Personnage

Personnage

Leio Tigahna

Mage noir Makai

Yojimbo [Meteor]

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

実に意地の悪い手

Public
 本キャラで制圧戦の防衛塔を登っていたら待ち伏せていたモンクに叩き出されて転落死しました。

 最初の日記がこんなので良いのか迷いはするけれども思うところあって書くことに。前述の通り。当日は頭に血が上って(なおかつPvPモンクのアクションに詳しくなかったので)もう一回登ろうとして叩き落される学習しない子っぷりを晒す羽目に。終わった後少し冷静になってモンクのアクションを記憶と照合しつつ確かめた限り、これ登る側に対策出来るジョブどれだけあるんだろう?と疑問を覚えてしまった。
 仮にマウントに乗った状態で食らうと恐らく確殺、乗っていない状態だとバリア張ればギリギリ死なずに済むだろうか?という条件、現場の昇降路は横幅が狭く横合いから食らえばまず落ちる。防御を先に張れば切れた途端に仕掛けて来るのでほぼ意味無し(仮に弾けたとしても防御のリキャストのが遅い。防御の移動速度で登り切れるか?)、先にスタン技入れて間髪入れずノックバックというやる側は楽しいこれも食らう側は防衛塔の頂上広場で上手く立ち回った戦士に穴へ引っ張られてやはり転落死するよりも更に個人的には頭に来てしまう。ステージの設計を鑑みれば分かる通り制圧戦は”落とす”行為自体が戦闘の前提に入っているのでやり口自体は正当だしここアウトロー戦区じゃんと言われれば本当に何も言い様がないけれど、制圧戦(フロントラインではもしかしたら終節戦以外全部?)では事実上二手で確殺出来る場面があるのはすこーしずるいなぁと感じなくもないのでした。知っている限り各ジョブで能動的に確定でキルを取れるのは侍と忍者のLBだけなので、ここ防衛塔特に昇降路だけお前圧倒的に有利だなモンク!と僻まずにはいられない。仮に防衛塔の頂上広場から突き落とされるのならまだ納得のゆくところなのだけれど。

 やはり悔しい限りなので何とかして吉田!と思いつつも個人で出来る対策を考えるなら、

1.登らない(身も蓋もない)
2.複数人数で登る(場面次第では複数人数まとめて落ちる可能性が……)
3.待ち伏せている口とは別の昇降路を登る(挟み撃ちされるリスクを取ってまでやる?)
4.向こうの攻撃半径ギリギリで牽制し、睨めっこをする(遊兵化するので非常に良くない)
5.遠隔攻撃ジョブで待ち伏せる相手を殴る(出来るなら。これはこれでリスキー)

 こんなものだろうか。仕様的な要望を考えるなら、他者(特にPvP上の敵プレイヤー)のアクションによって引き起こされた転落は、PvPエリア以外と同様にそれで死亡することはない様にするというのが無難な気がする。戦士の引き寄せにしてもそうだけれど、現在の各ジョブのアクションも一定の検証と調整の上で実装されていると思われるので、これ嫌だから無しにしろ!は流石に全体のバランスにも差し障るし聞く側にとっても聞き苦しい。大体駆け引きの手札を消すだけでは消された側に不満も残ろう。
 仮に上述の調整が実現した上で落とされた場合、HP1で野ざらしになる訳だからエリクサーを使って5秒(現行フロントラインの死亡からリスポンまでも5秒)費やすか、MP食って快気で走るかの二択になる。前者を選んだ場合リスポン地点から次の現場に走るまでの時間分だけが変わり、少なくともやる側にとって防衛塔での攻防上敵に離脱者を作るという目的を達する点では大差ない様に思われるところ。

 PvPのベテランたちからすれば何ともアホなことを、お前もモンクや戦士使って落とせばいいんだよ!という声が聞こえて来そうな気がする限りながら、モンクをPvPで使っていない(戦士はまだ使っていないがその内使うかもしれない)側にそれを動機として使うというのは同じ様に曰く言い難い理不尽さを誰かに叩き付けている気になりそうなので出来ればそれを理由には使いたくないなぁというのが自分の立場。過日このキャラで参加した砕氷戦で落とすこと自体を目的としたと思わしき一団と味方が交戦して、アラチャで警戒が促され釣られるな釣られるなと警告が度々飛ぶ様なこともあったので多分フロントラインで落とすという行為に楽しみを見出している層もいるものと考えられる。あれは所属軍に貢献していなかったからともかく、場面限定でもリキャスト回り次第防御で弾かれない限り確定で仕留めれるというのは一種格闘ゲームの無限コンボ的なバランスの陥穽に思えてしまい今回この様な日記を書いた次第なのでした。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles