Personnage

Personnage

Shiro Misono

Zeromus (Gaia)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 2

ロールクエを進めた話

Public
漆黒プレイ日記12
漆黒プレイ日記の最初→ 漆黒プレイ日記1

漆黒本編序盤の話をしています。
以下はこれから漆黒やるからあんまり情報見たくない!という方向けの改行

















































あらすじ:クリスタリウムによるミンフィリア奪還作戦(激アツ)(最高)は辛くも成功したが、イル・メグにて一行は妖術によりウリエンジェの館への道がわからなくなってしまった……!はたして大罪食い討伐まで辿り着けるのか!?助けてくれウリエンジェ!!

以下雑談

Cliquez pour afficherCliquez pour cacher


ミンフィリアちゃんってなあに?ワンチャン蛮神だったりしないよな?とは言いましたが、そういやそもそもここ第一世界だと「蛮神」が出て来てないな。
サハギンは深海にいるから産卵地問題起きてないし、コボルトであるモルド族は人間と仲良しだし。
アマルジャ(ズン族?これは別?)も仲良しだしな。あと新生はイクサルだけだけど、イクサルってアラグ帝国の実験動物が〜ってアレだから、アラグ帝国がなさげなここだとイクサル自体もいない……?
あーそういえばアラグ帝国もアシエン主導なんだったっけか……?
とりあえずいま現在第一世界は蛮神問題には直面してないんだな。クリスタルが無い?光のエーテルが溢れてるんならそれ使って蛮神にはなれない?





以上雑談。

今回は……なんと!

ストーリーが1mmしか進んでおりません!!
その代わりロールクエを少し進めました。

「漆黒のストーリーに頭殴られた人の悲鳴が見たいよ〜」て人は……これ飛ばして次読んでくれて全然良いです……



1mmしか進んでいないっていう1mmの具体的なところは「サンクレッドさんに話しかけて、サンクレッドさんに話しかけた」です。

昨日は「ふふ、明日はウリエンジェさんに会えるかな〜イル・メグうろうろしちゃお〜」と思ってたのにイル・メグをうろつきすらしていない。

さて、イル・メグの中で道に迷ってしまったわけですが、どうする?とサンクレッドに聞くととりあえずイル・メグの説明をしてくれる。
ここには様々な妖精が集まってくるらしい。

筆頭がピクシーってことはピクシー以外の妖精もいるんだな。シルフは?あっ、もしかしてフェアリー・エオスちゃんたちとかもいたりする?

ふふ……(ゆうれい?と怖がっていた)

ピクシーたちは遊びたい様子だから、彼女たちの集落「リグ・レーン」には迎え入れてくれるだろう、とのこと。


お〜、「呼ばれても振り返ってはいけない」、異世界ぽくて楽しいな。
サンクレッドさんがいる後ろの草がサボテンダーか何かのような形なのは……別に「かわいいね」でいいのかな……



メインクエは以上でおわり!
エーテライト解放したのでコルシア島あたりのロールクエ片付けに行きました。
まずはタンクのロールクエから。

タンクのロールクエ、ライト村がどうとか言うから「一年前の事件の……?」と思ってたら案の定そういうアレだった。
「俺はここの出身だったんだ。」から始まる過去回想。

おい!!!!!!!!!
「一年前に人型の魔物の襲撃により壊滅的な被害を受けた村出身の男の過去話」の時点でオチは読めてるんですが、「恋人」が来たってことは…… つまり なあ……?

二人は結婚を誓い合った仲らしい。余計にフラグを立てるな。
そして自分一人が狩りから帰ってくると、村はあの罪食いに襲われていた……と。

「見知った人が罪食いに変化する恐怖」、「恋人を自らの手にかけたやるせなさ」……

もう完璧だな!!!!!!
ということでこの人があいつを倒したい理由はよく分かった。

さて、肝心の罪食いの手がかりが、襲撃時に持ち去られた「双頭狼の牙」のみ。

罪食いってのは本能に従って行動するだけの虫のようなもの。なのにどうして奴が腕輪などを持ち帰ったのか?
他に手掛かりもないしまずはその腕輪について調べてみよう……ということになる。

「ユールモアに古物商がいるからちょっと聞いて来てくれ」「俺は事情があって顔出しづらいから」と言われたんですけど今現在ナウユールモアとバチバチやり合ってる俺以上にユールモアに行きづらい人間、いるのか……?

そいつに話を聞いたところ、モルド・スークにて同じ品を見つけた……?同じ品が売りに出る……?という噂がある……という情報を得た。
というところで本日のタンクロールクエは終わり。

双頭狼、フッブート王国?の紋章なんだっけか?フッブートってなんの国なんだっけ……イル・メグ入った時一瞬解説入ったような気がするけど……あれっエルフの国だっけ?それはレイクランドか
いやタンクの罪食いがそこ出身なのかななどと思ってたんですが……氾濫前の国家の特徴まではなかなか覚えられんな



ヒラのロールクエはというと、罪食いたちの死体?を使って見事罪食いを誘き寄せることに成功する。
いやでも仲間の死体でそいつをおびき寄せるって、俺たちも結構えげつないことしてるよなあ。

そこで始まる自分の過去視。

あ!!!!!これ…………アルバートさんとの出会いの話だ!!!!
そうか、このヒラちゃんがアルバートさんにとっての初めての仲間なのか…………そ、そんな出会いのシーンを…………

うわ〜和気藹々とした仲間のなりかた…………やめろ……やめろ……だって今俺の目の前には罪食いになったこのヒラちゃんが……世界を救ったのにその結果光の氾濫を起こして「光の戦士という大罪人」などと呼ばれるようになり……あまつさえ今は彼女自身罪食いとして憎まれる存在になっているこのヒラちゃんがいるわけで……

そういう結末を用意した上で温かい過去を見せるの、悪趣味じゃない……?(好きです)

過去視に浸ってた自分を起こすジオットさんの台詞、「高慢エルフ野郎!」で笑ってしまった。種族対応するな。
これドワーフだと「チビ!!」とか言われたのか?

一旦クリスタリウムに戻ろう!と言われたので「そんじゃキャスとタンクのロールクエやりに行こう」とアム・アレーンに飛ぶ。



キャスクエだけ「お手並み拝見だぜ!」てとこで止まってたんだよな。
サクサク終わらせて、では実際自分たちが狙う奴がどんな奴なのか?を聞く。

そいつがどういう点で厄介かというと、特に目的もなくぶらついているが行きあった人にブラックホールのようなものをぶつける……?らしい

黒魔道士は身内がやってるのを隣で見てただけだけどなんかヴォイドゲート的なのがどうとかだったっけ……?
と思ってたけど次元の狭間みたいなところに落とす?らしい。

とりあえずその虚無の射程範囲を見るために自動機械使ってそいつのとこ行ってみようぜ。という話になる。

試しに本人を見てみる……。
この流れ……ヒラの彼女と同じだ!
と、いうことは……なるほど、ロールクエは「罪食い本人に会ってアルバートさんたちの旅について知る」のが全体的な流れなんだな!

今度はどんな過去が見れるんだろう……、とワクワクしながら待つ。

来た!奴だ!

この人やっぱエレゼン?か?顔よく見えないな……耳尖ってる気がするような……
さ〜て始まりますよ、俺の過去視が…………

















過去視……………………






始まらんのかい!!!!!!!!
えーっじゃあヒラの彼女が特別だったってことか……?

そしてやつの残していった虚無の射程範囲などを調べていると、虚無から子供の声がする。

中で生きてられるもんなの……?

エーテルをホンニャラして子供を助けると素直に褒めてくれるケリッグさん、好きだな。

出てきた子供はエレゼンの子供らしい。
ええ……さっきの罪食いもエレゼン男だったよなあ……いやここにどういう繋がりあるかは分からないけど……
うーん?本人が転生?は、ないか。そいつだけは助けた?……???

とりあえずその子供はケリッグさんが預かることになるんですが


かわいいな…………。
子連れ狼じゃん。

そんな感じでケリッグさんと少年は仲良くやってるらしいんですが、肝心の記憶は戻らないらしい。
(ちなみにこれは近くに人がいたのでその人の名前が隠れる角度を探したらチョコボが良い仕事をしてくれた画像)


かわいいな……。

いちおうこの子の手がかりとして、「すごい魔力を持っている」ということを指摘するケリッグさん。だから親なり師匠なり魔法の指導をした人がいるはず……。
魔力があったから虚無の中でも生きていたのか?

それってつまり……、罪食いになったあの魔人が師匠だったとかそういう話にならん……?
あれ、でも光の氾濫が起きたのが100年前だから時系列おかしいか?いや次元の狭間なら時がウンタラでもおかしくない……?

「自分の子を探している魔道士がいる。もしかしたらその人がテイナーの親かも!」という人の噂を聞くが、その人の居場所はあの「旅立ちの宿」。
更に、旅立ちの宿についた時にはもうその人の子供は見つかっており、かつその人自身は亡くなっていた。どうにもなんねえ〜

俺たちの目的は罪食い討伐だし、テイナーくんの親探しをいつまでも続けるわけにも……。
というところで今日は終わり。

テイナーくん、まあ魔人の彼の関係者なんだろうとは思うんだけど……まさか実の息子……
エッ妻子持ちエレゼン男(キャス)(メカクレ)!?!?萌え萌えじゃん……と思ったがそれでも時系列がおかしい(100年前の人物)。直接の師匠とか親とかって可能性は低いよなあ。



四使徒とやら、生前の行動を繰り返してるってんならタンクとキャスの彼らはなんだろうな。敵を攻撃してるつもりなのか?
彼らの目には罪食いこそ仲間で人間こそ敵に見えているのでは……。などと思ったけど、これで彼ら自身「世界に恨まれている俺たちが世界を憎むのは当たり前だろ?」ってスタンスだったらエグいからやめてほしい(好き)
でも意図して罪食いをする(罪食いになっても意識を保つ)ってのは可能なのか……?うーんタンクロールクエで「罪食いは虫みたいなもん」って言ってたよなあ……いやでも罪食い研究なんて「現時点ではそう思われている」ってだけじゃない?

仮に罪食いが「罪食いこそが仲間に、人間が敵に見える」んなら四使徒に限らず普通の罪食いたちだってそうかもしれないよなあ。
一応テスリーンさんの例とかで「罪食いになってすぐはギリギリ人間の意思がある」ぽいんだよな。



次回はロールクエキリつくとこまで進めてストーリーの方行きたいですね……。

つぎ→ https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26051307/blog/4333861/
Commentaires (2)

Akane Aoi

Garuda (Elemental)

第一世界は蛮神含めて全部の「悪」やら「闇」やらをアルバート達が根絶してしまった世界ですからね。
たぶん蛮神召喚の方法すら遺失しているかと思います。
逆に言えば、神に頼らなくてもいい、蛮族という扱いをされる人のいない、平和な世界であるという意味にも。
究極の平和を求めた結果平和から最も遠のいてしまったという皮肉。

Shiro Misono

Zeromus (Gaia)

>あかねさん
なるほど、蛮族って概念が無い……。アマルジャ(ズン)族がふつ〜に受け入れられてるのを見てびっくりしたんですけどそう考えるとしっくり来ます。
蛮族って言い方、ff14用語とは思いつつ乱暴な言葉だなあと思ってたんですが。
じゃあ蛮神召喚が第一世界では「失われた禁術」みたいな扱いになるのかなーこれから先!それはそれで夢があってワクワクしますね……。
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles