Personnage

Personnage

Moco's Kitten

Duelliste dualiste

Fenrir (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

playtime167日目 グラン・コスモス・・・ネタの宝庫かもしれない

Public
167日目。こちらの庭園はとても美しいです。


パッチ5.0のメインストーリーが終わったことで一気に色々開放できるようになったのですが
まずはジョブクエの80ストーリーを見に行くことにしました。


メインクエ報酬・・・・ちっこいグ・ラハ・ティア!
このシーンのヤツ・・・目覚めたら真っ先に、英雄の名を探す・・・・



ちゃんと推しポイントを押さえてあって(・∀・)gイイ!!
ぴくぴくっと動く耳・・・イイ!!!
しばらく放置すると「目がぁー目がぁー」ってやってくれます。片目がうずく!
強烈なミコッテ推しにはタマラナイ


◆Dualistic Duelist
厨二心をくすぐる称号。
Lv80赤魔ジョブクエでもらえます。

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
赤魔ジョブクエでは、20年前に壊滅した紅の疾風のメンバーたちの遺品が盗掘されてしまい、
墓荒らしを捕まえて盗品を取り返すというストーリー。



漆黒のヴィランズのメインクエストを完了したことで、
第一世界での冒険をジョブクエでお世話になった人たちに
語れるようになったそうです。






ということでさっそく


闇の戦士になったナイルベルトと戦ってきたんだ

……オレの想像を遥かに超えた答えが返ってきたぜ。
まさか、異世界にまで足を伸ばしていたなんてな!
罪喰いと化したかつての英雄との戦い……。
彼らの悲しい境遇すらも抗い、立ち向かったんだな。
その「抗う力」…お前こそ赤魔道士の鑑だよ。




尻尾がふさふさのオジッテ、シ・ルン・ティアに報告。

盗品は、かつて紅の疾風のメンバーたちが使っていた武具などの遺品。
その中に、非常に効率よくエーテルを引き出せる細剣がありました。

これを使っていた赤魔道士は、エーテルの扱いが不得手であったものの

「自分が死んでも武器は残る」
と、次の赤魔道士に武器が受け継がれることを望んでいたそうです。

リリスの匣の一件で赤魔道士としての力をほとんど失ってしまったアリアちゃん。
シ・ルン・ティア先生のかつての仲間の遺志を継いで、再出発です。



よし、今こそ、ここに誓い合おうじゃないか。
今後も、人々のための「抗うカ」であろうと!


よーしこれからも抗ってくぞー٩( ''ω'' )و



◆原初世界での異変
賞味期限きれそう

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
そういえばアーモロートの人たちがなんとなくウヌクアルハイ君に似てたので
気になって話しかけてみました。
そういえば石の家にいたんだっけこの子。


ちょっと第一世界のことに触れてますね。意外とセリフ変わってたのでびっくり。


原初世界の皆さんにご報告。
ミンフィリアの想いを継いでくれたリーンの話は、フ・ラミンにとってとても嬉しかっただろうなと。
それにヒカセンがどこまで知っているのか分からないけど、
ランジート将軍とサンクレッドの戦いもぜひフ・ラミンさんに伝えてほしい・・・・
いいお兄さんだったよ


感傷に浸っている間もなく、原初世界で繰り広げられているエオルゼア同盟軍と帝国の戦いについて
「助っ人」がらみで連絡が。


えっと・・・・この人いつも名前忘れるんですけどルカリオさんでしたっけ

リオルさんでっす

ひとまず石の家に戻ります。
倒れた皆を介抱していたクルルさん。
どうやら倒れた順に、体内に残ったエーテルが揺らぎ始めたらしい。
早く帰還しなければ、魂と肉体のつながりが切れてしまう・・・・


しかし、第一世界でも帰還の方法は見つからず。

シャーレアンにいたころのラハくんを知る身としては、
その決断に思うところもあるけれど……。
そうなるとやっぱり、魂の帰還を実現するには、
召喚術の要となっている、水晶公の協力が不可欠よ。


ラハくん・・・・ラハくん!!


ひとまず暁のみなさんを帰還させるべく、第一世界に戻り知恵を絞ることに。
そもそもの召喚方法を紐解けば、逆に帰還させる方法も見つかるはず!

……そもそも、私は優秀な魔法使いなどではなくてね。
大がかりな術を扱うときには、
この塔の機能と、そこに蓄えられたエネルギーを用いているのだ。

せやな君弓持ってたしな


赤い目を持つアラグの血族だけが制御できるクリスタルタワー。
この塔にため込まれた膨大なエーテルの力を使うそうです。


……私はもう、どんな役目を背負っていても、
生きることを投げ出さない。
あの海の底まで救いにきてくれた、あなたに誓って……
今回の件だって、何が何でも解決法を探してみせる。


しかし「もしもの時」は、召喚者の死をもって解除する、ということも考えているという。
そんなの・・・・許すわけないだろ!!

アリゼー渾身のおしおき!デコピン!
みみ!みみ!!

「もし」の話でも、気に食わなかっただけよ。
それで生き延びたって、あの人が悲しい顔するなら、最低最悪のやり方だわ!


そうだぞオスッテの離脱は心の死活問題だぞ

ヒカセンが好きすぎてこじれてる二人。

ここにゼノスも入れるといい感じにタンヒラメレーキャスのLightParty
漆黒ひろしが暗黒騎士なのはそういうことか・・・・

いやまあクセが強すぎるんですけど


とにかく、テレポの移動魔法を転用すると、「これは自分のものである」と認識すればよいらしい。
・・・・なるほどこれがロットの原理か・・・


しかしそんな簡単に人をモノと思えるほどサイコパスではございませんので
魂を魔器につめて、だれがみてもアイテムだと認識しちゃうようにすればいい。
白聖石を使えば魂は移動できるが、「記憶」が移動できない。

記憶を保ったまま魂を魔器にこめる・・・
未だ前例のない転送魔法を実現させるため、第一世界における魂の研究の第一人者に会いに行くことに。
水晶公はその昔会いに行って使い魔たちに門前払いされたそうですが・・・・・?



魔道士のみなさんはみんなこんな感じなのかしら。
さすがマトーヤの弟子。

魂研究の権威、ベーク=ラグに会うため、グラン・コスモスに突入します。

ふむ、アリゼーもMoco'sと共闘できるときは、
気合の入り方が段違いだ。
水晶公も同じように、また彼女と冒険できることが嬉しいのだね。

なっ……私は、いつだって真剣に……!
わっ、私も……!世界を脅かす敵との戦いではないのだから、
多少は、心にゆとりがあるつもりではあったが……。


ヒカセン大好きペア・・・・(*´ω`*)
はいはいつれていきますよ



あ、ああ、そうだな……!
それでは、隠者殿の根城「グランコスモス」へ出発しよう!



◆グラン・コスモス

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher
ここホントに美しくて・・・・いろんなネタが転がってて細部まで見て回りたくなるダンジョンですね。


ルヴェユール兄妹と水晶公でレッツゴー。


勝手に掃除してくれるホウキ・・・・

・・・・ルンバじゃないんですね・・・・

最近はロボット掃除機もお手軽に手に入るようになりましたが、
くれぐれも怪しい海外メーカーの激安製品にはお気をつけて。
アプリ制御ができるなんて謳いながら利用規約に
「動作記録と動作している緯度経度をどこぞの国のサーバーに送る」とかありますからね|д゚)


とまあこれ語りだすとだいぶ話が長くなりそうなんで、進みます。
ホウキちゃんたちがかわいい・・・・
塵も残さずサッサカサー!
汚れは嫌いサッサカサー!
サッサカサー!


あらっぽい交渉が始まりました。
ほうきでお掃除されるギミック、ほんとタノシイ


お庭ステージ。ここホント庭園って感じで美しいです。
ヴァウスリーの悪趣味庭園とはわけが違う・・・・w


2ボス、リャナンシー。
種抱えて運んでるアリゼーがかわいかったです


乾燥させれば良い薪になりそうだ・・・・

ちょっとアルフィノ!!
蒼天編のキャンプで出た薪拾いの話引きずってたのかww




屋敷内に入ると・・・・
サッサカサー!!



奥の方には、まるで幽霊のような幻影たちがお食事していました。
一人くらい知ってる顔がいないかと思ったんですけど・・・・さすがにそれはないか。
こんなとこにオルシュファンとかイゼルさんとかいたらそれはそれでいやだ


続く回廊。

ンンンンこれどっかで見たことある顔だぞ・・・・?

ミンチにしてやる!!
やっぱ蒼天騎士団だった(ノ∀`*)ペチッ


アデルフェルかと思ったらゼフィランだったでござる



もう一度幻影たちの間を通るとボス戦。
なぜかアルフィノがクッソ被弾してお亡くなりになりました。



ン・モゥによく聞く「お願い」作戦。

一行はベーク=ラグをクリスタリウムに呼び込むことに成功。
かつて魂の研究を悪用されてしまった悲しみから、人里を避けていたそうだが・・・・
もう一度、「話だけなら」と、聞いてくれるそうだ。


魂の研究・・・・ちょっと気になりますね。
おそらくこの世界のマトーヤポジションでしょうか。


今までなんかこう「すごい魔法」とだけしか出てこなかったのが、
限られた時間の中、ちゃんと原理を研究していくってのがなかなか歯がゆいですね。
アシエンですらなしえなかった、肉体を伴う転移魔法。
果たして解明し応用できるのだろうか。

それではまたあした!
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles