Personnage

Personnage

Gallon Deko

Bienheureuse d'Azurée

Unicorn (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 4

漆黒旅日記⑧

Public
前回の日記


喜ぶモフモフ
ラケティカにも夜が戻りました!

次の動きを決めるためにクリスタリウムへ戻ると
ヴァウスリーに喧嘩を売っていた水晶公、双子と合流。
エーテライト前の広場にNPCが集まってるとわくわくします!w

クリスタルタワーから長らく離れていた
水晶公がフラッフラなので一旦休憩タイムを挟む事に。


部屋に入るやいなや自分の様子を確認するヒカセン。
分かる…呑気に金策とかしてるけどあの話聞いた以降
こんな事してて大丈夫?って思ったりするww

アルバートも様子はどうだ?と心配してくれました。
ヒカセン「寝るしかない」
アルバート「せやな、睡眠大事」

光の加護を受けるものは
ハイデリンのテンパードみたいなものなのか?とアルバ―トさん。

世界を救いたいと思った人を
勝手にテンパードにする蛮神!?
蛮神もコントロール出来れば一概に悪いものではないのかも?

光の氾濫からすべての楽しかった思い出さえも
削り取りたくなるほど、精神的に参ってしまったアルバートは、
こんな自分は誰かを否定も肯定もするべきではないと思っていたらしいです。
(※ロドスト画像上限が近いので雑なセリフ解釈でお送りします)

「スリザーバウのやつらが夜を見て感激していたこと、
 …良かったなって俺も思ったよ」

は~~考え方もモチベが英雄の鏡かよ~~~
こんな人と冒険出来たら周りの仲間の楽しかっただろうな!


一方その頃原初世界は、

戦況は硬直状態。
黒薔薇の使用をどうやって阻止するか楽しみです…!
エスティニアンとかガイウス操作出来るのかな。

第一世界に視点が戻り

なんとレイクランドに罪喰いが攻めて来ました。
休んでる暇ないね…


坊ちゃん癒して~~!!(HP100%)
久しぶりのお嬢様とお坊ちゃまとの共闘に心躍る爺でした。

負傷したライナ
ライナを庇うも隙を狙われピンチのミンフィリア
それを更に庇って負傷するサンクレット
あたりは負傷兵がたくさん…

双子との共闘ではしゃいでいた
テンションが徐々に空気を読みだした頃に


負傷兵の後ろに罪喰いが迫っている事に
気づいたアルバート

でも声は当然届かず
振り上げた斧は罪喰いに触らる事も出来ず

これは、辛すぎる


アルバートの後方で聞こえた兵士の声と

中心には ヒカセン

ぐああああああああああああああ
罪悪感しかねぇよ!!!!!!!


ヒカセンも必至だろうけどよ(他人事)
前、この世界救ってくれるのか?って言ってたけど
ホントはアルバ―ト本人が成し遂げたかった事でしょ…
それが理のバランスか何か知らんが理不尽な理由で
悪い方向に世界を変えてしまってさ~~
やるせねぇよ~~~

あと、このムビ見て一つだけ漆黒終わらせるまでに
やりたい事が出来たので個人的に頑張ります…!


大きな被害を受けながらも
なんとか罪喰いを倒した後

ライナさん;;;
こういう悔しい思いたくさんしてきたんだろうな
レイクランドの人達

この後に気球から聞こえてきた
ヴァウスリーの「降伏せよ~(超省略)」的な
声にムカーとしました…!ボコボコに倒すぞ!

「生きているうちに本当の空が見られてよかった
俺たちの生きてる世界はとても綺麗だった」
「闇の戦士の行いも、公の判断も間違いだったとは思いません」
「諦めないで、悔いないでくださいと公にお伝えください」

ちょっと涙が出てきたから
自分で伝えに行って!!!!??

そういうところやぞレイクランドの民…ありがとう…

「悼みはしても嘆いてはならない。悔いたとしても俯いてはならない。
恐れも、苦痛も…ただ、この道を選んだ私の内にあればいい。」
by.水晶公

意外と抱え込む人だな??
空気抜かんと弾けるぞ…

暫くすると要人が星見の間に集合しました。
呼ばれてなかったのに遅刻すんなって顔で
見られてたエメ公可哀そうだったw

次の大罪喰いの場所について考えあぐねる一同。

本物の光の巫女なら大罪喰いの場所が
分かるんじゃないですか?とついにミンフィリアが
皆の前でホンモノの話を切り出しました。

アムアレーンの地で本物のミンフィリアに
身体を渡して完全な光の巫女になれば
大罪喰いを見つけれる。スリザーバウの時とは
また違った必死さです。ちょっと悲し気;;

こちらは瞬で分かってる!と勢いよく突っぱねられた
サンクレットさんです。エメ公にまで
事前にちゃんと話しておくべきと諭される始末。
サンクレットにとっても難しいケジメだもんねぇ…

★☆エメトセルクさんの質問コーナー☆★
Qゾディアークとの関係について
オリジナルアシエンはわかたれる前の世界の人だ。
ゾディアークは私たちに創られた存在である。
そこらのテンパードと同じことは実のところ起きてる。
精神への干渉はいくらか防げるがどうしても引っ張られる。
結果アシエンは闇とも呼ばれる活性と激化の力に
寄った存在にならざるを得なかった。

聞く耳を持てば真実を語ろう
こうしてわざわざ問いかけにきたお前にこそ
語られる事実があるべきだ。

べ、別にエメ公にだけ話かけてるわけじゃ
ないんだからな…!!照

しかし読み飛ばすには惜しすぎる事実!
ようは蛮神に寄った存在になれば精神干渉抑えれるって事ですね!
だいぶ素質はいるだろうけど。
え…ウリエンジェさんヒカセンを光に寄った存在に…とかないですよね??
元々光にだいぶ寄ってると思うんだけどやっぱり対処全然想像つかないな~

という事で次回はアムアレーンです!

顔に出とるぞ

Commentaires (4)

Keel Lunaring

Unicorn (Elemental)

「漆黒終わらせるまでにやりたい事が出来た」...なんだろう?
気になる!

Gallon Deko

Unicorn (Elemental)

@キールさん
細かいとこまで読んでくれてる…!
不得意分野なので間に合わない可能性が大です!笑
達成出来たら日記の続きで公開したいなぁ〜

Keel Lunaring

Unicorn (Elemental)

なんとなく分かったかも〜
即シャキなアレですね、たぶん(^.^)
応援してます!

Gallon Deko

Unicorn (Elemental)

@キールさん
wwwwその通りです( ̄∇ ̄)
ありがとですー
せめてメインクエ受注出来るとこまで頑張りたい!
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles

Politique d'utilisation des cookies

Ce site Internet utilise des cookies. Si vous ne désirez pas avoir des cookies sur votre appareil, n’utilisez pas le site Internet. Veuillez lire la politique d’utilisation des cookies de Square Enix pour plus d’informations. Votre utilisation du site Internet est aussi soumise aux conditions d’utilisation et à la politique de confidentialité de Square Enix ; en utilisant ce site Internet, vous acceptez ces conditions. Les conditions d’utilisation, la politique de confidentialité et la politique d’utilisation des cookies de Square Enix peuvent aussi être trouvées en cliquant sur les liens situés dans le menu au bas de la page.