Personnage

Personnage

Biri Ken

L'Éveilleur

Zeromus (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

零式再生編4層 3日目 ヒラのアドバイス募集!

Public
こんにちは

巨人練習ptでタイタンフェーズに全員生きてなくて30分くらいで解散しました。
ヒラは席取り激しくて全然出来てないしそろそろ自分で立てるか…
正直ガンブレ80まで上げてゆっくりILも伸ばしてから4層やりたさの方がある。

2日目の時に既クリの白さんに教えてもらった事をふまえてヒールワークをちょっと考え直すことにした。

開幕のアサリは過剰なのでいらない→悦楽の手のジャンクション後に起爆
ジャンクション技などボス以外の敵視リストから出てくるダメージはリプライザルなどのデバフ系軽減が効果が無いらしい。確かにたまにキャスが戻せているのに死んでることがあって不思議だったがアスヘリだけではきつい訳だ。(共鳴3層の転移後ビームで死んだ経験が活きた笑)
タイムラインでは悦楽の手のジャンクションが42秒、はなつのジャンクションが54秒と間が12秒しか空いてないのでノクタ運命の輪がどっちも入れられる!
これまで開幕の回しにマレフィキウムを運命の輪していたが、そもそもフルバリア貼っていて2割くらいしか削れないのだからたまに死人が出るジャンクション技に合わせるのが良いだろう。
次に打ちたいDDが1分46秒なので余裕をもってリキャストが返ってくる。
ちなみにDDで運命するとタイタンフェーズにちょうど返ってくるので美味しい。

ホロスコープはジャンクション前にアサリと同じタイミング。感覚的にコンバラ2回目の更新がちょうどジャンクションなのでそこに2個挟むイメージ。
アサリの位置を変えたのでタンク強攻撃の後のマレフィキウムの戻しに使えなくなったが逆にDDの最初のダメージの戻しに使うといいかも。
マレフィキウムの戻しは元々DD用のアスヘリや相方のヒールもあるので十分だろう。

運命、アサリ、ニュートラル、ホロスコープは定まっているが対抗が微妙。
今ははなつの安置で押してジャンクション技を受けてるが運命の輪もあるし微妙な気がする…(今ですら過剰な可能性も)
DD前のマレフィキウムに打つとDDに使えなくなるが、今DDの頭割り着弾時に対抗してるがニュートラルのhotもあるしライスピアスヘリもできるのでいらない説があるし試してみよう。


DDで戻して線も伸ばして端で重ならないようにしてるのに誰か欠けてると他も死ぬことが多い。これは対象者のいない氷柱がランダムで飛んできてるのだろうか?ここだけちょっと謎。。。

とりあえず自分でpt立ててライオンは見たいところ。フレはもう前半時間切れを見ているようなので追いつかないと!

占星や白さんでこうして欲しいとかおすすめのアビの切りどころなどアドバイスあったら教えてください!
特に白のアビリティの仕様を使っていないから理解できてないのでここはヒール任せて欲しいとかここは占星が頑張って欲しいなどなど…
ホロスコープとアサリが特に無駄になってる気がするので…

装備更新だが、黙示の必要部位は終わったので後はロット運を願いたいところ。3層の脚は特に!(足は明日以降交換できるけれど薬に使いたいのでロットで勝ちたいな…)

黙示はタンク装備に使っていきます。

ではでは
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles