Personnage

Personnage

Alexander Ava

Garuda (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

かくれんぼで思い出したんですけど

Public
※ 実際に体験した話です

チャットでかくれんぼってワードが出て「あ!」って思いだしたんですけど、

小学生の時に授業が終わって友達と話してたんですね。一時間ぐらい話して暗くなる前に帰らなくちゃってなってみんなで「じゃそろそろ帰ろうか」ってなったんです。
校舎の階段降りて一階に着いたときに猛烈に「小」がしたくなったんですよ。でもまた階段上っていくの面倒くさいな~どうしようかな~って考えてたら廊下の端っこの方に職員専用トイレ(でしたっけ?先生専用のトイレです)がありまして、「あ~あそこでいいや!」って男子トイレに入ったんです。(中身男です)
中には誰もいなくて私一人。小便器の前に立って用を足してたら誰かが入ってきたんです。私の横に立ってその人も用を足しだしたんですが、(日本語変だな)顔は見なかったんですけどお腹ぐらいから足元見て「あ、先生だな」って思ったんですね。Yシャツにスラックスにあのよくわからない網状になってる革靴履いてたのでそう思ったんです。
で、用を足してたらいきなり、ほんといきなりですよ?
頭「パーン!」って叩かれまして。なんて言うんでしょう、後頭部から前に向かって叩くって・・あーわかりづらいですね。
「え?」って思って横見たら何事もなかったかのようにその人はそのまま用を足してるわけです。
「は?なんで?あ!先生専用のトイレでしてたから??いやおかしいだろ!つうか痛っ!」って思いながらも私の方が先に終わって、手を洗ってそのままトイレから出たんです。
トイレから2~3歩歩いたところで
「いや、おかしくね?なんで叩かれたんだよ!」って思いまして、せめてどの教師だけかでも確認しようと思って(文句を言う度胸はない)トイレに戻ったんですね。この間20秒いかないぐらいだったと思います。
トイレから2~3歩の所で止まってましたから、トイレの入り口は私のすぐ後ろなわけです。
踵を返してトイレに入って、顔確認しようと思ったら

誰もいないんです

「ん?あれ?」

「小」の所にいない。大の所かな?って思ったんですけど「大」の所は全部ドアが開いてて一目瞭然でいないわけですよ。
端っこの掃除用具入れの所かな?って思って下から覗いてみたけどいない。ドアも開けてみましたけど当然いない。他に隠れられる所なんてない。
「窓から出る・・いやそんなことしないだろ・・つうかなんで叩かれたんだよ!」ってプンプンしながらトイレを出たんです。


あれ、幽霊だったんですかね。なんだったんでしょう。
まぁ小さい時の思い出なのでもしかしたら私が気付かないうちにトイレから出てた可能性が高いですよね。

なんか不思議な体験でした。

あ、そうそう。トイレと言えば20才ぐらいの時に〇民プールのトイレで当時お付き合いしてた彼女と○○した事あるんですけどそれは関係ないのでやめておきます。


お読みいただきありがとうございました


※ このSSは本文とはなんの関係もありません
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles