Personnage

Personnage

Evariste Albert

Anima (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

初心者タンクが初見でトトラク(挑戦後)

Public
 トトラクに行ってきました。
 今回初めて、初見IDをフレさんと4人PTで行きました。知己であるというだけで、こんなに緊張しないものなんですね。
 フレさんたちが歴戦の戦士なのもあり、完全に『連れて行って貰った』という感覚が強かったです。
 今までで一番するっと終わりましたもの。。


 トトラクは道が狭くて迷路みたいで、自分は現在地が分からなくなってしまいました。。ルートは頭にあるけど、どの道を行くのが良かったのかグルグルしそうな場所でした。
 二回目からは地図開けば現在地確認とかできるようになりますが、それでもすごく不安になる場所ですね。
 あと想像より狭かったです。これはギミック要素が非常に強い構造だからなのかな。


 ダンジョン内のギミック要素は他にありましたけど、ステータス異常など進行の妨げになる常設ギミックはここが初めてですね。
 昔は避けて通れない毒床とかよくダンジョンにあった気がして、ちょっと懐かしい気持ちになるIDではありました。
 蜘蛛の巣は皆で揃って入っても、本当に皆いるのか不安になりますね。巣を壊せばいい話ですが、要らぬ手間なので。
 といいながら、前に行き過ぎて1人で吸い込まれてしまった所もあり大分ご迷惑をおかけし。

 敵そのものは割とオーソドックスな作りだと思いました。特殊だったとすればボスくらいですね。
 敵が死角になる場所にいるのは、通常の敵ならグループを示す黄色のラインが表示されてるので『いる』って分かるのですが、それでも位置取りがとても難しかったです。
 隅に敵がいるのもありますが、やはり狭いというのは難しいですね。どこに集めたら戦いやすいのか、そういう『大きな空間』が存在しない場所での戦闘を考えさせられました。
 あと死角に入る繭は分からなくて、何個か近付いてしまいました。。結構毒を貰った気がして申し訳ないです。(自分より遙かに早く遠距離で倒して下さってましたが…)
 ギミック発動で出てくるオチューの毒も思い切り受けたんですけど、あれも避けられるのかな。
 
 慣れている上に強い方たちだったので、ボス戦も苦戦することはなかったのですが。
 今回のボスの尻尾のように『最優先で倒すもの』があったとき、マーカー付のタゲを使うんだろうなと思いました。
 今回出番なかったですけど。


 トトラクは敵・味方・自分の位置関係、最優先ターゲットあたりの練習コンテンツでしょうか。
 妨害ギミックや死角というのも練習の一つなのかと思いますが。50以下のIDの方が難しく、かつトトラクは旧時代のもので特に難易度が高いと言われたので違う気がしました。
 まぁ。。難易度と言われても、一緒に行った方達が強かったため全く実感がなく。。自分はベリーイージーみたいな感じになってたから…。
 練習がてら、死ぬの前提で1人で行ってみようかと思います。CFで行くのとはまた違うでしょうが。
 あとそろそろDPSを育てて、他のタンクさんの後ろを走れるようにしようと思います。他の人を知ってるか知らないかは大きいと思うので。

 とりあえず、次はハウケタ屋敷!


***
 トトラクは魔物の巣窟じゃなくて腐海の森か何かだろというのが見た目の印象です。ハラタリの方が魔物の巣窟感あった。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles