Personnage

Personnage

Itsuna Kousya

La Rouge

Ramuh (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

日記というものは書こうと思ってても時間がない

Public
と言う訳で、一ヶ月ぶりに書くことにしました

なお
✕書くのがダルくなって書かなかった
〇FF14楽しすぎて忘れてた
なので、まだ書くのが面倒にはなってませんw

一月も書かないでいると、様々なことがあった(成長した?)ことがあったので、またジョブをメインに語ろうかと

①踊り子、占星術師が80に
踊り子は前回の日記から程なくして、占星術師は一週間前ぐらいに80になりました
踊り子に関してはたまーにやろうって感じで、80になってからは使う頻度がやや低下しましたが(理由は後述)、占星術師に関しては最近よく使うようになり、白と同じぐらいには扱えるようになりました(白をやってる人が多いため、星でやることが多くなったという感じで)
星も慣れれば強いと思うのでやってみては?(という星を少しでも広めたい人)

②竜、学者&召喚士が60に
前々回の日記からするとそこまで上がってませんが、3つのジョブが60になり、イディル装備に更新(学者&召喚士の防具は過去のを転用)したので、今度はアライアンスやノーマルレイドでも頻繁にやっていこうかと
竜はここ最近スキル回しを理解して(遅い)火力を出していけるようになり、学者の方もホットバーいじってからは動きもよくなりました(今までずっと模索してました)
召喚士は次の黒魔道が現在優先してるところがあるので、今は学者で上がってジョブクエ解放されたらついでに済ませておくという感じになってます

③黒魔道、始めました
少し前に呪術士を始めだして、現在は黒魔道士47までになりました
きっかけ(というか始めた根拠)が、同じFCメンバーに黒のホットバーやマクロあるなら考えてほしいからということで、自分では全くやらないであろうジョブでした(笑)
ところがやってみると火力高くて面白いですw(なお、提唱時間)
今では主にレベルレでやっていて、早くレベル高めて色んな高火力技を試したくて楽しみです(なお、提唱時間)

④その他
これでまとめるなよ!って自分でツッコミそうですが、長く書くものではなかったので?、その他で色々と
まず弓術士を始めまして、目標は詩人70のAFですw こちらは黒が50になり次第、レベリングしていく予定です(現在17)
次にいよいよタンクを始めようとしてます(遅い) とは言うものの他のFCメンバーがタンクをレベリングしてたものでして、中々自分に回ってこなかった(他のジョブ上げてたのもあるけど)んですが、いよいよ回ってきそうなので、オススメされた暗黒騎士から手を付けていきます(ホントに大丈夫なのか...)
最後にレジスタンスウェポンは、蒼天FATEで赤、白、星の現在メインで多く使う3ジョブを完成させました
踊り子も作るつもりですが、80の1つ下のジョブLvが竜の62なので、作ってしまうと素材集めるのがボズヤだけになってしまうことから、まだ強化はしない方向でいます(さっさとボズヤに籠もれ)

という感じで今回はこのぐらいで

また、書くペースが落ちるか落ちないか分からない状況ですが、日記は続けていくつもりですので、次回も是非読んで頂けると(謎のお願い)

では
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles