Personnage

Personnage

Yaruyo Banzoku

Masque vedette

Ramuh (Elemental)

Vous n'avez aucune connexion avec ce personnage.

Demandes d'abonnements

Voulez-vous vraiment suivre ce personnage ?

  • 2

【5.25】ストーリー振り返り・感想・雑記

Public
私、最近はパッチが来て一段落つくと、撮ったSSを見返すんですよね。
で、これなんだっけ?とか、こんなのあったな、とかね振り返るんです。
この日記は、そんな日記です。



シタデル・ボズヤの景色

ずいぶん四角い建物が多いですね。
私の感想は、ポケットの中の戦争・・・かなw



オルタード・バハムート

景観カメラで見てみました。
すごい鳩胸ですね。


比較してみた。
当時はカメラ最大望遠で床と戦っていたので、「プライムってこうなってたのかー」って改めて思うのです。



グンヒルドの剣のレプリカ

中央の剣以外は、なんか切れっ端だなぁ。



大将軍ヴァリス

ヴァリスも景観カメラしました。
右手にガンバスタード、左手にガンシールド、いやーかっこいいですね。
そもそも、このガンバスタードって両手武器だと思うんですけどね。
両手武器を片手で持つあたりが、ヴァリスの呂布感が出て、とてもいいですね。

どうでもいい話なんですが・・・
伝説のオウガバトルにはヒカシューって言う大将軍がいて、私そのNPCがお気に入りでした。
現実にはありえない話ですが、役職の高い人が強い、偉い人=強い人っていう図式。
これがファンタジー感があって、すごい好きなんですね。
で、大将軍っていう全軍の総大将が、レグラやガイウスを凌ぐ強さを持っている。
これはね、上記理屈により、すごいぐっと来ますね。
で、ヴァリスを入れてきたのが仮に松野さんだとしたら・・・
現代版ヒカシューが実装されたとしたら、まさにこれなんじゃないかなあってね、勝手に思うのですよ。
ヴァリスはヒカシューの鏡像・・・と。



◯◯◯・エスト

こちらはヴァリスのイグニス・エストという技です。
で、イグニスはラテン語で「炎」を意味します。
なので、イグニス・エストは聞けてよかったエスト、ではなく「炎のエスト」になります。
で、ここで注目なのがエスト。
ガイウスの使う技、「ターミナス・エスト」のエストですよね。

ターミナス・エストは別にガイウス専用ではなく、レグラやフォルドラ、ギムリトのアンニア・ユリアといったNPCも使います。
これってつまり、帝国軍の標準的な技ですよね。
以前織田さんに聞いた所、軍学校で教えてもらえるような、貰えないような・・・
軍学校はうろ覚えですが、なんか「習える技」だってことは、確かです。
だからと言って、一般兵が使えるような技では、ないんでしょうけど。

そして、今回ヴァリスが使う技に以下のエストがあります。
・イグニス・エスト …炎
・ウェントゥス・エスト …風
・アーレア・ヤクタ・エスト
・ウィーウェレ・ミーリターレ・エスト …究極履行
これって完全に、ターミナス・エストの上位版ですよね。

ちなみに、アーレア・ヤクタ・エストは、ラテン語で賽は投げられたと言う意味があるそうです。
ルビコン川を渡るのと、同じ意味ですかね。


究極履行前のアルフィノと私。
なんか、すごい揃ってたので、パシャっと撮りましたw



ダンシングエッジ

リーンってダンス使えるの???www
いやー、これは知らなかった。
ダンシングエッジ、輸入確認っと。

リーン、次はルドラストームを頑張ろう!



過去視を使えないミコト ★★★

星は特に深い意味はないんですが、ここ今回のパッチで私が一番気になった新情報です。

超える力って諸説あって・・・
・過去視はベーシック機能であって、全員が使える
・それぞれ使える能力が別れていて、過去視はその一つ

私は後者を推したかった派なんですが、何となく世間一般の流行りは前者であったと思います。
そして、現在までに登場した超える力持ちはと言うと・・・
・ミンフィリアは過去視を使えたような気がします。(うろ覚え)
・クルルは過去視以外に、共感能力が使えます。
・アルバートは過去視を使えます。
・アレンヴァルドは過去視を使えます。
・フォルドラは過去視と、敵の攻撃の予測が出来ます。
・ブランデンは過去視を持っています。
・ゼノスは、終末の風景を(干渉なく)視ることができ、魂の境界を超えることが出来ます。
・ミコトは過去視を使えません! New

過去視を使えないと明言された超える力持ちって、ミコトが初めてですよね。
未来を視れている以上、単純に力が弱いからと言うのは考えにくく、過去視は超える力の一つなんでしょうね。(ただしポピュラー能力)




このシーン、ほっこりしました。
こういうのは、これくらいでいいんですよね。
個人的に、これくらいでお腹いっぱいで、これ以上はご馳走様です。

すごく昔の日記ですが、2014年に書いたこちらの話なんかもとてもこれくらいで、ほっこりしました。




ミコト繋がりですが、こちらの変顔も印象に残りました。
お下品だったので日記にはしませんが、見えそうだったシーンなんかも含めて、ミコト関連は松野さんが意図的に力を入れてる気がしてならないです。



ミド・ナン・ガーロンド

筆頭機工師のミドさん、こんな顔してたんですね。



星読み

へぇー、エオルゼアにも星読みがあるのか。
星読みってGoogle先生の検索結果から見ると、おそらく一般的な言葉ではないですよね。
となると、FF的な星読みってこの星読みですかね。
となると・・・ロスガルたちの女王グンヒルドは星の神子だった!
グンヒルド、タルタル説っ !!

・・・

ないな。
まあ、真面目に考えると・・・
紡ぎ手は「過去視」の力を持つものだった。であるならば、
星読みは「未来視」の力によるものであろう、と考えてみます。

つまり、女王グンヒルドも超える力(未来視)を持っていたのでは?
となると、パッチ5.5ではミコト(未来視)がグンヒルドの役割を似ない、星読みを行うのでは!?
ミコト、星の神子説っ!



アラムート城塞

アラムート城塞を知るもの来たれ!

・・・

オウガバトルの…風が…くる?…

まあ、いいや。
Q.アラムート城塞とは?
A.伝説のオウガバトルのマップ18面である。
 ボスはカストル&ポルックスの双子である。


Google先生の予測にジェミニアタックがあったのでクリックしてみました。
エオルゼア版(イルサバード)では、誰が守ってるのかなあ。
楽しみですね。



メネニウス・レム・ラナトゥス

この茶色の甲冑、なんかアラガンっぽいなぁ。
元ネタはオウガ関連・・・ではまったく無く・・・Google先生に聞いた所・・・
アグリッパ・メネニウス・ラナトゥス(ラテン語)という人物が古代ローマにいたようですね。


旧アラムート城塞(現カストルム・ラクスリトレ)を守るのは、カストルでもポルックスでも無く、このメネニウスのようです。


彼はガブラスの副官で、二代にわたりガブラス親子に仕えているそうです。
Commentaires (2)

Mojor Majolica

Tonberry (Elemental)

はじめてコメントさせていただきます。
アラムート城塞…なんか聞いたことあるぞ…と思ったらオウガバトルでしたかー!
双子なつかしい!なつかしい!
そこのあたりの説明に「獣王ライアン」について言及があったと思うのですが
こいつもオウガバトルですよね…来てますよオウガバトルの風が!

Yaruyo Banzoku

Ramuh (Elemental)

はじめまして、コメントありございます。
アラムート城塞、懐かしいですよね。
ライアンも、とても楽しみです。

オウガ、色々来てほしいですね。
未完のまま終わってしまったので(まだ終わっていない)、14の世界で保管されたら嬉しい限りです!
Écrire un commentaire
ForumsStation MogBlog officiel

Mur de la communauté

Activité récente

Il est possible de filtrer les informations afin d'en réduire le nombre affiché.
* Les annonces concernant les classements ne peuvent pas être filtrées par Monde.
* Les annonces de création d'équipe JcJ ne peuvent pas être filtrées par langue.
* Les annonces de création de compagnies libres ne peuvent pas être filtrées par langue.

Filtrer
Monde d'origine / Centre de traitement de données
Langue
Articles