Personnage

Personnage

Sola Isaka

Mascottiste

Titan (Mana)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

L'accord du joueur est nécessaire pour suivre ce personnage.
Envoyer une demande ?

  • 0

ギルを稼ごう!~ギャザクラをやってみよう!~

Public
ギャザクラをやってみよう!(前編)&戦闘狂だけど金策がしたい!(後編)
この前後編に分けて、今日は暇だな〜!って日にできる金策をピックアップしていきます。今回は前編、ギャザクラについて。これ作ったら売れるよ!ということは書いてないのでそれ期待してたらごめんね。でも何を作るべきか考えるためのヒントはできるだけ書いたよ。

あんまり面倒くさくない金策はこっちを読んでくれ。これでは物足りなくなったら手を出すといい。


1.ギャザクラは儲かるのか?

結論から申し上げます。下調べをきっちりできる人は儲けられます。
情報戦を制することがなによりの近道なのです…。長文を読んででも勝ちたい奴だけ読み進めてください。

まず、ギャザクラって本当に儲かるのでしょうか?そもそも、金策のためだけにギャザクラを上げ切るのは結構しんどいものがあります。時間もかかるしギルもかかります。特にクラフターはジョブの数も多いので、無策に全部上げようとすると金策どころではありません。(長期間かけてのんびり上げる場合、楽をする方法もありますが。)
ではなぜ、金策といえばギャザクラなのか?

まずギャザラーが儲かる仕組みについて。
ギャザラー、即ち園芸師・採掘師・漁師は、クラフターが使用する素材をシステムから引き出すことができるジョブです。装備を揃える僅かな元手があれば、時間と引き換えに素材を得ることができます。
つまり時間を突っ込めば突っ込むだけ素材が取れる!売れる!収入になる!……ウハウハですね!儲かるに決まってる!

しかしここで考えねばならないことがあります。
マケボに出品するとき、これめちゃくちゃ安いな、10ギルで取引されてる、とか、そういうのよく見かけませんか?未知・伝説素材なのに100ギルで取引されていたりとか、もはや1ギルで出品されてたりとか。
そうです、需要がない素材は安いんです。現実は甘くない。
マケボを使ってギルを稼ぎたいとき、需要のことを考えないといけません。ハウジングに置けるよろず屋さんで買えるものを、より高い値段を出してマケボで買う人は少ないし、誰も使わないようなアイテムは売れません。誰しもが簡単に得られるアイテムは値下がりしていきます。

ではクラフターはどうでしょうか。需要のあるアイテムを製作すればいいんじゃないの?と思ってくれていることでしょう。その通りです。
ただし、クラフターは、素材を加工して別のアイテムにし、それを販売する以上、素材が必要になってきます。このとき、ギャザラーの準備が整っていれば、製作物にかかる総ギル数は少なくなり、売れた際の利益が大きくなります。
(このため、クラフターのレベリングをする際、ギャザラーを先行してレベルを上げることが推奨されています。クラフターのレベリングに必要な素材を取っておくことで、レベル上げにかかる出費を抑えることができるんですね。節約は立派な金策の一つです。ここテストに出ます。

ギャザクラに共通して言えることですが、特にクラフターは、何が、どのくらい売れるのか、自分は何を売るのか、ということをより考えねばなりません。素材の仕入れ値と、ちゃんと売れる売り値のバランスを見たり、突発的に売れているものなのか、継続的に売れているものなのか、これを買っているひとは何故これを買っているのか、等の動機まで考えられると、この商材は次パッチが来たら売れなくなるのか、それとも売れ続けるのか、値下がりするのかどうか、などが予想できるようになります。ギャザクラのジョブクエストで要求されるアイテムは、新規の方がいる以上ぽつぽつ売れ続けるでしょうし、一方で新式装備は実装当初は高値でも、次第に市場に出回るアイテムの量が増えていくため、早く売りぬこうと安価になっていきます。あるいは、製作カララントのように、少量欲しいが作るの面倒だな、と思うようなアイテムは、価格が安定しているように思えます。売れるから値下げする理由がない。自分はいったいどんな性質のアイテムを取り扱っているのか?ということは、ちょっとだけ頭の片隅に置いておきましょう。

では結論をもう一度。下調べをきっちりできる人は儲けられます。なんとなく想像がついてきたでしょうか?マーケティング調査が上手で、原価の計算がキッチリできればできるほど、利益が出しやすいのがギャザクラです。

さて、製作物はどんな動機で買われるのか、どう値付けされるのかに思いを馳せたところで、需要のあるアイテムって何さ、という話に移りましょう。


2.需要のあるアイテムとは?

先に言っておきます。私の知らない需要や市場はたくさんあります(つまりこれを読んでいるあなたが新規に参入してそこそこ稼げる市場があるということでもあります)。パッチ5.3時点でアイテムは28000種類を超えているらしいので流石に知らん市場もありますし、私自身あまり高価なアイテムを取り扱わないので、このあたりは他の金策教えてくれるゴッドの記事とかを探してください。

私の思う、需要のあるアイテムの解釈はこうです。
そこそこたくさんの人が欲しがっていて、一回買うだけじゃなくて、何回も買うような、大量消費されるアイテムです。1日にたくさん売れるような素材が望ましいですね。
このとき、そらさんはこのような候補を考えました。消耗品だったら同じ人が何回も買うことあるし、システムに吸われる素材も実質消耗品と考えてよいでしょう。

ではまずギャザラーの場合。

・大口納品リーヴに使う素材、特にレベル上げ用リーヴの納品物かその素材
・グランドカンパニー納品対象物
・収集品用の素材
・高値で取引される中間素材(ボイジャーの制作素材であることが多いです)
・人気の料理&薬の素材


ざっと思いつくのがこのあたり。一素材あたりの価格はそう高くありませんが、常に欲しい人がそこそこ居るだろうな、というジャンルです。え、これじゃわかりにくい?
もっと具体的にはどんなアイテムが該当するのかというと……このあたり自分のギャザラーのレベルとかけられる時間との相談になりますが、

・マケボで見て300ギル以上の値付けがされており、複数個まとめて売れており、一日の取引回数が多い素材(諸説あり。クラフターをあげている場合、中間素材に加工したほうが高く売れるものと、原材料の方が高く売れるものの二種類あります。どっちがよく売れているのか、マケボの取引履歴をチェックだ!)
ボイジャー製作素材(原料の売れ行きはものによってまちまち。中間素材を作れるようになると単価1000ギルはするのでいい収入になります)
特定の種類の種(園芸師、チョコボの育成や色変えに使う野菜の栽培には交雑が必要で、そのスタート地点に必要とされる種は需要があります。調べよう)
ジョブクエストの納品に必要なもの(これも調べてもろて。納品に必要な数で出品するのがコツ)
・イシュガルド復興に必要な素材(イシュガルド復興のクラフター納品物には、専用フィールドで取得できる復興素材と通常フィールドで取得できる素材の両方が必要です。これらをリストアップして、マケボ価格の高いものがおすすめなのですが、復興素材は仕様上、ピンポイントに一種類だけを集めることが難しいのです。
そのため、長時間続ける根気がある場合のみおすすめです。復興券でもらえるカララントやアイテムには需要がありますし、時給は微妙ですが頭使わずにレベリングを兼ねて集められるのでぼんやり動画見ながら回したりする分には良いですね。自分のクラフターで使用する分を集めて、要らないものを売ってしまう、という手もあります)

……このあたりでしょうか。これ以外にもいろんな需要があると思いますが観測していないので割愛しますが、これらを取っ掛かりにして良さそうな商材を探してみてください。低レベル帯の素材でも、結構いい値段になっているアイテムはごろごろ転がっています。
では、具体的にクラフターの製作物で、定期的に売れ続けるようなアイテムって何でしょうか?……上でも少し書いたことと被りますが、書き出してみましょう。

・よく使われる中間素材
・人気の飯&薬
・リーヴ納品物
・ジョブクエ納品物
・グラカン納品物
・カララント
・ミラプリ用装備
・装備更新でよく使われる装備
・人気のある家具


なんか増えてますね……(困惑)。
ミラプリ用の装備については説明しなくても大丈夫でしょうか。lv1で装備できる見た目だけの装備とか、見た目が可愛くてミラプリしてでも着る装備とか。私はネオイシュガルディアンが好きです。最新の強い装備じゃなくなっても、見た目のために買う人がぽつぽついる装備は程々の値段で取引されます。HQを作れるか心配?ミラプリ用ならNQで問題ありません。

カララントは入手手段が複数あり、店売りで買えるもの、ピグメントから製作しないといけないもの、蛮族デイリーをこなして開放されるショップで買うもの、課金、蒼天街振興券で交換するもの、IDドロップ品、などに分かれています。これらのうち、よろず屋さんで買えないものはマケボで買うか自力で調達するしかないため、マケボでの売れるパゥワが強いです。新生編の蛮族デイリーをこなしているひとは転売するだけ。かんたん。ギャザラーでピグメントを集めて製作してもいいでしょう。ちゃんと売れてる色を調べてから作ろうね(苦い顔)。
ミラプリだけでなくハウジングでも消費するため、需要が落ちにくい……と思ってます。

次、装備更新のためにマケボで買った装備、思い当たりはありませんか?あれですあれ。レベル30になってビギナーリングは卒業するかぁと思って、マケボで装備更新したり……してない?506070になって詩学足りないから当時の新式買ったり、レベル55とか65とか超えて詩学装備じゃちょっと心許ないのに泥運が悪いからマケボで買ったりとか……しません?
まぁこのあたりちゃんと気にする人は買ったり作ったりするので、出品数と売れ行きを見極めて作ればぽこぽこ売れる隠れた市場です。タンヒラさんは結構しっかり装備更新してる人がいる印象。
逆に50・60・70レベルの装備は、詩学が足りないとか、見た目が好きで買う、とかでないかぎり用事がないので、需要は低めです。

人気のある家具。これは……まぁ代表的なところで言えばとかピクチャーフレームとか、一個のハウジングで何個も使うような家具は簡単に売れると思います。ただし、入手が緩和されて一個100ギルとかになってる家具や、出品者が多すぎて値下げ競争になったりする家具もあります。家具に手を出すなら、しっかりとした下調べが必要です。

3.結論

・マケボで大儲けはそんなに甘くない。
・が、ほどほどの儲けを継続して出すことは難しくない。
・必要なのは需要があるかを見極める能力。実際に出品してみて試すのも良き。
商材は幅を持たせよう!別の種類のものを並べた方が売れやすい(最重要ポイント)。
・ギャザから上げよう。ギャザ80のリテイナーは最強のぐうたら金策。(別で書きます)



え?ここまで書いたのに、冒頭で何を作ると売れる!みたいなことは書かない、と言った理由ですか?
Cliquez pour afficherCliquez pour cacher

ちょっとだけ市場の原理を考えてみましょう。
出品が多くなれば早く売りぬきたい人は出品価格を少し下げます。この次に出品する人は、その値段に合わせて出品します。……値下げ合戦です。
昔、ヤクの乳とかでよく見ました。同じアイテムを出品し続けていれば、その値段の上下にも気付くと思います。
こんな辺境の日記を読みに来る人はそう多くないでしょうけれども、マケボの特定のアイテム一種を出品している数がもともと少ない、一人や二人が独占しているアイテムだった場合、たった数人が新規参入するだけで大幅値下がりしてもおかしくないんですよね……。つまりおすすめした商材がおすすめじゃなくなる可能性が十分にあるわけです。ええ。

穴場は自力で見つけような……!見つけたらあんまり人に言うんじゃないぞ……!!

そしてこんなところまで読んでくれた方なら察してくれると思うのですが、何故最初にシステムからギルを絞り取る金策から書いたのか?という話でございます。システムにアイテムを入れてギルと交換してもらう時、だいたいの金額って決まってますよね。9枚のコーヒークッキーHQで15000~18000ギル、絶対貰える、みたいな。これ、マケボだとパッチや時期、あるいは曜日によって変動しうるものなので、確実にギルを貯めたい!って時に手段として弱いんですよね……。売れるまでも時間かかりますしね。即金で欲しいじゃないですか、ギルに困ってる時って……。すっごいレアなアイテム見つけたけど一か月も売れないとかだったら泣いちゃうじゃないですか……。そんなわけで、先にシステムからギルを引き出す方法、というのを記事にしたそらさんなのでした。



次回、戦闘職の金策(ただし専門ではない)。
Commentaires (0)
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles