Personnage

Personnage

Mairin Bellchic

Maître postière

Ixion (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

蒼天のイシュガルド 完走

Public

蒼天のイシュガルドのネタバレあり





画像いっぱいでみづらかったらごめんなさいよ。


新生エオルゼア編よりお使いクエはかなり少ない!これがまず嬉しかった。
*の家にもなんどもなんども行かなくてよいのはとてもストレスフリー。

英雄サマとおだてられながら一人で戦ってこいを繰り返してた内容に批判があったのかな?
仲間と一緒に戦う場面が結構ありよかった(語彙)貼ったの以外のだと帝国兵とか竜とか(どの竜だ)



またシナリオも1つの国を救うことに焦点を絞ってるので、イシュガルドを救うんだという意識が
フラフラせずに済んだのもよし。騎士さまの国、閉鎖的な国というマイナスイメージがあったんですが、国を支える騎士や貴族様に人間が出来てる人が多いのはよい。ぼくもこのくにでずっとはたらきたい。

クエストをやららされてる感は本当にわずかでした。
騎士亭周りをうろちょろするクエストな・・・ヒルダ探しあんなに引っ張る必要ありました?

新生エオルゼアでの、いいように各国に呼びつけられて蛮神退治よろしく^^ て進行を経験するといい風にしか感じないのかも。まぁナナモ陛下を目覚めさせっぞ!とか無職のおじさんを救出すっぞ!とエオルゼアに呼びつけられる不満なシナリオはあるにはあったけども。




フライングを取得するための風脈探しはまぁ許せる塩梅。
最初コンパスという存在を忘れてて、西部高地をさまよっていました(´・ω・`)
残り2個がどうしても見つからんなーと詰まり、そこでようやく思い出してあっさり見つけるという。



そういや、イシュガルド編はFF6ネタが多かったですね。おじさん嬉しい。
衣装来たら真っ先に買いますので、セリスとティナのスキン実装よろしくおねがいします運営サマ。
あの衣装で英雄は無理でしょプレイしたい



親の顔よりも見た気がする、まのたいりく。
開幕クソ忍者が待ち構えてるかと思いきや、そんなことはなかったぜ。


あの像があるので、こいつらを相手にするのか内心ビクついてたんですが戦闘はなし。
なにかのサブクエですかね。ケフカと戦えるのは知ってますが。



ふたりのりゅうきし・・・? はて・・・?


一応、竜騎士のジョブもやってたからこのセリフが入るのかしら。
ニーズヘッグ討伐は侍でやっちゃいましたが。
助力を求めてくるようなシナリオはなかったのが腑に落ちない。ちと消化不良。

あと竜の眼を使って、なんやかんやするシーンありましたけど、あれは竜騎士やってたから
まぁできるよねと納得できた。ただ未経験なら、なんでや!てなるような・・・ならない?
どうなってるか気になる。






最後きちんとオルシュファンに戦勝報告をしていたのはうるっときました。
惜しい男を亡くしたよ。





9/29 追記

あれ・・・? まだ蒼天終わってませんでした・・・

タイトルに完走 と書いてて恥ずかしい限りですが、まぁこのまんまでいいや。
イシュガルドを離れて、なんやかんやしてるので幕間みたいなものだと思いますけどね
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles