Personnage

Personnage

Gallon Deko

Bienheureuse d'Azurée

Unicorn (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 2

漆黒旅日記⑨

Public
前回の日記



三日坊主が日記続いてる…
という事で今回はアムアレーンに大罪喰いを探しに行きます!

アリゼーの提案で誘導班と
西側から遠回りして目的地のナバスアレンへ
向かう班に分かれる事になりました。
また双子と暫くお別れですな。

ナバスアレンは盗堀者よけの仕掛け扉があって
それを突破しないとたどり着けないらいし。

仕掛け扉を開けるにはトロッコと
それを動かしてくれるタロース(ロボ)が必要とな。
ふむ。ジ〇リに出て来そうな可愛いロボット^^


早速トロッコのプロフェッショナルに
タロースの稼働をお願いしに行きます!

実質門前払い!!!
そんな…綺麗な夜空見たくない??
そんな事言っても鉱山の人達に笑われるだけか…
バカな夢みてんじゃねぇよって。

そしていつもの~お手伝いタイム~

ジェッリク「ここのボルトが緩んでるな、道具を出してくれ!」
ヒカセン「 つ(レンチ) 」

ハッ!!!!!

しまった‥!つい真面目な回答をッッ!!!
未熟者めふざけ倒すと決めてたのに気を抜くとすぐこれだ!!

ヒカセンの真面目な働きに関心したジェリックが
いろいろと話してくれました。

線路の整備をしてくれているジェリック達がいる
トゥワインは、ロンゾとミステルが古くから住んでいて
ふたつの尻尾が交わったからこそ鉱業が栄えた。
だから「モフモフタウン」なんて名がついているらしいです。

親方がトロッコって単語を聞き入れてくれない理由も教えてくれました。

家族を失った親方と
今その節目にいるサンクレットの会話が
なんとも言えなかった…

そこに自分の決断を揺るがすような事を言う
サンクレットにモヤっとするミンフィリア。

やめろ、その言葉は私に響く。
頭ぽんぽんだけじゃどれだけ大事にされてるか伝わらないよね;
サンクレットに意気込んだり、ぼーっとしてたり。
悩んでる。どういう決断をするのかなぁ。

なんて旅だ、
コメントしにくいよ…w


「ただ大切なあなたに、
未来へと歩んでほしい…歩んでほしかった…
それだけのものなのです。」

今作のウリエンジェさん…イイ!
言葉を素直に伝えるようになったウリエンジェさん、
ムーンブリダさんに会わせてあげたい。
いやムーンブリダさんにはあのままで大丈夫か。

場面が変わりまして


それ!!今作で一番気になってる!!

★☆エメ公のお陰でゲット出来た水晶公情報☆★
①眠ってない。
②アシエン嫌い
③ヒカセンの事を旧知の仲の様に知っている
④英雄の召喚術はアラグの塔に備わっていた機能ではない
 ※肉体を捨てさせずに人を別世界に招く事はアシエンにも出来ない。
⑤「私は人の歴史、人の執念によって導かれた代行者だ
  クリスタルタワー、時の翼、彼方より来たりし者による
  次元を超えた事象観測。そしてそれらを目にすることになる天才たちが
  生涯をかけて遺した閃き。すべての想いと奇跡を託されてここに立つ。
  運命に反逆せんとするために。」


読んでそのまま未来の人かなって思いました。
エメ公が古代の人だからそれと対になる立場。
私の渾身のアラグの英雄説が…崩れていく音がする…
やはりクリスタルタワーで眠ってるグラハの魂がふよよ~~って
いろんな次元に飛んで第一世界にたどり着いた方のパターンかな‥?

場面がもどってモフモフ天国。

タロースを動かす動力となる石を
サンクレットと見つけ出すことに成功!
それも採掘師だった親方の奥さんのメッセージが掘られた石でした。

目に光が戻った親方の手によってタロース起動~!
仕掛け扉も無事解除!
あまりにも可愛いタローストロッコ満喫中のヒカセンの前に
現れたのは‥‥ランジート!!w


「お前のわがままくらいいくらでも受け止める。自分の思いをぶつけてこい」
そういってミンフィリアの元へ送り届け、ランジートの前に立つサンクレット!

ちょっといきなり娘とか妹とかで二人を称されても
しっくりこないんですけど!!!(空気が読めない)
でも泣けるくらいかっこよかった!!
家族、なるほど家族という形で表すのだな!


光の氾濫をミンフィリアが抑えた地にたどり着くと
久しぶりに過去視が始まりました。

ミンフィリアに力を渡して消えていく
第一世界の戦士たち。
アルバートだけは本当の意味で世界を救おうとしたときの
希望になるから力を使い果たしてはいけないとミンフィリアに止められました。
それから100年その意味も分からず放浪としてたのか~


サンクレットにこの子託されて来たけど、
お久しぶりだしヒカセンも会いたかっただろうから
この選択肢にしました。
サンクレットが頑張ってくれた事は
言わなくてもこの子いる時点で分かるだろうしなw

「私はみんなと一緒に大罪喰を倒し、この世界を救いたいです」
ミンフィリアの答えがでました。

いるよなぁ。しかも自分を明け渡せば救える人を前にしてこの決断。

これが繋がって、繋がって
この世界でもいつかまた多くの英雄たちが
果てない未来を目指すようになればいい。
深読みしてしまいますヨシダさん。果てない未来目指したいぜ。

「覚えていて、英雄はひとりではないわ。」

そういってミンフィリアとは今度こそ、本当のお別れでしょう。
もしもし?ミンフィリアよ。テレポ代くらいは出すわ。
当時は生活感溢れるネタに笑ってましたが今や懐かしい。
今後も誰かの会話で思い出話とか出てくるといいな。





リーンは妖精語で祝福というそうです。
ミンフィリアがリーンの姿を本来の容姿に戻してくれました。
サンクレットの親ばかこれから炸裂しそうだなぁw


マリカの大井戸にいた大罪喰いを討伐して
アムアレーンにも夜が戻りました!
テスリーンやったよおおおおおおおお!!!!

今回吸収した光で4体目。
ヒカセンの様子が危なげだったので
恐らくキャパの限界が来てるのかな…


残すはコルシアのみですね!
そろそろ終盤ですね。
Commentaires (2)

Peony Lu

Unicorn (Elemental)

デコさんが漆黒日記をつけていることに今気づいた!読みながら当時を思い出しウルッときました
テンペストの旅も頑張って!

Gallon Deko

Unicorn (Elemental)

@ピオニーさん
見てくれて有難うございますー!!自分の備忘録として書いてましたwウルウルポイント多いですよね;;;ゆっくり最後まで楽しみます〜^^
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles

Politique d'utilisation des cookies

Ce site Internet utilise des cookies. Si vous ne désirez pas avoir des cookies sur votre appareil, n’utilisez pas le site Internet. Veuillez lire la politique d’utilisation des cookies de Square Enix pour plus d’informations. Votre utilisation du site Internet est aussi soumise aux conditions d’utilisation et à la politique de confidentialité de Square Enix ; en utilisant ce site Internet, vous acceptez ces conditions. Les conditions d’utilisation, la politique de confidentialité et la politique d’utilisation des cookies de Square Enix peuvent aussi être trouvées en cliquant sur les liens situés dans le menu au bas de la page.