Personnage

Personnage

Hello Beer

Ramuh (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

猿でもわかる🐵高難易度コンテンツ(極・零式・絶)

Public
「極ルビウェポン」「再生零式」「絶アレク」etc…
ロドストでタイトルを見るたびに、自分とは縁のない遠い世界のことだなー。そもそも極と零式と絶ってどれが強いの?
っていつも思っていました。


******


極は分かるんです。

イフリート→真イフリート→極イフリート

超強い蛮神ですよね。
で、零式と絶がよく分からない。でもどうやら極より零式が難しく、零式より絶が難しいらしいんです。

そうか!こうだろ!!

イフリート→真イフリート→極イフリート→零式イフリート→絶イフリート

違いました( ̄▽ ̄)


******


蛮神戦は極が1番強いそうです。
では零式・絶ってなに?って話しになりますよね。

この2つは「ノーマルレイド」というものの難しい版らしいのです。


******


蒼天のイシュガルドが終わると「機工城アレキサンダー」という8人で挑むIDができるようになります。
全部で12個のIDがあって順番にクリアしていくと、アレキサンダーシリーズ踏破!

そしてこのシリーズを踏破すると、アレキサンダーの難しいシリーズ「アレキサンダー零式」ができるようになる、と。零式も全部て12個で順番にクリアしていきます。
(正確には4IDクリアで零式4ID開放)

このアレキサンダー零式シリーズを踏破すると、さらに難しい「絶アレキサンダー」ができるようになるそうです。絶アレキサンダーは超絶難しいから1個だけみたいです。


******


この8人IDシリーズ、紅蓮のリベレーターでは「次元の狭間オメガ」、漆黒のヴィランズでは「希望の園エデン」というものが用意されています。

このアレキサンダー・オメガ・エデンの8人IDシリーズのことを「ノーマルレイド」と呼ぶそうです。
そしてそれそれ零式・絶があります。


******


まとめると

・蛮神戦:普通→真→極
・ノーマルレイド:普通→零式→絶


という難易度があるんですね。
そしてこの中の極・零式・絶のことを高難易度コンテンツ(エンドコンテンツ)と呼ぶそうです。


******


では、なぜ人は高難易度コンテンツに挑むのか?

ご褒美がもらえるからなんですね。

蛮神系の極では、マウント(乗り物)が貰えます。
ノーマルレイド系の零式では、超強い武器が貰えます。
(極でも武器も貰えることあるし、零式でもマウントは貰えることあるみたいですが)

そして最新の零式ほど強い武器が手に入ります。先日のパッチ5.4でエデンシリーズ12IDのうちの、最後の4IDができるようになったんですね。エデン再生編というそうです。

ここの零式ではIL530くらいの武器・装備がもらえるそうです。

だからベテランの皆様は今、みーんな零式に挑戦してるんですね。


******


本当は新生にも「バハムート」というノーマルレイドがあったり、ノーマルレイドは4IDで1まとまり等々、色々あるようです。また蛮神系も「幻」という極の上が期間限定であるとか。

ただ私のように「零式イフリート、絶イフリート」レベルの方々は、とりあえずこれだけ知っていれば充分かと。

以上、猿でもわかる高難易度コンテンツでした🐵
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles