Personnage

Personnage

Ia Kiuyu

Tiamat (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 2

プレイ14日目 ―教皇庁を迎えてしまう…―

Public
※ 蒼天編 パッチ3.0『ただ盟友のため』までのネタバレを含みます ※
※ 主にオルシュファン語り ※


Cliquez pour afficherCliquez pour cacher


一向に強くならない&うまくならないなりに、
コツコツとメインクエを進めていました。

初登場時、このキャラヤバイ、目がやばい!
と思っていたオルシュファン卿。

前述の通り、弱いし下手なので、
普通にフィールドでフルボッコされて死にまくる自分にとっては、
ひぃいいとなってる最中にチョコボに乗って颯爽と援軍に来てくれた
あの瞬間から、徐々にオルシュファン卿の好感度があがっていきました。

とはいえ、自分のキャラはオスッテなので、
まぁ時々…いや、割と頻繁に、オルシュファン卿のギリギリアウトな発言を聞いては、
複雑な気持ちにはなっていましたけども。

しかし、あの変態性など気にならなくなるほど
このキャラクターめっちゃ好きだわぁとだんだんなり始めていた頃。

パッチ2.55も大詰め

愛するナナモ陛下が大変なことになり、
結構好きだったイルベルトに裏切られて、
そして暁のみんなが次々と…

なんで最後の最後にこんな目に遭わないとならないのだ…
と、失意の元で辿り着いたキャンプドラゴンヘッド。

ここであれは卑怯だろ、というオルシュファン卿の対応。
いつもの変態性はどこへやら。
頼りになり過ぎる。優し過ぎる。
あれ?よく見たら見た目もかっこよかったんですね。
あまりにも目がやばいもんだから気づかなかったよ…
という、オルシュファンの好感度爆上がり。

そうして無事終わった2.55から立て続けに3.0へ突入。

ここからも続くハイパーオルシュファンタイム。

もうこっから先は、どんなに謎のタイミングで「イイ!」と言われようと
なんにも気にならなくなってました。
むしろ、慣れない土地で、オルシュファンの姿があるだけでほっとするレベル。

そして、またもや、颯爽と駆けつけてくれる銀剣のオルシュファン。
しかもそこそこ敵視とってくれるから、
「ほ、ほれてまうy(ry」

もう完全に、大好きなキャラになっていたオルシュファン。

何かあれば細かい手続きは全部やってくれるし
助けに来てくれるし、変態ではあるが、優しいし、強いし、変態だけど。
あと黒チョコボくれたし(風脈全然見つけてないから未だにどこでも飛べないけど)

氷の巫女を連れて皇都に帰った時も、
アイコンタクトで頷いただけで何かを察してくれて。

その後の対応も騎士の鑑。完璧すぎるぞオルシュファン。

極めつけは総長救出に同行すると進み出るところ。
男前すぎるだろオルシュファン。


そしていよいよ教皇庁へ。

今思えば、こんなイイキャラが居ていいはずないんですよ。
だって暁の人達さえ、今まで滅多に助けに来てくれたことないのに
この人、何度も助けに来てくれて、
主人公にとっても友という特別な存在になっていて…

その全てが予兆だったんでしょうけど。
自分にはその予兆なんて見えてなかった。

だからもう、無詠唱の即死攻撃だったんですよ、あの出来事は。


いつものように友とアイコンタクトで頷き合って駆け出した。
教皇を追って。
何の疑いもなく。


でも、塔の影にヤツが見えた瞬間、少しだけ嫌な予感。
そしてそこからはもう

「待って、うそうそうそうそうそ、ちょ、えっ‥‥」

ワンチャン、盾頑張れ!と思ったけど
それも一瞬。

散り際の言葉まで完璧でした…


ただ死ぬのではなく、
主人公を庇って死ぬというのが、何とも。。。
辛すぎる。


呆然としたまま、パパに会いに行って、
パパの台詞に思わず目の奥がツンとしました。


でも、怒りと悲しみの勢いで、選択肢を「仇」の方にしたら
なにやら総長にあらぬ誤解を受けた気がするのだが…?

そ、そういうことじゃないんですが!!!!


そんなわけで、ショックのあまり、この日のプレイは一時中断しました。
全体的にネタバレを怖れてあまり何かを検索することがなかったので
どのキャラが人気があって~とかいうことも全然知らなかったのですが

さすがに心の穴を埋めるために

“オルシュファン つらい”

って検索しましたww

そしたら、当時も自分と同じようにロスった方々がたくさんいて
オルシュファン自体もかなり人気があったということを知り、
少しだけ救われました。


先輩のヒカセンの人に
「オルシュファンかなり好きだ!」とか無邪気に言ってた時
先輩はどんな気持ちで聞いてたんだろか…と思いました。
でもどの先輩も、その時にちらりとも匂わすようなことを言わないでいてくれたので
本当に感謝です。


一刻も早く仇を討たねばならないという想いがありつつも
気持ちの整理がまだつかないので、
少しだけ時間を置いて、あのじじぃとあの金髪を八つ裂きにしてやります(主にPTの皆様が)



オルシュファン・グレイストーン
貴方は本当に最高にイイ漢で、最高の友でした。
ありがとう


Commentaires (2)

Macoco Moco

Tiamat (Gaia)

初めまして^^

わかります!  すごいわかりますよーーー!

ここには書きませんが 先週くらいの日記に ほぼ同じ内容書いてます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

当然 失礼しましたw

Ia Kiuyu

Tiamat (Gaia)

>Macoco Mocoさん
コメントありがとうございます!
日記拝見させて頂きました!
本当に衝撃で…今でも若干引きずりつつプレイ続けてますw
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles