Personnage

Personnage

Hiyori Ashiya

Mascottiste

Ixion (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

ひよりの卵87:記号を多用する理由

Public
ここのところ猛暑が続いて熱中症が心配になるひよりです。



学者がレベル50になり念願だったシヴァ武器を装備することが出来ました!
そしてチョコボの色も変更……のはずが白系にならなくて???ってなりました再挑戦です……。


さてさて、題にあるように今回は私が会話中に記号を多用する理由を話します。
まぁ言ってしまえば単なる私の印象の話、一個人の視点による話です。

まず私は他人の感情などを酷く恐れています。
言葉の強弱、話し方や態度、雰囲気、表情、声音……様々な要因を見て聞いて感じて……じゃないですが様々な要因を持って相手がどんな感情でいるのかなどを観察しながら話を聞いたりしています。
周りを気にするあまり真面目にコツコツやることやって気を使いすぎて一人で抱え込んで鬱になった私であります。


さてこのFF14というゲームにおいてコミュニケーションの手段はチャットが基本になると思います。
そして一般的に文字によるやりとりというものは情報量がとても少なくなるため相手の心情、態度までを知ることはとても困難です。
情報量的には

「対面会話>電話などの声のみの対話>文字だけによる対話」

と情報量が下がっていくと共に相手に意図したことを伝えるのが難しくなると思います。

ただし何事にも例外があるように文字による、文章による表現のほうが上手く伝えられる人も場面も存在はすると思います。
それは長い文であったり表現力が豊かである場合に限られるなど様々な制約が在った上でのことなので今回は除外します。

話を戻しまして、FF14において会話の中枢を担うチャット……文字だけのやりとりというものは相手に意図せぬ印象を与えてしまうことがあるということです。


句読点のみの文などは顕著です。それはここまでの文を読んでいる方々は論文などのように固い印象を受けているので理解していただけると思われます。
丁寧な言い回し……敬語などは相手を敬うと共に文字だけだと固い印象を与えることが多くなってきます。

そしていわゆる「タメ語」などと言われているフランクで親しみやすい言葉遣いや言い切りの言葉は親しみを感じることもあれば逆に相手を委縮させてしまうこともあります。
特に言い切りの言葉は顕著であると言えましょう。

例えばハウタケ御用邸でのデジョン使用。
初見の方などいるときにもたついていると「デジョン」とだけ発言なさる人がいます。スタンスを付け忘れているタンクさんに対しての「スタンス」などもそうですね。
これらの言い方は単純に入力の手間を省くことも目的ではありましょう。端的に目的を伝えるだけの言葉であり発言者も怒っているわけではないと思います。

しかし初心者の方の中にはこれらの言葉を怖く感じる人が一定数いるでしょう。
初心者からは抜けてきましたが私がその一人であるからです。

若葉が着いていた時にはいろいろと抜けていたのですが、チャットで単語のみの発言の人が多くいました。
その度に「申し訳ございません……」と土下座して謝りたいほどに委縮してしまっていました。
まぁギミックを理解していなくて何回も死んでしまうなどもあるとよりイラついてしまいます。ただ動きなどを見て明らかに初心者や、未クリアの人がいるなどの表記があるなどで判断もできます。
私はそうした人に対して句点のみ、単語のみの言い方をすることは避けるようにしています。

と、いうよりも普段の会話にしても「!(エクスクラメーションマーク)」や「……(三点リーダー)」を多用しているのはこのことが理由です。
話し方によっては冷たい印象を受けさせてしまうことも多いのですが……。
つまり「怒ってないよ!!普通だよ!!」アピールをするために……と言うことですね。三点リーダーに関しては多用しすぎて「落ち込んでるの?」などと思わせてしまうこともあるので考えないといけないのですが昔からの習慣というか癖なのでなかなか抜けないのですが……。

話がそれましたがつまりは相手に威圧感を与えないために記号を多用しています。
特に初心者の方はビクビクしながらIDに挑んでいる方もいるでしょう。
正直私もレベルレなどでタンクをしていてあまりギミックをわかっていないところ、アラルレでBアラなどになるとビクビクしてしまいます。まぁヒーラーで行ってもアラルレなどはビクビクしてわかっていなくて落ちまくってしまうこともありますが……。

そういった方にとって「先輩」からの言葉というものはとても恐ろしいものに思えるのです。
言葉は文字のように消すことのできないナイフのようなものとはよく言ったものですが、確かにその通りです。
言葉というものは誰もが持っている人を傷つけ、ときに殺してしまう恐ろしき凶器です。
単語だけの言い方などはぶっきらぼうな印象を受けるので怒ってしまったと感じて苦しくなりゲームを辞めてしまう人もいるでしょう。
「そんな精神が弱いのならそもそもこのゲームに向いていないのだから放っておくべき」という意見もあると思われますが、それも正論でもありますが暴論でもあります。
何も馬鹿丁寧に言葉を入れろというわけでもないのです。「b」など語尾に何か付けて和らげている人などもいるので工夫次第で如何様にも印象を変えることが出来るのです。

たしかにコンテンツルーレットなどはただの消費するもので早く終わらせたい人が多いでしょう。
ただ人によっては初見のダンジョンとなったり不慣れであったりで躓いてしまうこともあります。そんなときにイライラしてしまってきつい当たり方をしてしまうのはいかがなものか……。
様々な人が集まって構成されているのがMMOゲームの醍醐味でありましょう。自分の思い通りにならないからと怒ってしまうのは如何なものかと思います。

まぁ先釣りDPSとか明らかに迷惑なことしている人たちは良いです。ヤッテヨシ。

人の基準次第、十人十色……私なんかが何か言ったところで「それはお前の主張だろ?wお前も押し付けてんじゃんはい、論破w」という人もいますというかネットにおいては大多数だと思います。
ダブスタダブスタwとはしゃぐ人もいますが人は常に思考をアップデートしています。なので主張が変わることが普通です。短い期間で転々としたりしてしますのは問題であると思いますし、一視点のみにこだわって他を受け入れないのも問題です。
学ぶことを辞めた時に人は老害となるのです。そこに年齢は関係ないのです。

そして大事なのは「自分ができるからといって他人もできるとは限らない」ですね。得手不得手が人によって変わってきます。
あと「向いてないからやめてしまえ」など言ってしまうのも問題ですね……。

ごちゃっとしてきましたが、私が記号を多用するのは自分がよく上記のように相手が怖く思えてしまうからこそ自分はそうならないように……といったことからです。
初見ちゃんには優しくありたい人生なのです。


長くなりましたが今夜はこのあたりで……それではみなさん、Bon Voyage.
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles