Personnage

Personnage

Kanagutu Tatata

Mandragora (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 2

魔境と化すTatataハウス

Public
「日記を見て いろいろ持ってきました^^」


 ナマズオの戦士がいろいろと持ってきたらしい。
 ……いろいろってなんだよ、いろいろって。


 複数形の単語に、不安を禁じ得ないTatataさん。
 持ってきた内容を確認していくのであったーー



『ガガナの剥製』
『ダルメルの剥製』
『モルボルスクリーン』
『メガロドン・ジョー』
『焔神イフリートの瓦灯』
『雷神ラムウのプラズマランプ』
『始皇帝の玉座』


 賑やかだなオイ。
 全部派手で、全部グロくて、全部デカいんだが……これは嫌がらせなのでは?
(名推理)


「『始皇帝の玉座』が何気に10万ギルくらいしました^^」


 無駄に高ぇ!
 つーか買ってまで持ってくる必要あったか!?


「嫌がらせのためなら、ギルは惜しまないんです……!」


 やっぱり嫌がらせじゃないか(確信)



 こちらが嫌がらせで買ってきたらしい始皇帝の玉座。
 以前にナマズオハウジング訪れた時に見たことあるなコレ。


 ……色合い的に海底神殿とか、そういうところに設置する方がしっくりくるな。
 何気にポセイドンっぽいパーツが結構集まりつつある。



 焔神イフリートの瓦灯は、インディージョー○ズ感あっていいね。
 なんかこういうやつがお宝守ったりしてるでしょ? (見たことないけど)


 ……ガーディアン候補多すぎるな。
『3つの試練』とかで3人くらいガーディアンにするか。



 剥製シリーズ。
 デカい。


「想像以上に大きいですね……もっと持ってくれば良かった」


 キミはTatataハウスをどうしたいんですかね?
 Sハウスでこれ以上暴れられると困るんですが。



「そういえば、Tatataさんはいつ現実に戻るんでしたっけ?」


 …………なんかパワーワード感すごい言葉が出たが、
 これはTatataさんがもうすぐ休止して、現実の忙しさと戦うというお話だな。


 予定では11月8・9・10日のどこかあたりに課金が切れて、そのまま休止の予定である。
 復帰は年末12月30日とかそのあたり。


「復帰したときにはTatataタンクで『エデン再生編』をクリアしましよう!」


 復帰直後の歓迎としては手荒すぎませんかね……? (震え声)
 面白そうではあるけど。


 ーーーー。


 癖の強い家具が一気に増えた。
 ……まぁ、使えそうなヤツは使って、そうでないやつは次回の機会にとっておこう。


 …………いつも、ありがとうな。
(唐突なありがとうで好感度を稼ぐTatata)
Commentaires (2)

Legolas Elf

Shinryu (Mana)

剥製は1階の砂漠に置いてもよくね?
砂漠にも動物いるし?

モルボルは・・・地下遺跡への入口?

どうだ?
ない脳ミソ使って考えたぞ!?

Kanagutu Tatata

Mandragora (Mana)

 サスガダァ……
 ダルメルの剥製は1階に置いてみよう(即採用する経営者の鑑)


 モルボルくんも入り口に使うのは良いねぇ。
 ロフトとかを組み合わせて、もっとそれっぽい入り口にできたらGOODだな。
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles