Personnage

Personnage

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

夢の国ダン・スカーと古アムダプール市街(ハード)の冒険者【超ネタバレ】

Public
告知無しアライアンスレイド下限募集(ダンスカー)は人が集まらずに解散となってしまいました。
人が集まらずに解散の流れは結構心理的なダメージが大きいです。


では何故イベント募集を利用しないのか。
何故人が集まらない可能性もあるにも関わらず、下限PT募集にこだわるのか。

至極当然な意見です。

以前の日記(2020/8/9)にも書きましたが、付け加えるなら募集時間に私が間に合わない可能性があるからです。
そして何より予定を立てる行為があんまり好きではないからかも…。(←おい)
私としては、PT募集を見てくれた人が「お、面白そうだなー。」と思って入ってくれるぐらいの軽すぎる気持ちで参加して頂けたらと思っていたのですが、「下限」が付くと中々敷居が高くなるようで。

では何故ダンスカーだけ、集まるのが厳しいと分かっていながら下限募集をしたのか。

それは運営が用意した「本当のダンスカー」を知りたかったからに他なりません。

つまり、ヴォイドアークとマハについては沢山の方のご協力により無事に出発出来て、エリアの敵を蹂躙しつつクリア出来たのですが、クエストのムービーを見ていると、私の中でFF12のバルフレアと被って仕方がないレオファード・ミスト(同じ空賊だし)の挑戦がノーマルシンクだと軽く感じてしまうのが勿体なく思うのです。

つまりレオフォードと同じような挑戦をしてみたい。(全く意味不明?)

簡単に突破してしまうと運営が折角用意してくれた最高の物語(私の中ではイシュガルドメインクエよりこちらの方が本能的には好きだったりします。登場人物みんな明るいし。)をあっさり終わらせてしまうのは勿体ないと思うのです。

なので、私はモンスターと戦ったり、飛空艇を操縦したり出来ないなりに何とか苦労して(?)このクエストシリーズを終わらせたいなーと思いゲリラ的野良下限募集に踏み切った訳です。

正直、アライアンスレイド下限野良募集は最早ロマンの域に入ってしまっておりますが、何となく「苦労してクリアしてみたい」と賛同してくれる方が今後増えてくれたら良いなーと思っています。
(こういう事をして結局クリア出来ず終わってしまったら本末転倒な気がしないでもないですが…)

そして昨夜は制限時間いっぱいとなり、断腸の思いでPTは解散する事になってしまいましたが、長時間待っていただいた皆様、本当に有難うございました。
解散時の別れ際には、どうしても気の利いた言葉が出て来ずにあっさりとした挨拶になってしまっていましたが、本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいだった事をこの場を借りて報告させていただきます。


ダンスカーのPT募集を打ち切った私はしばらく傷心状態で紅蓮エリアを彷徨っていたのですが、妙に明るいアリゼー(まだあんまり出番はありませんが)を見ていると、沸々と「このままでは終われないだろう」と言う気持ちが沸き上がり、気合で古アムダプール市街(ハード)下限のPT募集を始めました。

たまたま、まだ終わらせていなかったIDだったのでたまたまここを選んだだけだったのですが、この日記を書くにあたって古アムダプール市街(ハード)を調べてみたら鳥肌が立ちました。

アムダプールとマハは魔大戦で繋がっているのですね。
何か学者クエまで絡んできており最早意味不明状態。

私的適当解釈をすると、第五星歴末期に起きた魔法都市マハから始まった霊災(あえてこの表現にしてみます)が古都アムダプールや都市国家ニーム(学者クエのあれですね)まで及び天才的な魔導士たちがどうにかこうにか封じ込めに成功したのに、何故かこの時期(ニーズヘッグが暴れまわっている時期)にイシュガルドの空では1500年位前(適当。正確に何年前かは分かりませんでした。ムービー見返したら誰かが言ってるかも)に実在してた相当ヤバい妖魔が復活しそうになっており、それをレオファード・ミストたちイシュガルド(?)の空賊たちが迎え撃とうとしている…

そんなお話なのです。
レオファード・ミスト達の活躍はおそらくアイメリクは知らないでしょう。(知らない方が胸熱)

熱すぎます。
正直イシュガルドの政争より熱いです。
戦っている敵が半端ない。

そういう物語だったのですね。

私は全く何も知らずに、ただ解放して放置していた古アムダプール市街(ハード)の下限募集をしただけだったのですが、まさかダンスカーと繋がっていたとは…(冷静に考えたら蒼天で導入されているので、運営は狙っていますけどね。)

それでも私には運命的でした。
そして古アムダプール市街(ハード)下限に参加して下さった皆様も大変素晴らしいメンバーで、ダンスカーで傷ついていた私の心をすっかり癒してくれました。
本当に楽しかったです!


そしてシャドウオブマハ一連のストーリーを調べれば調べるほど、どうしてもレオファード・ミストのように華麗に「ニッ」と笑いながら下限でPT募集をして、ワーワーキャーキャー言いながらも、このクエストを楽しみながら終わらせたい思いが募ってくるのであります。


そう。

つまりダン・スカーとは私にとって夢の国なのであります。







蛇足
まぁ、つまり、アリゼー最強って事なんですけどね。

Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles