Personnage

Personnage

Katua Earhart

Diplomate orientale

Tiamat (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

今回の活動[39&40日目]

Public
39&40日目の記録


2日間はほぼ同じことしてたのでまとめて書く。
正直言うと、記事を書くモチベゲームを進めたい欲に負けてしまっている。連日で書いてきたけど、そろそろ更新は難しいかな。でも、続けたいという気持ちは残ってるから考えておこう。
勿論、今後全く書かなくなるということではなく、あくまでも日を開けながら更新すると思う。もし、もう連日で書くのが無理ってなった時の話ね。例えば、単純にレベリングとか蛮族クエスト消化とか特に大きなことがなかったらその日は書かず、零式とか極コンテンツで初クリア果たした時など大きなイベントがあった時は書くとか。そういう風にはなるかもしれない。


コンテンツルーレット
[レベリング、討伐討滅、ノーマル、アライアンス、エキスパート]

ジョブ・クラス状況
[ナイト:78(+2)、侍:61(+2)、踊り子:63(±0)、斧術士:15(±0)、青魔導士:70(+20)]

蛮族クエスト
[ピクシー族アナンタ族コウジン族グナース族]

ニーアレイド
[サレタ、タチノ]

青魔導士関連
[パワーレベリング]
[ラーニング]
[マスクカーニバル解放]

その他
[DD周回:死者の迷宮]


今回は零式攻略を一休みして前回の時から触っていた青魔導士関連のコンテンツをFCの人と一緒に進めていた。他にも今週分のニーアレイドも終わらせたし、DD潜って侍のレベリングもした。


パワーレベリングのおかげで現在の上限であるLv.70に到達。
パワーレベリングのやり方としては、「フライングサーディン」を使って敵視を取ってから協力してくれる人に倒してもらう。これだけ。ちなみに「フライングサーディン」[/cは東ラノシア(X:28,Y:36)にいる「アプカル」という緑色の鳥からラーニングすることができる。
Lv.60からLv.70までのパワーレベリングはアム・アレーンの旅立ちの宿周辺を回ると効率が良いと思う。敵の数も湧き具合もかなり良い。もはやパワーレベリングのために用意されたものなのでは、と思ってしまった。


場所は違うけどパワーレベリングの様子

で、ここまではあくまでも下準備であって本命はラーニングにある。
ラーニングは現在104個もあり、途方もない作業になってしまうのは目に見えているが、とりあえずはフィールド上でラーニングできるものを会得して約40個はラーニングした。あとはIDやら蛮神から得られるものなど特殊なスキルだけらしい。これから頑張ってそれらも回収していきたいと思う。


「ガマの脂」ラーニングの様子

活動としてはこんな感じ。青魔導士やっておけば、IDや蛮神の周回とか役に立つだろうし、絶対損はないと思う。
こういうのはもっと詳しく書くと良さそうだけど、それ専用の記事の方が絶対見やすくて分かりやすいだろうし、なにより書くのが大変そうだから書きたくないのが本心。まぁ、そういうまとめてメモみたいな感じで書きたくなれば書くけど。

最後に、「今回の1枚」はこちら。

今回の1枚

布1枚で帰るマーティン


では、今回の日記はおしまい。また後日。ノシ
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles