Personnage

Personnage

  • 0

~2か月以上オセアニアのDCでレベルレした体験から~

Public
 黄金に入る前まで2か月以上マテリアDCでレベルレを回して、

個人的に感じた特徴を3点まとめてみました。

-------------------------------------------------------------------------------

1.タンクはある意味初心者用のジョブであった。

 日本DCのレベルレでは、強いプレイヤー≒タンクとして挙げられやすいが、

マテリアDCでレベルレで遭遇したタンクを見ると、以下のように感じました。


  ・ミスしてデバフついても、別に大したことがないパターンが多い。

  ・ワイプしても「ごめん、ここ初めてでわからないんだ。」と言いやすい。

  ・道迷っても、誰かが教えてくれるし、誰も知らなかったらみんなで探せばいい。

  ・周りの人を無理に配慮しなくてもいい。

  ・何より、ヒーローっぽいし、主人公という立場としてプレイできる。


…そういう意味では、初心者におすすめ!といわれるのは個人的に納得ができます。

リアルでもこんな環境を作ってみたいです…。

(その分、ヒーラーに対する負担が大きくなるとはいえ、

ヒーラーの本業に専念しやすい環境ともいえます{MIP入手しやすいし、個人的にやりがいがあります})


2.細かいルールがほぼない。

 タンクの件もそうだが、なんだかんだ現地の細かいルールというものがほぼない感じです。

たとえあったとしても、クリアする上で最低限必要なルールを共有する感じかもしれない…。

IDはまとめ狩りが9割ぐらいあるが、別に1G進行しても特に問題ないです。

挨拶も自由だし、よほど問題になりそうでなければ大丈夫かと思います。

レベルレ以外で言うなら、アライアンスレイドとなると誰がMTをするかというルールすらありません。

「やりたい人がMTをやればいい。」で済むぐらいです。(ケルベロス戦で面白いことになったけど)

ルールに縛られない環境といえるかもしれません。


3.DPSに強い人が混ざることがある。

 日本ではDPS=初心者ジョブというイメージがあり、若葉さんがDPSを選ぶことが多いが、

オセアニアでは、体感的に強い人がDPSとしてくることがあります。

強い人ほど、リミットブレイクを積極的に使う、飯を食べる、バフデバフを有効活用する等、

DPSとして貢献する人がちらほら見かけます。(※全員がそうとは限らないが)

プレイして5年ぐらい経過していますが、見習うところもありますね。


-------------------------------------------------------------------------------


 なおヒーラーの話題がほとんどなかったですが、

私はヒーラーで参加することが多いので、あまり観察できていません。

即シャキしやすいので…(汗)

たまに私がタンクで挑むことがありますが、まとめ狩りしても特に問題なく進むことが多いので、

柔軟にプレイできるヒーラーは多いと思います。


 ID以外はどうなっているか説明したいところですが、

…人数不足でシャきらないことがよくあります。(アライアンスルーレットは特に深刻です。)

(英語)PTで討滅ルレ戦・Nレイドルレ募集しているところもあり、何度か参加していますが、

ワイワイすることが多く、とても楽しいです。

(うまくいったり、いかなかったりいろんなことがあります)


(*‘∀‘)黄金前はオセアニアで遊べるチャンスなので、
いつもと違う環境で刺激を味わうのも面白いかも…!?
Commentaires (0)
Écrire un commentaire

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles