Personnage

Personnage

Rotto Tian

Mascottiste

Tiamat (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 10

「ガンブレイカー」という中二病魂を揺さぶられた若葉の感想

Public
※新生編2.0とガンブレのジョブクエLv.60のネタバレあり。


FF14を始めて2か月が経過した。
メインジョブである忍者も現在レベル73。レベル70のスキル回しになんとか慣れてきたと思っている。
とはいうものの、現時点のメインクエストやIDの関係上スキル回しはレベル60でストップしており、終撃やカエル召喚には全く慣れていない体たらくではある。


メインクエストは新生編の最中、忍者レベル60だぜーひゃっほい♪とグリダニアを闊歩していると、青いエクスクラメーションマークを発見。
すわっ新しいIDかっ!? と話しかけると「ガンブレイカーにならないか?」というお誘いだった。


ガンブレイカー…。
なんて中二病心をくすぐられる単語なんだろう!!!



某壁と話す主人公が頭をよぎり、何も考えず「ハイ、ヨロコンデー!!!」とそのままジョブチェンジ。
スキルの内容を一切把握しないまま戦闘し、そのまま1つ目のジョブクエをコンプリート。

スキル回しがよくわからなかったけど、銃でどかんずぎゃん(頭の悪いオノマトペ)するのカッコいいな!
よーしよし、若葉、ガンブレイカー育てちゃうぞ!


と、意気揚々と次のジョブクエストを受注。
グリダニアの人気うさ耳演奏家の護衛をお願いしたいとのこと。
とりあえず出てきた敵をどがんずぎゃんすればいいのだな、と何も考えずに請け負う若葉。
大丈夫、歴戦ガンブレのラドヴァンおじいちゃんがいてくれるから何とかなるはず!

「わ~い! おひさまてんてん、いい天気~!」
「それにしても、自然が豊かな美しい街だな…」

護衛というより、おじいちゃんと孫の散歩に付き合う気分である。
しかしこれはジョブクエ。何も起きないわけがなく、うさ耳演奏家を狙うならず者の襲撃を受け、歴戦ガンブレのラドヴァンおじいちゃんと一緒に迎撃することに。


「ロイヤルガードの技を利用するんだ!」


じいちゃんごめんなさい!
ウェポンスキルが初期位置のままで、どこに何の技があるのかわかりません!!
ていうか、
ロイヤルガードってなに!?


若葉の致命的ミスその1、スキルの確認を一切せず、XHBを初期配置のままにしていたのである。

若葉のプレイ環境はPS4。
技名を確認するには、対象のXHBをアクティブにしないと技名が表示されないのである。
しかも、マウス操作ならカーソルを載せれば説明文が表示されるが、パット操作にそんな機能はない。

あわあわしつつも、とりあえず一番右に配置されている点滅表示のスキルを使って攻撃し、おじいちゃんと、なぜかハッスルしてくれていたヤシュトラの妹ちゃんのお陰でならず者を撃破。

そして、スキルの機能をまったく把握しないまま、護衛のお仕事を続行。
ここで若葉の致命的なミスその2、次の敵の襲撃を受ける間にXHBの配置変更をしていなかったのである。
気付かずにそのままじいちゃんと孫のお散歩に付き合っていた若葉。暢気すぎる

しかしこの護衛対象のうさ耳演奏家、敵の攻撃をかなり食らっているはずなのにHPが全然減っていない。
もしかして、このままいけるのではないか?


しかしそんな希望も、護衛の最終地点であっけなく崩れ去るのであった。


断続的に現れるならず者。
おじいちゃんと二手にわかれてうさ耳演奏家を守ろうとするものの、ならず者が次々と現れ、しまいにはフィールドに10人以上のならず者がいる始末
演奏家に攻撃しているやつを優先に攻撃していると、後ろからならず者の攻撃を受けてどんどんHPが減っていく若葉。
やべぇやべぇと逃げ回り、その間に若葉を回復してくれるじいちゃん。
それでも回復が間に合わず、敵から逃げる→ポーション使う→リキャ中にさらにHPが減る→じいちゃんが回復してくれる、のコンボをずっと続けること5分。
なんとかすべての敵を撃破することに成功した。

し、死ぬかと思った…!!!

敵の攻撃を一手に引き受け、さらに若葉のHPまで回復してくれるガンブレのおじいちゃん。
ありがとうありがとう。老体に鞭打たせてマジごめん

しかし、ならず者のダメージを受けながらも全然死にそうになかったうさ耳演奏家、何者なんだ…と思ったら、変身していたエルフ族でした。


ふ、ふっちー!? お前変身できんの!!?
え、これ、結構重要な事実じゃね!?





ともあれ、這う這うの体でガンブレのジョブクエをクリアした若葉。
なんかやけにジョブクエの難易度が高かったなと思いつつも、どがんずぎゃんするのはカッコいいので、スキル回しを覚えて頑張るぞ!

そう、この時まではそう思っていた。
「ガンブレのジョブクエ難しかったよ」とフレンドぱいせんに報告するまでは。



「あれ、タンク始めるんだ?」





え? タンク!?






忍者レベル60にもなり、そろそろIDや討滅戦にもちょっとだけ慣れてきた若葉。
各ジョブは大まかに3つ分かれており、それぞれが役割があることも何となくわかってきた。

DPS:
特攻隊。
プロジェクトに例えると、作業者・エンジニア。
攻撃は最大の防御とばかりに防御力は紙であり、ダメージを受けたら死ぬ。

ヒーラー:
縁の下の力持ち。パーティの生殺与奪の権を握っているキーパーソン。
プロジェクトに例えると、総務・営業系。この方々がいるから作業者はお仕事ができる。
ヒーラーの言うことを聞かないDPSは死ぬ。

タンク:
IDや討滅戦などの各種戦闘を総括し、先陣を切るリーダー。
プロジェクトに例えると、マネージャー。
タンクの言うことを聞かないDPSは死ぬ。


未だに戦闘中、パーティ一覧やエネミー一覧、しまいには自身のHPすら満足に確認できないDPS若葉である。
管理職なぞできるわけがない。


さらにフレンドぱいせんは豆知識を披露してくれた。




「ガンブレイカーはサンクレッドのジョブだよ」




サンクレッド!
双剣士の次はガンブレイカーって、

若葉の中二病魂と同じ行動をとるんじゃない!!


ちょうどこのころのサンクレッドはシャアアシエンに身体を乗っ取られている最中だったため、「オノレサンクレッド…」と若葉の恨みが最高潮になっていたところであった。
後日、サンクレッドも辛かったんだねえと思いなおすのだが、それでもサンクレッドは中二病という印象は拭えないままとなったのであった。


そんな複雑な心境だったため、ガンブレイカーは一時封印。
やはり若葉には双剣士の道しか残されていない、と改めて双剣士(忍者)レベル70を目指すことになったのだった。






そして現在、双剣士(忍者)レベル70に到達。優遇サーバーの経験点ボーナスがついに切れるレベルとなった。
蒼天はリューさんで走るんだ! と、次の育成ジョブを竜騎士に変更し、その竜騎士ももうレベルが65。いい加減次に育成するべきジョブを決めなければならない。


レベルレなら…スキル回しが簡単になるはずのレベルレなら、ガンブレができるんじゃないか…!?


血迷った若葉。ついにガンブレの育成を決断するのであった。


そうと決まったら、ガンブレについて、タンクについて学ばねばならない。
そもそもタンクというジョブが初めてな若葉、初心者の館に「タンクについて教えてください!」とたのもーするものの「あなた、そのレベルで教わることなんてないでしょ?」と門前払いされる。


違うんです! ガンブレのレベルは60でもタンク経験点0なんです!!!


初心者の館に門前払いされ、えぐえぐ泣きながらも、ガンブレのレベル60時点のスキル回しをネットで検索して確認し、木人でスキル回しの練習を行う。
ある程度慣れたかなと思ったところで、「道案内は一切しないタンクですよろしく!」とフレンド達を巻き込んでレベルレに突入することに。

先輩タンクのフレンド達の今までの動きを思い出しながら、心臓バグバグしながらの初タンク挑戦開始。


まずはスタンスをONにする。オッケーオッケー。これは終始ONにしっぱなしでいいんだよな。
次に、敵を見つけたら挑発。よしよし、敵がこっちに来た。
敵のヘイトをこっちに向けるために範囲攻撃。レベルレだからWSコンボもないし簡単簡単。
1戦闘で1バフ。複数敵と単体敵とボスの必殺技で使うバフは違うらしいけど、そこまで考えられないので使えるバフを順番に。

よーしよしよし、タンクできてるんじゃない? 道案内一切してないけど!

と気が緩んだ若葉、挑発をしようとして間違えて、XHBで挑発の隣に配置していたスタンススキルを押してスタンスをOFFにしてしまう。
エネミーリストが軒並み緑色になり、敵がヒーラーへ集中攻撃するありさま。
アイエエエ! ナンデェェ!? とパニクった若葉、スタンスをONにしようとして焦ってスキルをどんどん間違えて押していき、しばらくしてからやっとスタンスをONにできたのだった。


レベルレ中はチャットをする余裕がなく、レベルレ終了後流れるようにジャンピング土下座する若葉。
もう無理タンク無理ー!」としょげしょげの若葉に、「大丈夫だよ」「ちゃんとタンクできてたよ」とフォローしてくださるフレンドの皆様。圧倒的光属性だった。



そんな光属性ぱいせん方に励まされつつ、現在もレベルレではガンブレを出すようにしている。
しかし、レベルレの低レベルIDだったから何とかなったものの、レベル50以上IDや討伐戦となったら、タンクできる自信なぞ全くない。
敵のHPが50切ったら南に誘導とか、そんな敵の行動パターンを覚える自信もなければ、冷静に戦闘できる自信もない。




タンクとは、常に冷静に全体を把握し、皆を率いるリーダーなのである。




これからはタンクを請け負ってくださるすべてのヒカセンへ、感謝で拝み倒そうと思った若葉なのだった。







フレンドぱいせん「暗黒騎士のジョブクエはマジでいいぞ」







なん…だと…!?
Commentaires (10)

Mjnatto Fyth

Zeromus (Gaia)

>ヒーラーの言うことを聞かないDPSは死ぬ。
>タンクの言うことを聞かないDPSは死ぬ。

教育が行き届いているようで何よりです。ようこそタンクの世界へ。


暗黒騎士は良いぞ(ニタリ

Rotto Tian

Tiamat (Gaia)

>みなと氏

だってボスの攻撃を受けたら死ぬDPSの代わりにダメージを請け負ってくれるタンクのありがたみと言ったら。
ボスの攻撃受けてHPが一気に8割減ったときのヒーラーのケアルガのありがたみと言ったら。


暗黒騎士…暗黒騎士かあ…双剣士のジョブクエや蒼天と同じシナリオライターさんなんだよね……。

Rolo Tory

Ifrit (Gaia)

こんにちは!ガンブレイカーは……良いですよッ!!!ようこそ、タンクの世界へ!
嬉しくてコメントを引っ提げて飛び出してきました。

タンク……なんだか考えることや覚えることがたくさんあるような気もしますが、DPSのスキル回しや効率の良い動き方の研究もすごく難しくて大変そう……と生まれたてタンクは思ってます。もちろん、PTの生命線であるヒーラーさんにも頭が上がりませんし……
DPSさんが殲滅してくれないとタンクはやがて死にますし、ヒーラーさんがいないとあっという間に死んでしまいますので。どのジョブも練習することや考えることだらけですね。

暗黒騎士がものすごくエモいとは、私も聞いています……
いずれ私も手を出したいものです!

Rotto Tian

Tiamat (Gaia)

>ローロさん

ついにタンクの世界へ足を踏み込んでしまいました。
リアルでも「マネジメントなんてしないもんねー!!」と宣言してるレベルですので、本当に向いてないと思っております。
が、ガンブレはカッコ良すぎるので、なんとか戦闘はこなせるくらいにはなりたいなと!
DPSは、攻撃攻撃バフバフ攻撃!で済んでしまいますので、頭空っぽで操作できるのがメリットだと思っております。
ヒーラーはもう、タンク以上にできる気がしません…ヒーラーの皆様大尊敬。

暗黒騎士、蒼天のシナリオライターさんが担当されており、このライターさんが担当しているシナリオは軒並み評判が良いとのことらしいです。
上でコメントしているみなと氏も常に「フレイ君マジ天使」と事案発言しまくっておりますので、沼に沈んだらやばそうな気配だけはしております…ゴクリ。

Noco Choco

Tiamat (Gaia)

オイデヨ暗黒騎士
新生の記憶もまだ薄れてなく蒼天が終わった今やってよかったなあと思ったクエだったよ!
ろっとくんのひめいがぼくはききたい(真顔)

Rotto Tian

Tiamat (Gaia)

>のこ

まじかよ…今やったほうがいいジョブなのかよ…………

Kid Zeal

Ultima (Gaia)

通りすがりですが失礼します!

ガンブレ、良いですよ!DPSと同じ感覚でコンボを決めるので爽快感が他タンクと一線を画します。
逆に、爽快感やカッコ良さはタンクの仕事が根底に無いとブーイングを受けちゃいます。
スコールのようにギッタンバッタンするジョブではなく、魔女の騎士として、護りのサイファー的なジョブですね(性格はともかく)
ロールとして、皆を導き護る役割がある。でも攻撃もしないと仕事にならない。ロールとジョブ。共存していくのは大変ですが頑張って下さい!
PS.レベルレだとガンブレ最大の魅力、ソイルが使えないんじゃ...

Rotto Tian

Tiamat (Gaia)

>Kidさん

ガンブレ、スキル回しやること多いんですが、楽しいです!
今レベルあげてる暗黒騎士と比較するとDPSっぽさがあるなとは思いましたが、やはりそのようなジョブ設計なんですね。
どがんずぎゃん楽しいので頑張りたいと思います!

レベルレだと、30以上のIDに当たればバーストストライクだけは使えます。バーストストライクだけですが……まあスキル回しが楽になるからいいかなって……w

Gapas Lohpas

Yojimbo (Gaia)

初めまして、通りすがりのララフェルです。タンクとヒラさまに逆らう=死、ですとか、ガンブレってタンク?だとか、一行目から最終行まで大きくうなずきっぱなしでした!
こちらの世界のガンブレはスコール達のガンブレと少し違うようなのですが、気づいた時にはもう時すでに遅し。また日記読ませていただきにきます!最後に暗黒はいいぞ!

Rotto Tian

Tiamat (Gaia)

>Gapasさん

スコールとは違う感じのガンブレではありますが、スコールと同じくらいかっこいいですよね!
攻撃と防御の両方を担えるガンブレ…すごい。

普段DPSでプレイしておりますので、タンク様とヒーラー様には足を向けられません。ありがたやありがたや。


みんなして暗黒暗黒いうので、ついに足を突っ込むことになりました。確かにこのシナリオは…!!!
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles