Personnage

Personnage

Konana Magun

Survivante du Chant

Aegis (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 2

にんにん

Public
 今回は前回に続いてメイン進めていきました。
 ユールモアに突入するとこからです。
Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
 ランジートのところまでたどり着いて、最後の最後に何するんだ? えーと竜頭倒せるの?と、もたもたしている間に時間切れしました。さ、やり直すか……
 ランジートさんの出番はこれで終わりなんだろうか……なんとなく背景はわかるけど、最後のセリフの件とかもうちょいちゃんと聞きたい気がする。また機会あるといいな。
 しかし、ヴァウスリーに逃げられ、白ライオンもゲットできず、いまいち消化不良な襲撃。
 ただ街の人やらにこれ以上被害が出る前に助けられたし、ここからエレベーターを直すエピソードはとてもとてもよかったです。
 感慨にふけるエメトセルクとアルバード。
 求めるものは同じなのに、片方は永遠で、片方は刹那なのが、辛い。いや、この世界もなんだけどね。
 しかし、そんなにいい世界だったなら、古代人はどうしてゾディアックなんか作ったんだか、人間暇だとろくなことしないっていう見本なのか?

 今回、二人ともいつもより長めに喋ってくれたのは嬉しかったんだけど、エメトセルクへの質問タイムがなかったのは残念でした。
 あと幽霊で何も触れないのに、何故、地に足だけはちゃんとつけてられるのかいつも不思議です。
 あの切ないシーンでも、ワンチャンエレベーターにおいてかれてさらに切なくなるアルバートさんを想像しました。ごめんなさい。


 メインが一区切りついたのでお誘い受けてレベルレに、Lv.30に上がったばかりの忍者にチェンジしようと思ったら、敵に襲われました。
 危ない、危ない。
 ここでチェンジしてたら瞬殺だったよ。

 ちゃんと街に戻ってからチェンジし、IDも無事クリアできました。
 忍者で初参加だったのですが、当たったのが初期ダンジョンだったので双剣士と変わらず。
 レベルは上がったものの、印の結び方をまだちゃんと覚えていないのでエーテライト付近で試しに使ってみたけど、街中では攻撃対象がなかった。
 と、お隣からシャキン、シャキンという音がして、ぼよよんと姿を消すヴィエラ忍者さん!
 雲隠れの術ですね。そういう感じで使うのもカッコいいと思わず拍手してしまいました。
 楽しいな。


Commentaires (2)

Chocolat Hotep

Garuda (Elemental)

エレベーターに置いてかれるアルバート想像して笑っちゃったー
早く80のコンテンツ行きたくて駆け抜けちゃったから、こななさんの日記で振り返りできて楽しい

たしか中央ラノシアのエーテライトのところに木人あるので試し切りにオススメですよ〜

そのうち白ライオン乗り回すSSが上がるの楽しみにしてます♪

Konana Magun

Aegis (Elemental)

コメントありがとうです。
いいシーンなのに、感動の片隅でついくだらないこと考えてしまうシリアスに向かない脳みそですが、白ライオンちゃん確保のため、頑張ってストーリーを進めていこうと思います。
Lv.35までいったらもう一個印が増えるので、IDでうさちゃん出さないように木人叩かねば。

Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles