
体験版が以前配信されたのでちょっと遊んでみましたが
これは新しいタイプのTPSでいいのかな?、おもしろいなと感じましたね。
イメージ的にはDestinyぽかったけど、でもなんか違う感じw
操作性なんかも悪くなくて、個人的には好印象のゲームで期待値が高めです。
ただ発売日がタイミング悪くての、ヒュダトス編進めたりRWやらないといけないから
しばらくはお預け案件かなって思っているね。



_______________________________________________



さてと、今日は楽欲の僧院オーボンヌエオカフェぼっち部の2点をカキカキしていきまっす。


ー 1. 楽欲の僧院オーボンヌ ー

「リターントゥイヴァリース」の第三弾となったオーボンヌ。
私は毎回思うんやけど、24人レイドの第三弾どれも良いよね('ω')
元々24人レイドは好きなほうだから、2.Xの頃からよく周回はしていた。
でもやっぱ、「闇の世界」「ダンスカー」含めて第三弾はいつも気合いが入ってる気がするw
オーボンヌさんはね演出面文句なし、個人的には「闇の世界」に次いで装備も良い。
ちょうどいい難易度でもあるしで、結構楽しませてもらっていますね!


ちなみにオーボンヌを話題に出したのは、ちょっとした小技を紹介する為なんだな('◇')ゞ
4ボス(アルテマ)後半戦にある、途中で南方向に強制吹き飛ばしからの迷路をするギミック。
アクション使用不可のエリアがあり、スプリントをすることすら許されない。
私は正直なところ、時間結構かかるし面倒だなと思ったw
たぶん私以外にも思っていた人いそうw
だから私は、この「面倒だ!」という問いに対しての解決策を導き出すことにした。
おそらく思いついた人はいるだろうけど、さて実際にチャレンジした人はどのくらいいるのか…


強制吹き飛ばしをキャンセルさせる!


簡単に説明すると、南に吹き飛ばされないようにすればいいとw
飛ばされなければ面倒と思うこともないと。

……
………
おそらく何を言っているんだ状態だと思うんだけど
暗黒ユーザーなら高難易度コンテンツで度々お世話になっている
プランジによるノックバック無効テクニック
暗黒以外の近接はノックバック無効があるから、このpsは使う機会があまりないかも。
何かしらの接近技を使って吹き飛ばされないようにするってリスクがあるからね。
ただ今回は一応強制なので、無効技は効果がないと。
さらに言えば、あの強制吹き飛ばしってくっっっそ速いやんw
流石に私もあの速さでは無理、不可能じゃないかとおもっていたけど
私はこの不可能を可能にすることに成功したw

まあここまでの結論は接近技を用いて吹き飛ばし無効が出来るということや!

そもそもこの発想は偶然の出来事がきっかけであり
侍で周回していたときにボタンを押し間違えて
接近技を使ってしまったら、吹き飛ばずにいたという事件があったのよw
コツを掴むために周回して失敗を繰り返し、そして現在に至ると。
侍と暗黒での検証は済んでいるので、おそらく接近技があるジョブなら可能な技ではあるかも。


私は今までにシグマ1,3,4層、極青龍、アルファ4層などで
プランジを使った吹き飛ばし無効のpsを駆使してきましたが
これらが簡単なものだと感じるくらい、正直かなり難しいです。
吹き飛ばしの予兆がわかりづらいのが要因であるかもしれない。
ただ、回数を重ねていけば1回は成功するかもしれないので
是非ともチャレンジしてみて欲しいですな(^^♪
私もまだまだ安定していないので、練習あるのみですw
動画一応撮れてはいますが、今回は公開する予定はないです。
見たい方がいましたら考えておきます。



_________________________________________________________________________



ー 2. エオカフェ2月の部 ー

本来は1月にアップする予定でしたけど2月になっちゃいましたw
だから、もしかしたら2月の部-part2-があるかもしれないw
現在イベント「ヴァレンティオンデー」が開催されていますから
少なくとも一回は行くはずでしょうな…。
2月ということでまだ早いけど、5月で通い始めて3年目に突入しちゃいますな。
ぼっち参戦することに対する抵抗がまったくない精神を身につけてしまったもんだぜ…w
さてと、2月の部の中身に関しては星芒祭降神祭のメニューをほんの一部だけ。
ただ時間が経ってしまったからよく覚えていないというw

てなわけでいつも通り注意事項からやで工藤!
・低画質かもしれんけど許してちょ!
・下手でも許してちょ!
・コメントはてきとーだけど許してちょ!

んじゃレッツゴー!!


★スターライトフローズン



私は好みの星芒祭メニュー。
シャーベット的な何かでとても冷たかったのは覚えているw


★豪神拉麺



グランドメニューそこそこ制覇してきた気がするw


★紅玉海の海老の香味和え



一度は食べてみてほしいかもしれん…w


★ドマ町人地のぼんぼりソーダ



降神祭メニューになりますね。
たしか昨年は無かった気がするけど、来年はあるといいな。
もうじきスタンプカードも3枚目が終わりそう。
今までいろんなお料理があり、写真もかなり増えたから
いつかは1つに整理したいところです。



_________________________________________________________________________



といったとこで今回はここまで!
新拡張パッケージの情報が少しずつ解禁されてきていますが
その前に、いよいよパッチ4.55が来ますよと!
ということは禁断の地エウレカ:ヒュダトス編が来ますよと。
今回はEL60までということで、んーレベリングどうしましょっかね。
ここまで来たらソロを貫いていくべきだろうけど状況次第なとこはある。
今回もスタートダッシュが出来るよう準備は万全。。
というのも、メンテ明けがエウレカの時だけいつも早いからw


運営さん!今回は18時からでもおkよ!

RW2もやりたいので、木曜になる前にカンスト出来るように頑張りたいと思います(・∀・)
最後までお付き合いいただきありがとうございました!
何かコメント等ありましたらお待ちしております。
でわでわまた次回お会いしましょう'~'





Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles