Personnage

Personnage

Kanagutu Tatata

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 0

『ジャスティスキック』習得に伴った あるストーリー

Public

『青魔道士』のカッケー技ーー
 必殺キック『ジャスティスキック』ーー


 使い心地としては、竜騎士の『ドラゴンダイブ』みたいなもんである。
 敵に急接近してドゴーンと爆発するアビリティ。


 汎用性が高く、使い勝手の良いアビリティだ。


 ーー今回の『モグコレ』にて、こいつを使った高速周回が注目された。
 そのため、この技を習得していない人のための、パーティ募集がそれなりに見受けられた。


 ……これは、先日ジャスティスキック習得パーティに参加した、
 ひとりの男の物語であるーー


 ーーーー。


 時刻は夜20時。
 そろそろ、パーティ募集が活気づいてくると思われる時間帯ーー


 ジャスティスキック習得パーティ募集を発見したTatataさん。
 意気揚々と参戦していくのであったーー


「タンクやるので誰かヒーラーお願いします」


 青魔道士は『エーテルコピー』という技を使うことで、
 タンクスタンスやヒーラースタンスになることが可能である。
(同じジョブにも関わらず、複数のロールになれる存在なのだ)


「…………」


 しかし、メンバーは沈黙を守ったままである。
 ……ぶっちゃけ、ほとんどの人は青魔でヒーラーやタンクをやったことがない……!
(脳死で青魔でズルをしたいだけなのだ!)


 結局、ひとりが白魔になってくれてスタート。
(え?)


「青魔のヒーラースタンスでいいですよ!?」という話題は出たのだが、
「もうラーニングしているので大丈夫です^^」との返信が来た。


 ……なんでこのパーティに参加したんだろう……


 みんなで「ありがとー」と言いながら、我々はアレキサンダー律動編4層へ突入した。
(もしかしたら、気を遣って嘘をついてくれたのかもね)


 ーーーー。


全滅。


 ふつうに、我々は全滅した。


 タンクはヘイトを取りきれずーーヒーラーは回復が間に合わないーー
 何よりDPSは全員ギミックをよく知らず攻撃を食らいまくるーー!


「……これクリアできるんか?(滝汗)」


 そのような疑問が浮かび上がるTatataさんーー
 なお青魔道士の技習得パーティでは、わりとこのような展開は起こりがちである。


 ーーしかし、チャレンジをするうちに、なんっとかギリギリクリアすることに成功。
 ヒーラーも力尽きてDPSは2名ほどお亡くなりの状態だったが、なんとかクリア。


「よっしゃああああ!」「ひゅううううう!」「あぶねえええええ!」


 盛り上がるメンバーたち、
 そして、そこにはジャスティスキックラーニングの文字。目標達成だ。


 ーーだが、


「……これ、死んでる人はラーニングできてないのでは?」


 あっ……


 そうなのである。
 青魔道士の技習得条件はふたつーー


1.習得したい技を敵が打っていること。
2.敵を倒した瞬間に生き残っていること。


 ………2名の方が……ラーニングできていないのだ………


 流れる微妙な空気ーー


 この苦戦した戦いをーーもう一度やるのか……?


 果たして、勝てるのか……?


 もう……終わりでいいんじゃないか……?


「…………」


 時がーー止まったかのように思われたーー








 






「じゃあもう……慣れたジョブで構わんのじゃろう?」


 ーーそこに現れたのは忍者マスターTatataの姿であったーー


 ……そう、ラーニングの済んだ者は、もういつもの慣れたジョブで挑めばいいのだーー!


「ヒーラーもう1枚あった方がいいですよね!」


 ーー現れる学者ーー


「戦士なら得意です! 今度こそタンクの役割果たします!」


 ーー現れる戦士ーー


「侍なら任せろーーー!」


 ーー現れる侍ーー


 ……負けるわけがない……!


 我々はアレキサンダー律動編4層へ突入するーー
 絶対の勝利を確信しながらーー!


 ーーーー。


 1発でクリア、そしてラーニングも完了。
 メンバーのテンションも最高潮である。


 ーーしかして、別れもやってくるものである。
 出会いはいつでも一期一会ーー


「ありがとうございました!」「楽しかったです!」「感謝です!」


 ーー思い思いの言葉を語るメンバーたち。
 Tatataさんも、ひとこと語って、今回の習得パーティを終了するのであった。


「いやー充実した習得パーティだった」


 ーーーー。


 こういう一期一会っていいよね。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles