Personnage

Personnage

Rotto Tian

Mascottiste

Tiamat (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

幻術師70歳の初心者な若葉の感想(幻術師クラスクエ5まで微ネタバレ)

Public
※前回の日記で「以降の日記に『初心者』タグはつけない」と申し上げましたが、当日記は若葉マークがまだ健在だったころのもののため、タグをつけております。
 若葉帰ってきて。

※念のためにタイトルに「幻術師クラスクエ5まで微ネタバレ」と記載しましたが、正直ネタバレでもなんでもない気がしています。


-----------------------------------

FCハウスお引越し資金調達により、想定外で白魔導師と占星が70歳になってしまった若葉。
タンク以上にヒーラーなんぞできるわけねえ! と常日頃叫んでいたにもかかわらず、ついうっかり冒険録を購入してしまったのだった。

購入したんだから仕方がない。
腹をくくってヒーラーの練習をするしかない。

ヒーラーの基盤はおそらく白。なら、まずは白に慣れようと決めたのだった。



まずはXHBの配置から見直す。
DPSやタンクと違い、スキルコンボはさほど考えなくてよさそうであり、スキルの種類をグループ化して配置したほうがよさそうな塩梅。
というよりも、スキルの名前と効果をすべて覚えないときついことがわかり、記憶力が鳥頭な若葉はいきなり躓きそうになる。
さてはヒーラー、マウス操作向けだな?
※スキルにマウスオーバーでアクション詳細が表示されるため。

そしてヒーラーの第一歩として、レベル70の初心者は初心者の館へ突入することにした。


ふふふ、事前にヒーラーについてある程度自習したのだ。PTメンバーを回復するときは、十字キーの上下を押せば選択できるのだと。とりあえず、ケアルさえ撃っていれば何とかなるのだと。
敵より、地面より、パーティリストを注視してやるぜ!!!


と意気揚々と挑んだ初心者の館では、回復対象はPTメンバーではなく、ただの第三者なNPCだったのだった。


指導員「タンクを回復するんだ!


十字キー上下でタンクを選択できないんですけど!!?



結局十字キー左右でタンクを選択して回復し、なんとか初心者の館・ヒーラー編1段目をクリアできたものの、いきなり出鼻を挫かれてた若葉。

初心者の館って、サスタシャ挑む前のPT戦を覚えるためのものでしょ!?
回復対象が第三者でどうすんだよ!!?
なんとかしろよ吉田ぁ!!!


ヒーラー無理です」と泣きたくなったものの、さすがに初心者の館でもう無理というのは、ゲーマーとしてどうなのか。
格ゲーなどのようなリアルタイム操作系は一切駄目なへっぽこゲーマーとはいえ、一応ゲーマーと自称する以上、もう少し頑張ってみようではないか。
そう思い、次のヒーラー練習として、幻術師のクラスクエを「つよくてニューゲーム」でこなすことにした。

双剣士・忍者のジョブクエは、スキルの説明をしてくれたり、スキルの練習をさせてくれたり、イベント戦闘でスキル慣れるようにと設計されていた。
同じように幻術師も、クラスクエでスキル回しを覚えることができるのではないかと思ったのだ。



そうと決まれば、レベル70の初心者、グリダニアの幻術師ギルドへ入門です。
白魔導師のソウルクリスタルを装備しているとクラスクエ受けさせませんよ?」というエスミヤンさんの無言の圧力から、白魔導師から幻術師になった70歳です。

そんなギルマスから、グリダニアから出てすぐのあたりにうろついているモンスターを狩ってこいと命令されます。
白が使える攻撃ってなんだっけ?と確認し、青狢門をでて目の前にいるレディバグ(レベル1)にストーン!


レディバグA「なんじゃわれ」
レディバグB「なんじゃわれ」
レディバグC「なんじゃわれ」
レディバグD「なんじゃわれ」
レディバグE「なんじゃわれ」
レディバグF「なんじゃわれ」
若葉「ぎやあああ!?」


レディバグ(レベル1)6体一斉に敵視を向けられ、思わず逃げ出す幻術師(レベル70)。


レディバグから逃げ回りながらストーンを撃つ幻術師(レベル70)の姿に、「あの人何やってるんだろう…?」と不思議そうにこちらを眺めていたヒカセンさんがいらっしゃいました。


幻術師レベル1のクラスクエ真っ最中です!!!



なんとかミッションをクリアし、フレンド達が集うLSに「速報:幻術師70歳、幻術師クラスクエ1でレディバグ6体に襲われる」と報告。
速報を見てくれたフレ達は「マジかよそっちいくわ!」と、わざわざワールドテレポしてまでティアマト鯖のグリダニアに集まってくれました。

な、なるほど…わざわざ来てくれたのは、敵視は取るからその間に攻撃しろってことなのね…!
フレンド達やさしい!!

と感動しつつ、幻術師クラスクエ5を受注した後、北部森林でアーススプライト(レベル5)と戦闘を開始! みんな! よろしくね!


フレA「がんばれー」(声援エモート)
フレB「がんばれー」(声援エモート)
フレC(座り込んで観戦モード)
若葉ひえええっ!?(アーススプライトから逃げ回る)




フレンドたちの裏切り者ー!!!




非情なフレンド達の応援を背に、なんとかアーススプライト(レベル5)を撃破した幻術師(レベル70)なのだった……。





そんなこんなで幻術師クラスクエをつよくてニューゲームで進め、なんとかパニックにならずにクラスクエ30に出てくる敵を屠れるようになったと思ったところで、やっと気づきました。






攻撃受けても今のILならDODGEになるじゃん…?
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles