Personnage

Personnage

  • 0

一週間遅れでファミ通のアプデ内容を見たモンク感想

Public
(情報量多くて宇宙猫と化すモンク)


いつの間にかファミ通の情報が上がっていたので見た感想を書いていくいつものやーつ

始めに待望の新モーションのWS三種

性能は今までの据え置き・・・ではなく仕様が色々変わっており
新システムの功力(画像下のゲージ)を使って威力を強化して攻撃するようになっている

功力は従来のバフとdotを付けていたWS三種の効果が変更されて付与されるように

スキル回しとしては双竜と連撃は交互に、双掌打を撃ったら正拳2回、破砕を撃ったら崩拳を3回撃つ感じ
旧来と比べて双竜と双掌打の打つ回数がほぼセットって訳じゃなくなったのが地味に最初はこんがらがりそう

続きまして一応のアッパー調整が入った六合

WSの威力向上に伴いこちらも威力が上昇。序に闘気消費で更に威力が増すように
ただ、結局WS2発分のリキャストを作ってしまうのに威力は2発分には届かず調整は変わらず
その為使い方は今までと同じく離脱時に撃っておくスキル
闘気消費の威力上昇があるから、履行時に闘気が余っていた時にちょっと嬉しい感じになったかな?

新必殺技は普通に差し替え技が一つ(トレーラーで周りに青い波動を出していたやつ)

特に言う事は無し。新モーションありがとうね

お次は何か増えた新WS二種

乾坤は紅蓮の極意を、絶空は疾風の極意を発動させると使えるようになるWS
てかWSなんすね勝手にアビリティかと
威力的にも所謂バーストタイムに使いたい技ではあるが、WSな為に必殺技とどう組み合わせて回す事になるのか悩み所
バフとdotが無くなったからシンプルに開幕は疾風→双竜→桃→絶空→紅蓮→乾坤→踏鳴→連撃双竜連撃→陰必殺技→双竜連撃双竜(ここで紅蓮終了)→陰必殺技って感じになるんかな

金剛の極意の方はと言うと回復新アビリティが追加

範囲5mは流石に短い、短くない?
回復力的には内胆と同じぐらい。つまり微量
う、うーん・・・全体回復だからないよりはましだけど要るかと聞かれると微妙

最後に新スキルをなんと4つも紹介だ!
これが鉄山闘気

これが空鳴闘気

これが陰陽闘気

これが万象闘気

以上だ!
「全部同じじゃないですか!?」
「ちがいますよー」「これだから素人は云々」
いや真面目に今まで闘気一つで済ませていたのに分けた意味とは?

俺には何も分からない

総評としては今までと大体やる事は変わらずだけど、バフとdotが消滅した事で
「紅蓮が帰って来るからここは破砕我慢しなきゃなぁ」とか
「双掌バフが切れるから回し微妙に変えなきゃなぁ」みたいなちょっと面倒なのから解放されて、踏鳴の陰用の双竜連撃回し以外は常に同じ回しで良くなったのは良いね
新技も金剛と謎に増えた闘気バリエーション以外は無難に嬉しい感じ(実質2個しか増えてないけど)

ただ、ずっと言われていた開幕に陰陽チャクラが揃わない問題はそのままなのは気になる
なんでそこは改善せんのかと
あのクッソ役に立たない無我に非戦当時にチャクラ一つ付与って効果を付けるだけで良いのに
あのクソアビをそのまま・・・無調整・・・
無我消えてね!?!?!?!?!?
あのどうしようもないゴミクソアビリティ無我消えてね!?
待機モーションがカッコいい以外に何も良い所が無かった無我消えてね!?!?
俺の日記で散々ネタにしてきた無我消えてね!?!?!?!?!?!?!?
そうか・・・逝ってしまったかお前も・・・(消えていった各種構えを見ながら)
無我にせよ構えにせよ、ポーズは好きだったからそこだけそうにか復活せんかな

色々長くなったけど、またも新生する黄金モンクを楽しみにしてるぜ
Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles